生活に役立つお金の情報です。

転職活動の成功には時間が必要

記事作成日:2018年5月25日

転職活動を成功させるためには転職活動をする時間が必要になります。ブラック企業など忙しい企業で働いている場合、転職活動のための時間を捻出できずに、転職活動が思うようにできないことがあります。しかし、辞めてから転職活動をすると万が一転職が決まらなかった場合に辛い状況に追い込まれてしまうため、健康を損ねているなど特殊な状況でない限りは、時間を作ることから始める必要があります。

スポンサーリンク

時間がないと面接が受けられない

もし平日の日中が忙しくて、休むことができず、夜も帰りが遅いのであれば、転職活動自体が困難です。転職活動をするのであれば複数回面接を受ける必要がありますが、平時の日中にしか対応しない企業の場合には面接を受けることができません。

残業が多く、夜もなかなか帰れないのであれば夜に面接を受けるのも難しいです。仮に予定を入れたとしても、業務の都合で急にいけなくなってしまう可能性があるのであれば、怖くて予定を入れられなくなってしまいます。

忙しくてなかなか有給休暇が取れない場合に有給休暇で対応しようとすると休める日数に限りが出てくるため落ち着いて転職活動ができません。また、あまり有給休暇が取れない企業で休む日数が多くなると周りから勘繰られてしまうこともあります。

夜や土日に面接する企業は忙しい可能性も

平日の日中に忙しい場合、平日の夜や土日に対応してもらえる場合があります。平日が通常の勤務日なのにもかかわらず土日に対応してもらえるのであればありがたいかもしれませんが、平日の夜や土日に対応してもらえるという場合には、逆にその企業は平日の夜や土日も仕事をしている可能性があるということです。

誰も会社に出てきていなくて、採用担当者だけが特別に、例外的に出社しているならば、平日の夜や土日にはあまり働いていない会社といえるかもしれませんが、会社で働いている人がある程度いるのであれば、残業が多いか、休日出勤が多いということになりかねません。

労働条件が良い企業に転職したいのであれば、平日日中の業務時間中に面接を受けられるようにしておいた方が良いことがあるのです。

時間がないと情報収集や面接の準備ができない

時間がないと、転職活動で受ける企業の研究や口コミなどの情報収集、業界動向の調査などをしている時間がなくなります。また、面接で志望動機や自分の強みなどをどのように答えるかを考える時間もなくなってしまいます。

転職活動は面接を受けている時だけではなく、事前の情報収集や準備にも時間がかかるのです。時間がないと準備不足となってしまい、内定をもらえる可能性が下がってしまうことがあるのです。

時間がないと冷静な判断が出来なくなる

時間がなくて心にゆとりがないと、冷静な判断が出来なくなってしまいます。時間に追い詰められて、流されるまま決断してしまうことがあるのです。

転職活動で面接を受けている企業に何か違和感を感じたとしても、冷静に考えることができず、違和感の原因を突き止めることなく入社をして、入社してから後悔するということもあります。

転職活動は今後の人生を変える重要なイベントなので、冷静な判断が求められます。しかし、時間がないとじっくり考える余裕もなく、慌てて決断しなければいけません。十分に判断材料を考えることなく、勢いで決めてしまうことになりかねないのです。

忙しいと疲れてしまって表情に出てしまう

忙しい会社で働いていると疲れが溜まってしまい、表情に出てしまいます。面接を受ける場合には暗い表情をしている人よりも、明るく元気な表情をしている人の方が印象が良くなるため、普段忙しくて疲れていることは転職活動にとってマイナスとなることが多いです。

また、疲れていると思考内容も悪い方へと流されやすくなってしまうので、明るい受け答えができなくなってしまうことがあります。

忙しくて疲れているよりは、元気で明るく振る舞える時の方が良い印象を残せるので、時間があるときに転職活動をした方が良いのです。

辞めてからの転職活動は避けた方がいい

今の仕事を続けていると時間がないからといって、辞めてから転職活動をするのはお勧めしません。会社を辞めてしまうと、収入が途絶えてしまうので万が一転職先が決まらなかった場合には、精神的に焦ってしまい、面接などに悪影響が出てしまう恐れがあります。

また、転職活動が長期化してしまうと、職務経歴の中に長い空白期間ができてしまいます。企業の採用担当者は応募者に長く働いていない期間があると、採用に慎重となってしまう場合があるため、気を付ける必要があります。

時間がなかったとしても、辞めてから転職活動をするのには慎重になった方が良いです。まず、辞めないで時間を確保できないかに全力を尽くした方が良いでしょう。ただし、ブラック企業などに勤めていて、すぐに辞めないと身体や精神の健康に関わる場合には例外的に先に辞めた方が良いこともあります。

転職活動はまず時間を作ることから始める

転職活動を成功させるためには時間を確保することが必要です。忙しい企業で働いている場合には何とか時間を捻出することが大切です。

少しずつ早く帰るようにしていく、有給休暇を転職活動のためにとっておく、仕事を早く終わらせるようにするなど工夫して転職活動のために時間を確保するようにすることが重要です。

まとめ

  • 転職活動を成功させるためには時間が必要です。時間がないと面接を受けられませんし、面接の準備なども思うようにできません。
  • ただし、時間がないからといって転職先が決まる前に安易に辞めるのは望ましくありません。ブラック企業など直ちにやめないと追い込まれてしまう場合を除いて、まず時間を確保することから始めることが大切です。

スポンサーリンク

【転職活動の成功には時間が必要の記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ