生活に役立つお金の情報です。

職場の雰囲気などは事前には分からない

記事作成日:2015年7月12日

転職の大きなリスクとなるのが、職場の雰囲気や人間関係などは事前に言葉で説明を聞いても参考程度にしかならず、実際の状況は入社してみないと分からないということがあります。職場の雰囲気や人間関係は仕事のしやすさ、職場の居心地の良さに直結するので重要な要素ですが、リスクがあることに注意しましょう。

スポンサーリンク

事前に正確に分かることは少ない

面接などの機会を通じて会社の事を少しでも知ろうとすることは大切です。最近では会社の評判に関する口コミが分かるサイトなどもあるので、以前よりは会社の内情に触れるチャンスも増えていると思いますが、それでも入る前に分かることはどうしても限られてしまいます。

はっきりと事前に分かることは年収くらいで、労働環境や職場の雰囲気などは事前に正確にわかるということは少ないです。

事前には分からないことは多い

事前に詳しく状況を聞いていた場合でも、実際に入社してみると違うことはたくさんあります。

言葉ではどうしても説明しきれない部分があること、どうしても良い部分が強調されてしまうこと、お互いの思い込みや勘違いが入り込んでしまうこと、入社後に状況が変わっていくことなどが背景にあります。

仕事内容

例えば仕事内容について事前に説明されていた内容があったとしても、ちょっとした状況の変化や部門の方針の転換などで事前に説明されていた内容から大きく変わってしまうことがあります。

労働時間

労働時間についても、残業時間は何時間くらいと目安を示してもらえる場合はまだ助かりますが、職場の雰囲気によって変わってくる場合があり、入社前の話と違っていることもあります。個々の業務によって繁忙が違っていたり、上司の性格によって残業時間が違う場合があります。

人事異動で状況が一変

人事異動で人の入れ替わりがあった場合には、職場の不に気ががらりと変わってしまうこともあります。

職場の雰囲気は入ってみないと分からない

働く上で大きな問題となるのが職場の雰囲気や人間関係ですが、事前の話は参考程度にしかならず、やはり実際には入社して働いてみないと分からないことが多くあります。

面接や説明会などの段階では、基本的に良い面ばかりが強調されますが、実際に入社してみないと分からないことも多くあります。

採用担当者の人や面接官などは比較的社内でも人当たりが良い人が選ばれる傾向があるため、面接者の人柄だけで選んでみると実際は大きく違っていたということがあります。

職場の雰囲気や人間関係は人によっても感じ方が違うため、ある人は良いと思っていても、別の人は悪いと思うことがあり得ます。そのため、面接などを通じて聞いた話と受ける印象が全く違う場合もあります。

職場の雰囲気が詳しくわからないリスク

転職で大きなリスクとなるのが残業時間や職場の雰囲気、人間関係などの会社の労働環境が詳しくわからないという問題です。事前に説明を聞いていても、実際に入ってみないと分からないことも多いので、どうしても転職のリスクとなってしまいます。

そのため、転職をする場合には、職場の雰囲気などが分からないリスクを意識しておく必要があります。

まとめ

  • 転職活動では、事前に詳しい説明を聞いていても、実際に入社してみないと分からないこともあります。
  • 事前に、職場の雰囲気や人間関係、実際の残業の状況などは正確には把握できないため、転職のリスクであることを意識しておく必要があります。

スポンサーリンク

【職場の雰囲気などは事前には分からないの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ