生活に役立つお金の情報です。

成功するまで何度でも挑戦を続ける

記事作成日:2016年2月27日

起業や独立など可能性が低いことにチャレンジする場合には、挑戦する回数を増やさなければいけません。成功するまで何度でも挑戦することは成功するためにとても大切なことです。挑戦回数を増やすためには、1度の失敗で致命傷を負わない事と、失敗から学び、失敗してもすぐに立ち上がって挑戦する姿勢が重要です。

スポンサーリンク

挑戦回数×成功率=成功

事業や資産運用などで成功を掴むのは簡単な事ではありません。成功は挑戦回数×成功する確率の結果になります。成功する確率は自分の工夫次第である程度は上げられますが、運や巡り合わせなども関係するため自分ではなかなかコントロールできない部分もあります。

成功のためには、挑戦回数を増やすことが重要になります。挑戦回数は自分の工夫次第で増やすことができるからです。特に成功率が低い場合には挑戦回数を増やすことはとても重要です。

挑戦回数を増やす

ビジネスなどで成功する確率は非常に低いため、いかに挑戦する回数を増やし、挑戦している期間を長くするかが重要になります。挑戦が必ず報われるわけではありませんが、挑戦しなければ成功しないのです。成功する確率が低いことに挑戦する場合は、1回でいきなり成功すればもちろんいいのですが、1回だけで挑戦が終わってしまわないようにすることも大切です。1回で成功すること自体が稀なので、いかに挑戦回数を増やせるかということが大切になります。

このことは、野球に例えて打席に立ち続けることが大切というように言われます。毎回打ち返せるわけではありませんが、打席に立ち続けないと打つことができないからです。別の言い方で言えば、継続こそ力なりといった感じです。挑戦し続けることが大切なんです。

致命傷を負わないようにする

挑戦回数を増やすためには、1回1回の挑戦で致命傷を負わないことが大切で、次にまたチャレンジできるようにしておくことが重要です。起業であれば、過剰な借り入れをし、個人保証を付けていると自己破産をする以外に再起が困難になってしまう場合があります。そうなると次の挑戦まで時間がかかってしまったり、次の挑戦が困難になってしまったりする場合があります。

軌道に乗らなかった時、失敗した時に、どうするかを想定していなければ、ズルズルと続けてしまい、状況が悪くなってしまい傷が深くなってから撤退ということもあります。上手くいきそうにない時、方向性を間違えているような気がする時は早めに諦めることも肝心です。

資産運用であれば、自分の資産を特定の投資対象に集中させてしまってリスクを取り過ぎてしまったり、レバレッジをかけて許容できない損失を追ってしまったりするような場合は再起が困難となる場合があります。

成功するまで耐える

ビジネスは軌道に乗るまでに時間がかかる場合があります。折角成功への道を突き進んでいる時であっても、資金不足によって事業の継続が困難になってしまう場合があります。軌道に乗るまであと少しなのに挫折してしまうというのは非常にもったいないです。事業を行う場合には、上手くいくまで耐えられるようにしておくことも大切です。

事前の準備をしっかりとしておく、資金計画にはゆとりを持たせる、費用は徹底的に抑えて長期間の資金繰りに耐えられるようにするなどの工夫が必要です。

資産運用では市場から退場させられないようにするということになります。やはり過度なリスクを取ってしまうことが一番の問題で分散投資などによってリスクをコントロールすることが重要です。また、相場に自信がない時や急激に市場が動いている時は無理せず様子見をするということも大切です。

失敗から学び糧にする

成功率が低い場合には1回の挑戦が失敗したからと言って気にすることはありません。むしろ失敗から学び取って次に生かしていくことが大切です。失敗した経験は無駄にはならず、自分の財産になります。

初めて挑戦する時には分からなかった事や気づかなかった事も2回目ならば分かっていて、気づけるようになります。挑戦が失敗したとしても、あの時ああしておくべきだった、もっと事前にこうしておけばよかったというように様々な気づきが得られるはずです。挑戦回数が増えていくほど、自分が成長していくため、成功確率も少しずつ上がっていくはずです。失敗から学び、糧にするという姿勢が大切です。失敗したことに落ち込んでいるだけではとてももったいないです。

失敗しても立ち上がって次の挑戦をする

失敗したからと言って、気持ちが沈んでしまい、身動きが取れないようになってしまってはいけません。失敗してもすぐに立ち上がって次の挑戦を始めることが成功につながります。難しい事であれば失敗することはある意味当然のことでもあるので、気にしていてはいけません。

失敗をしても気にしないで、立ち上がって次の挑戦に向かって努力をすることが大切です。そのためには一度の失敗で再起不能になってしまわないように気を付けることが重要です。次の挑戦まで時間がかかってしまうような失敗の仕方をしてしまうと人生の時間がもったいないので、すぐ次の挑戦ができるように配慮することはとても重要です。

まとめ

  • 成功するためには、挑戦を続けることが大切です。挑戦回数を増やす、挑戦する期間をできる限り長くするということが大切です。
  • 挑戦回数を増やすためには、1度の失敗で致命傷を負わない事と、失敗から学び、失敗してもすぐに立ち上がって挑戦する姿勢が重要です。

スポンサーリンク

【成功するまで何度でも挑戦を続けるの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ