生活に役立つお金の情報です。

就活で失敗しないための方法

記事作成日:2018年5月28日

就活(就職活動)を失敗しないための準備や方法、失敗を防ぐための考え方についてです。就活で失敗しないためには、できる限り早い段階から活動を開始するようにする、事前の準備は入念に行う、応募する企業を絞りすぎないということが特に重要になります。また、入社後を見据えて就活で自分が企業を選考することも大切です。本当に働きたいと思えるような企業かどうかの見極めが重要です。

スポンサーリンク

就活には学歴が重要だと入学前に気付く

就活は大学受験の頃から既に始まっているといっても過言ではありません。大学に入学するということは、就職できる企業の範囲をある程度方向づけることになるからです。

学歴フィルターと呼ばれるようなものまでありますが、学歴は応募者の判断材料の1つになるため、良ければ良いに越したことはありません。もちろん、学歴がなくても優秀な人はいますが、学歴があれば最初からある程度有利な状態で就活ができるのです。

就活を成功させたいのであれば、できるだけ就活に有利な大学に行くことが重要なのです。そのためには高校生の頃には学歴は社会に出る上でとても重要なものなのだということに気付いておく必要があります。

早めに活動を開始する

大学生になったら普段から就活を意識して置かなければいけません。大学1年生の間は具体的に活動することはないかもしれませんが、大学2年生になったらどんな時期にどのような就活をするのかということを先輩方を見て学んでおくことが大切ですし、参加できる説明会やインターンがあれば積極的に参加することが大切です。

大学3年生になったら早め早めに積極的に動くことが大切です。活動を開始するのが遅れれば遅れるほど不利になってしまいます。早くから活動していれば応募する企業も増やすことができますし、遅れてしまったことで焦りを感じる必要がないため、心配の種が一つなくなります。

応募する地域・業種・規模・職種・企業を広げる

就活では特に企業選びなどで思い込みや先入観に囚われないようにしましょう。自分はどうしてもこの業界で働きたい、大企業でないと嫌だ、事務の仕事がしたい、などと考えてしまうかもしれません。しかし、様々な条件を付けて応募する企業を絞りすぎてしまうと、就活が失敗してしまう可能性が高まります。

大学生の間はまだ社会のこと、経済のこと、企業のことを十分と分かっていない部分もあるため、日ごろ接するような企業や、CMなどで認知度が高い企業を志望する傾向がありますが、必ずしもよく目にする企業が良い企業とは限りません。

視野を広く持って、応募する地域・業種・規模・職種・企業を広げることが重要です。たくさんの選択肢があれば就職先を選びやすくなりますし、内定をもらえる可能性が高まります。

応募先の企業については十分な調査をする

就活で応募を考えている業界や企業については、事前に入念な調査を行っておくことにしましょう。選考方法や面接で聞かれそうな質問といったような就活の話に限らず、実際に就職したらどんな働き方をするのか、どのような仕事を担当する可能性があるのか、どのような待遇なのか等といったように入社後にどうなるのかも可能な範囲で調べておくことが大切です。

就活は内定をもらうことが目的ですが、人生は内定をもらった後も続いてきますし、むしろ重要なのは働き出してからの方です。ミスマッチを防ぐためにも十分な調査は欠かせません。

面接などの準備はしっかりと行う

就活で失敗しないためには、面接など事前に準備しておけることに対しては徹底的に準備をしておくことが大切です。もちろん、想定していなかったようなことを聞かれるのが面接ですが、それでもあらかじめ準備できることは準備しておくことで心にゆとりができ、想定外の質問に落ち着いて答えやすくなります。

準備をしておけば答えられたのに、といったようなことを無くすためにも、準備できることは準備しておくことが大切です。よく聞かれる面接の質問などは、ある程度回答を準備しておくようにしましょう。

自分を飾りすぎない

就活では自分をアピールしようとするために自分を必要以上に良く見せようとする、飾ってしまう、話を盛ってしまうということがあります。しかし、就活で本来の自分とはかけ離れた、作り上げた自分を見せてしまうと入社後に苦労する可能性があります。

面接時に優秀・有能な人材だと思ったのに、実際には全く違っていたというような失望を招いてしまうと入社後に苦労します。また、優秀・有能だと思われて難易度が高い仕事や自分が望まない仕事を振られてしまう可能性があります。

もちろん、どんな仕事でもチャンスだと思って取り組めるならば良いのですが、自分の能力を誤認させてしまうと会社にとっても、応募者にとっても不幸な結末となってしまう可能性があります。多少は良く見せる努力も必要ですが、必要以上に背伸びした自分を作り上げないことも大切です。

自分が選ばれるだけでなく自分も会社を選ぶ

就活では選考に残って内定をもらうということに目が行きがちですが、自分も会社を選んでいる、選考しているという意識を持たなければいけません。自分の人生のうちある程度長い時間をその会社で過ごす可能性があるのですから、しっかりと就職先は選ばなければいけません。

業務説明会や面接など就活を通じて感じた違和感があれば、違和感から目を背けずになぜ違和感を感じるのか突き詰めて考えることが大切です。人間の直感は当たるもので「この会社何かおかしい」と感じたら、選ばないことも重要です。あまり余裕はないかもしれませんが、業務説明会や面接など会社と関わる機会を通じて、しっかりと会社を見極めることも大切です。

仕事の希望があればはっきりと伝えておく

就活で入社後の失敗を減らすためには、面接などを通じて希望をしっかりと伝えることが大切です。就活で企業にとっても応募者にとっても不幸なのがミスマッチが発生してしまうことです。企業が実態を応募者にちゃんと伝えない場合もそうですし、応募者が希望を企業に伝えない場合にもミスマッチが起きます。

あまり自分の都合だけを面接で言うのも、と思うかもしれませんが、仕事や労働条件などで譲れない希望があるのであれば、何らかの形で伝えておいた方がミスマッチの防止につながります。

もし、企業側が難色を示して、内定に至らなかった場合は、合っていなかった企業だと考えるべきでしょう。入社してもミスマッチが発生した可能性があると考えられるので、他の縁がある企業を探すことに全力を尽くしましょう。

噂に振り回されない

就活の間には様々な噂を耳にすることがあるかもしれません。噂には一定の割合で真実が含まれていますが、必要以上に噂に振り回されないようにすることが大切です。あの会社はもう選考が実質的に終わっていると聞いていても実は違うかもしれませんし、この説明会に出ていないと不利になるというような話も真偽は確認しようがありません。

就活では噂に流されずに、自分が信じることを着実に行っていくことが大切です。ダメだダメだと言われていることでも、実はそうではないかもしれないのです。結果がすべてと考えるようにして、噂に惑わされず行動することが重要です。

まとめ

  • 就活で失敗しないためには、早いうちから活動をする、準備できることは準備しておく、応募する企業を絞りすぎず選択肢を広げるといったことが特に大切です。
  • また、入社後にミスマッチとならないようにすることも重要で、業務説明会や面接など企業と関わる機会を通じて、企業を見極めることも必要です。

スポンサーリンク

【就活で失敗しないための方法の記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ