生活に役立つお金の情報です。

資格の勉強で予備校の通学講座をするメリット・デメリット

記事作成日:2016年7月13日

資格試験の勉強で予備校の通学講座を利用するメリットやデメリットについてです。通学講座を利用する最大のメリットは受験仲間ができるということです。同じ目標を持ち、共通の話題があることから仲間や友人ができやすいのです。一方で通学講座の最大のデメリットは通学の時間がかかってしまうことです。

スポンサーリンク

予備校の通学講座のメリット

資格の勉強で予備校の通学講座をするメリットについてです。

通学講座は勉強のペースをつかみやすい

毎週決まった曜日の決まった時間に予備校に行くということを決めていれば、仕事や私用などの用事を調整して予備校に通うようになるため、勉強のペースをつかみやすくなります。同じ曜日の同じ時間に勉強する予定が入っていることで、勉強を習慣化しやすいのです。

受験仲間・友達ができる

予備校に通学する最大のメリットは受験の仲間・友達ができることだと考えられます。講義を聴くだけならインターネット利用すれば自宅でも聞けますし、必ずしも生講義にこだわる必要もないでしょう。しかし、自宅での受講では絶対に得られないものが受験仲間・友達です。

特に独立・開業を前提としている場合には、試験合格後も付き合いが続く場合があります。予備校で知り合った人が人生の重要なパートナーになる可能性もあるのです。同じ目標に向かって勉強している、試験勉強という共通の話題があるといったようなことから、連帯感を生みやすいため、知り合いや友達を作りやすいと言えます。

講師と知り合える

予備校に通学する場合でも、DVDに録画された講義では難しいですが生の講義を聴く場合には講義を直接聞くことができるため、講師と知り合うことができます。また、講義の後などに分からない部分を直接講師に質問をすることもできます。

予備校に通学するデメリット

資格の勉強で予備校の通学講座をするデメリットについてです。

時間がかかる

予備校に通学する最大のデメリットは時間がかかってしまうということです。予備校まで通わないといけません。講義を聴く時間だけでなく、往復する時間も必要になってしまい、時間の面では無駄が増えてしまいがちです。社会人など時間が限られている人にとっては、時間配分も合格のためには重要です。

仕事などで忙しいと通いづらい

時間割が決まっていない録画の講義を受講するような場合は別ですが、生講義などで講義時間が決まっている場合、仕事などで忙しいと時間の都合が合わせられず、受講が難しくなります。

無理やり通おうとしても仕事などで忙しく欠席が増えてしまい、支払ったお金を無駄にしてしまうような場合もあります。

教室が近くにないと通えない

資格の種類にもよりますが、予備校が通いやすい範囲内に無いと通学は難しくなります。受験仲間を作りたいという理由から遠方の予備校に通学する人もいますが、時間の面で効率が悪くなってしまいます。通学をする場合には自分が勉強している資格の講座を開講している予備校が近くにあるかどうかが重要になります。

通学は受講料が少し割高

予備校の料金設定にもよりますが、通信の受講料よりも通学の受講料の方が通常高く設定されています。そのため、通学で受講しようとすると少しお金がかかってしまいます。

通学講座は交通費がかかる

通学講座は交通費が必要になる場合があることにも注意が必要です。自宅と職場・学校の間に予備校があるような場合には、通勤定期や通学定期で途中下車をすることができますが、通勤・通学の経路上に予備校がない場合には予備校に通うための交通費が必要になります。

大した金額ではないと思うかもしれませんが、予備校の位置や通う期間・回数によっては無視できない金額の支出になることがあります。

通学で疲れてしまう

通学講座では通学の時間が取られてしまいますが、時間を使わなければいけないだけでなく、通学は体力も使います。特に仕事帰りの平日の夜の講座に通学する場合や、仕事が休みの土日に通学する場合は、通学によって疲れてしまい勉強する意欲が低下してしまう場合があります。会社員の場合は休養も大切です。

通学講座の講義を聴いて勉強した気になってしまう

通学講座の講義に参加することで勉強した気になってしまうことがあるのもデメリットの1つです。資格試験の勉強では講義をただ聞いていれば合格水準に達するということはほとんどなく、講義時間以外の復習や問題演習なども重要になります。

しかし、通学講座に通っていると講義を聴くことで何となくわかったような気になってしまう、勉強をしたような気になってしまうことから講義の時間以外の勉強が疎かになってしまうことがあります。

まとめ

  • 資格試験の勉強で予備校の通学講座を利用する場合には、通学するために時間がかかってしまうことが最大のデメリットです。
  • しかし、予備校の通学講座を利用することで受験仲間が出来る可能性があることがメリットです。

スポンサーリンク

【資格の勉強で予備校の通学講座をするメリット・デメリットの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ