生活に役立つお金の情報です。

資格試験の勉強に必要な時間を確保する

記事作成日:2016年7月9日

資格試験の勉強を進める上では勉強時間の確保が重要になります。忙しいからといって、十分な勉強時間が確保できなければ試験の合格は難しいからです。学習計画を立てて、毎日の生活の中で勉強時間を確保することが重要です。勉強時間を確保するためには、自分の生活での時間配分を見直すことが必要です。

スポンサーリンク

合格から逆算して必要な勉強時間を逆算する

目安となる勉強時間を知る

資格試験は単純に何時間勉強したから勉強するというものでもありませんが、目安となる勉強時間は存在します。合格まで300時間とか1,000時間とか資格によって異なります。また標準的な学習期間が言われているものもあります。合格までおよそ半年、10か月の期間が必要といった感じです。

合格から逆算して計画を立てる

勉強時間や学習期間はあくまで参考ということで良いのですが、計画を立てないまま勉強をしても試験日までに学習が完了しない可能性があるので、勉強計画が必要になります。

試験日に合格するということを想定して、合格から逆算して計画を立てます。合格までにテキストや問題集を何冊、何回やるのかを考えます。そして、テキストや問題集を勉強する回数を踏まえて、どれくらいの勉強期間が必要か、1日何時間勉強が必要かを想定します。

計画はぎりぎりではなく、ある程度ゆとりを持たせた方がいいでしょう。思う通りには行かず、遅れが発生することがあるからです。

毎日の勉強時間を確保する

空いた時間に勉強しようではなかなか勉強できない

勉強をしようとして、時間が空いた時に勉強をしようと考えてしまうことがありますが、漫然と時間が空いたら勉強すると考えていると、なかなか勉強時間を確保できずに思うように勉強ができない場合があります。

時間が空いたら勉強するというような受け身の姿勢では勉強時間はなかなか確保できません。

勉強する時間を決めてしまう

勉強の計画で1日当たりの勉強時間を決めたら、1日のうちいつ勉強するかを決めてしまいます。会社などから帰ってきた後、会社に出勤する前、スキマ時間など、勉強する時間を決めてしまいます。

何が何でもその時間になったら勉強するという意思を持って勉強時間を確保するのです。

勉強時間が確保できるように時間配分を見直す

1日でいつ勉強するかを決めたら、勉強時間がちゃんと確保できるように時間配分を見直すことが重要です。仕事の残業が入らないように仕事の進め方を工夫したり、食事の誘いなどを断ったり、寝る時間や起きる時間を調整したり、ゲームやテレビなどをする時間を減らしたり、自分の時間配分を見直すことが重要です。

家族がいる場合には理解を求める

家族がいる場合には、資格試験の勉強をすることについて理解してもらい協力を得ることが重要です。資格試験の勉強をするためには十分な時間が必要なため、家族との時間が犠牲になってしまう部分があります。家族に何も言わないで黙々と勉強していると家族との関係が悪化してしまうことがあります。

家族がいる場合は、資格試験の勉強をすることを話し、勉強する時間を確保できるように協力してもらうことが大切です。

まとめ

  • 資格試験の勉強を行う場合には、合格までに必要な勉強の量を踏まえて、合格から逆算して学習計画を立てます。
  • 学習計画で1日当たりの勉強時間を決めたら、1日の中でいつ勉強をするか決めて勉強時間を確保することが大切です。自分の時間配分を見直して勉強時間が上手に確保できるように工夫が必要です。

スポンサーリンク

【資格試験の勉強に必要な時間を確保するの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ