生活に役立つお金の情報です。

会社を辞めたいと思ったら

記事作成日:2015年8月18日

会社員をしていたら辞めたいと感じる時があります。会社を実際に辞めたいと思った時に、後悔しないために何をすべきか説明しています。転職をしなかったから後悔することもありますし、転職をして後悔することもあります。会社を辞めたいと思ったらまずは冷静になって何が不満だと感じているのか書き出してみましょう。

スポンサーリンク

冷静になって何が不満なのか考える

間違っても衝動的に会社を退職してはいけません。何かとても不愉快なことがあったとしてもその場はぐっとこらえ、とりあえず落ち着いて冷静になりましょう。

冷静になったところで、会社の何が不満で辞めたいと思っているのかを考えて紙に書き出していましょう。どんな不満でもいいので、気に入らないことを全部書いていきましょう。

仕事の内容なのか、労働時間なのか、人間関係なのか、給料なのか、色々な原因があると思いますが、自分が会社で仕事をしていると嫌だなと思うことを全部吐き出しましょう。

不満は今の会社で解決できるか考える

自分が不満に思っていることは今の会社にいて解決できることかどうか考えてみましょう。時間が解決することや努力で解決できることもあります。部署が異動になることで解決できる問題もあります。

もし、不満があっても今の会社にいたままで解決できることばかりであれば、ぐっとこらえて不満を解決していきましょう。しかし、会社にいたままでは解決できない不満もあります。

辞めたいほどの不満か考える

今の会社にいたままでは解決できない不満について、今の会社を辞めたくなるほどのものか考えましょう。小さな不満で今の会社を辞める理由にまではならないと思うことがあるかもしれません。

解決しないけれど、我慢できるような問題であれば敢えて転職をするかどうかは微妙なところです。しかし、耐えきれないほどの不満も当然あります。

転職で解決できる不満か考える

今の会社にいたままでは解決できず、会社を辞めたいと思うほどの不満がある場合は、転職で解決できる問題が考えましょう。例えば人間関係であれば、会社を辞めれば今の会社の人間関係は無くなっても次の会社の人間関係があります。

今よりも改善する保障はどこにもありません。逆に仕事内容を変えたいというような場合であれば、転職によってかなり高い確率で解決できると思える場合もあります。

転職をしたとして、同じような不満を感じるようなことがないかという視点で考えることが大切です。安易な転職では同じ問題が繰り返されることがあります。

転職できるかどうか考える

転職を希望する場合でも、年齢や実務経験などによって、希望通りの会社に入れない場合があります。自分の不満が転職で解決できるとしても、希望通りの転職が出来なければ今よりも不満が高まってしまう可能性があります。

経歴などの面から転職活動に自信が無い場合には、今の会社で働きながら転職活動をするという方法があります。万が一、転職活動が上手くいかなくても、転職活動の事を隠したまま今の会社で働き続けることができます。

転職に失敗した時のことを考える

会社を辞める前に、転職に失敗した時のことも考えておく必要があります。辞めてから転職活動をする場合は失業期間が長引くリスクがあります。また、転職できても実際の職場環境や仕事内容がイメージと違っていたというような場合もあります。

実際に転職に踏み切る前に、転職が失敗した時のことをイメージしてみましょう。転職したけれども失敗したと思うのはどんな時か、失敗したと思ったらどうするのか想像してみましょう。転職は失敗することもあるので、万が一に備えて心の準備をしておくことが重要です。

まとめ

  • 会社を辞めたいと思ったらまずは冷静になって何が不満だと感じているのか書き出してみましょう。
  • 書き出した不満は今の会社にいると解決できないのかどうか、耐えられることかどうか、転職で解決できることなのか考えてみましょう。

スポンサーリンク

【会社を辞めたいと思ったらの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ