生活に役立つお金の情報です。

起業の準備として副業をする

記事作成日:2016年6月24日

起業をしようとする場合には、いきなり起業するのではなく、会社員として働きながら副業としてビジネスを始めることで起業が失敗するリスクを減らすことができます。副業を起業の準備として始めることで、経験やノウハウが得られますし、売上が上がるのを待ってから起業すれば収入が安定しやすくなります。

スポンサーリンク

副業なら試しにやってみることができる

ビジネスは、実際に始めてみないと分からないことがたくさんあります。いくら机上で考えていても、実際には上手く行かないことも多いのです。

会社を退職して起業するというと相当な勇気が必要になりますが、会社員を続けながら副業として挑戦するということであれば、比較的気軽にビジネスに挑戦することができます。起業したいけど、なかなか第一歩が踏み出せないというのはよくありがちですが、やりたいと思うだけでは何も始まらないのです。

また、実際に副業として始めることで知識や経験、ノウハウなどを得ることができます。副業から起業する時には貴重な財産になるはずです。

収入が見込めるようになってから起業できる

起業の準備として副業をしばらく続けてから起業すると収入面でもメリットがあります。

いきなり何の準備もないところから退職して起業すると、最初のうちは思うように売り上げが上がらず、資金繰りが厳しくなってしまうことがあります。売上が上がらないと焦ってしまって心にゆとりが無くなってしまい、判断を誤りやすくなります。

もし、副業である程度収入が得られるようになってから、起業すると最初から少し収入が期待できますし、副業として既に始めているので、売上も全く準備がない状態よりは増やしやすくなります。

負債を抱えなければ厳しければ撤退しやすい

副業は撤退しやすいというメリットがあります。もし、副業として試してみたけど思ったように成果が上がらない、というような場合には、本業があれば副業の収入がなくなっても生活をしていくことができます。そのため、本業があるまま副業をすることでいざという時に撤退できるので、リスクを抑えて挑戦をすることができます。

ただし、始める時に多額の設備投資が必要なく、借金をしていない場合に限ります。お金を借りて負債を抱えていると、返済しなければいけませんし、撤退するタイミングの判断が難しくなります。

いくら副業とはいってもビジネスであることに変わりはないので、お金の使い方には気を付ける必要があります。

起業の準備として副業をする時の注意点

会社の就業規則を確認する

会社では就業規則で副業についてどのように定めているのかを確認する必要があります。もし、副業をする場合には会社の許可が必要となる場合には、許可を申請して副業を始めるか慎重に考えることが大切です。

副業をするということが会社に伝わると様々な不利益を受ける可能性があるからです。

本業に影響しないようにする

副業はあくまで本業あってのものなので本業に支障があるようなやり方をしてはいけません。本業の勤務中に副業の作業をしてはいけません。副業は本業と完全に切り離して行いましょう。

また、副業に力を注ぎ過ぎて疲れ切ってしまい、本業に影響が出るのも避けなければいけません。

税金の申告を行う

本業と副業で収入が2つ以上得られるようになると、税金の申告が重要になります。会社員であれば年末調整をすれば所得税と住民税の確定申告は行わなくて済みますが、副業からの収入がある場合は金額などにもよりますが普通は確定申告が必要となります。

税金について調べておいて、正しく税金の申告ができるようにしておきましょう。税理士さんにお願いするのも手ですが、売上が少ない場合は費用負担が重く感じるかもしれません。

本業の人との係わり方を気を付ける

敢えて副業をしていることを本業の職場の人に広く伝える必要はありません。副業をして稼ぎがそれなりに増えてくると、本業の同僚の人に話した場合、妬まれてしまう可能性があります。

会社員が副業を始めてビジネスをするようになると、物の見方や考え方が変わってくるため、自然と人との係わり方が変化する場合があります。副業を始める場合は、詮索されないように本業の人との関わり方があまり変わらないように気を付けましょう。

副業が軌道に乗ってくると自慢をしたくなりますが、ぐっと我慢をした方が自分のためになるはずです。

まとめ

  • 起業の準備として副業をすることで起業が失敗するリスクを減らすことができます。
  • 副業から始めることで、ビジネスの経験を積むことができますし、売上がある程度確保できてから起業することもできます。

スポンサーリンク

【起業の準備として副業をするの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ