生活に役立つお金の情報です。

仕事の不安の種類と対応方法・解消方法

記事作成日:2017年2月20日

仕事の不安の種類と不安への対応方法・解消方法についてです。仕事に対する不安と言っても様々な種類があります。仕事に対して不安を感じている時は、自分は一体何に不安を感じているのかを落ち着いて振り返ってみて、不安の種類に応じて、不安をどうやったら取り除くことができるか考えることが大切です。仕事のに対する不安は大きく分けると次の4つに分けられます。

  • 仕事ができない事への不安
  • 職場の人間関係への不安
  • 将来のキャリア・待遇への不安
  • 生活との両立(ワークライフバランス)への不安

スポンサーリンク

仕事ができない事への不安

仕事を上手くこなす能力や仕事に必要な知識が足りない、時間内に仕事ができない、ノルマを達成できない、仕事でミスしてしまう、仕事の出来が悪いといったような仕事ができないことへの不安です。

仕事がうまくできないことによって、上司に怒られてしまう、同僚から信頼されなくなる、顧客や取引先を失ってしまう、関係者に迷惑を掛けてしまう、出世できなくなってしまう、待遇が悪くなってしまうといったことが起きるのではないかと心配になってしまいます。

  • 仕事の能力や知識が足りないことへの不安
  • 仕事が時間内に出来ないことへの不安
  • 仕事のノルマを達成できないことへの不安
  • 仕事でミスをしてしまうことへの不安
  • 仕事の出来が悪いことへの不安

仕事の能力や知識が足りないことへの不安の対応方法

仕事の能力や知識が足りないことに原因があるなら、仕事の能力や知識を身につける必要があります。知識が足りないのであれば、関連する書籍や職場の資料を読み込んで基礎知識を付けたり、先輩や同僚に仕事のやり方を教えてもらうことも有効です。仕事のやり方を真似て学ぶという方法もあります。研修などに参加することも有効です。

大切なのは、何がどれだけ足りていないかということを正確に把握して、どうすれば足りない事を補えるかということを考えることです。

仕事が時間内に出来ないことへの不安の対応方法

仕事が時間内に出来ないことについては、自分の処理能力の問題の場合と、仕事の量の問題の場合の2つの場合があります。

処理能力が遅いことが原因の場合

周りの人は時間内に出来ているのに、自分が出来ていない場合は自分の処理能力の問題である可能性が大きいです。他の人がどうやって仕事をしているのかを観察して、自分はどうして上手くいっていないのかを考える必要があります。

また、過度に仕事の質にこだわり過ぎてしまっていて完璧主義に陥ってないかも見直してみる必要があります。気が乗らなくて先送りしてしまっている場合は、仕事だからと割り切って素早く取り掛かることが必要です。決断が遅くて時間がかかってしまう場合は、迷わないということを意識して、迷ってもしょうがないんだと思い素早く決断することが大切です。

仕事の量が多すぎることが原因の場合

通常の人が処理できる量よりも仕事の量が多い場合は当然時間内に処理することは難しくなります。現実的には、人件費を抑えるため人手不足に陥っていて、仕事が多すぎて時間内に終わらないということは良くあります。

上司などに相談して仕事の量を調整してもらうことが本質的な解決策になりますが、訴えても聞き入れてもらえない場合は最悪仕事を変えることも選択肢になります。

上司に相談したり、転職したりすることが難しい場合には、時間厳守であれば、仕事の質や正確性をある程度犠牲にしつつスピードを優先するしかなくなってきます。しかし、望ましい事でない場合もあるため、職場の上司とよく話し合って解決を目指すことが重要です。

仕事のノルマを達成できないことへの不安の対応方法

仕事でノルマが課せられていて達成できない場合は、仕事が時間内に出来ない場合と同様に、自分の処理能力の問題と、ノルマが高過ぎることによる問題の場合の2通りがあります。

自分の処理能力が原因の場合

同僚が達成できているノルマが自分では達成できない場合には、自分の仕事のやり方に改善の余地がある場合があります。自分の仕事のやり方の問題点を探り、改善余地がないか考えることが重要です。成功している他の人のやり方をみて、マネできることがないかを観察することも大切です。アドバイスをくれるような上司や同僚がいれば相談することも大切です。

ただし、周りの同僚が達成できているノルマであっても正当な方法や手段によって達成されていない場合もあることには注意が必要です。要は何らかの「ズル」をしている場合があるということです。

もし、普通の努力によってはとてもできそうにない場合には、何か裏があるのではないかということも頭の片隅に入れておくことが大切です。間違っても不正な手段でノルマを達成しようとしてはいけません。最終的に自分を不利な立場に追い込むことになってしまいます。

ノルマが高過ぎることが原因の場合

仕事のノルマが高過ぎる場合は、過度な負担を従業員に強いてしまっている場合があり、ブラック企業である場合もあります。達成困難なノルマを与えて、出来ない事を責め立てるような場合には、問題がある職場である可能性があるため注意が必要です。

ノルマがあまりに高過ぎると感じる場合には、無理なことを求められていないかを冷静に考えて、努力を行ってもとても達成が困難で、かつノルマが達成できないことに対して何らかの理不尽なペナルティがある場合は、転職を考えることも重要です。

ノルマが達成できないことで責められてしまうことがありますが、精神的に追い詰められない様に、自分が悪いと思い込まない様に注意が必要です。ノルマに無理があるんだと考えて、自分の都合が良いように解釈をすることも心の安定のためには必要なことがあります。

仕事でミスをしてしまうことへの不安の対応方法

仕事でミスをしてしまうことが不安になってしまうことがあります。特に仕事のミスが許されないような職場では、ミスを恐れる風土が出来てしまいがちです。ミスをすることによって激しく責め立てられる、反省文や始末書を書かされるなど、ミスによって起こられてしまう場合には、ミスが怖くなって仕事への意欲が低下することがあります。

まず、仕事のミスは相当程度減らすことが可能ですが、完全に無くすことも現実的ではない事を意識しておきましょう。ミスをしないように最大限の注意を払う必要がありますが、ミスをしてしまうこともあるのでミスを恐れて何もできなくなってしまうよりは、ミスをすることもあるんだと諦めるしかないこともあります。

ミスをしたことで落ち込んでしまって、仕事への意欲がなくなってしまったり、更に注意力が低下してしまったりする方がより問題です。

ミスを減らすためには、十分な処理時間を確保して、丁寧な確認を行いながら慎重に進めることが基本です。手順書やマニュアルなどを確認し、不明な点は明らかになるまで確認するようにしましょう。疑問に思うことをそのままにしないで徹底的に確認することが大切です。間違いは起こるものと意識して何度も丁寧に確認しましょう。

集中が途切れないように同時並行で仕事を進めない様にしたり、身の回りやファイルなどを整理したりして、作業環境を整えることも重要です。

仕事の出来が悪いことへの不安の対応方法

仕事で資料などを作ってプレゼンテーションをしても良い反応をされない、求めた資料ではないあるいは企画として面白くないと言われてしまうといったように、仕事の出来(質)が悪いことへの不安です。

まず、仕事の出来・質が悪いことに不安を感じている場合には、自分に能力がないと責めてしまう前に、相手が何を求めているのかを正確に把握するようにしましょう。仕事の出来が悪いということは、相手の求めた水準に達していないということですが、相手の求めるものが何か正確に分かっていないと出来が良くなることはないからです。

つまりどこにゴールがあるかを知らないと、やみくもに進んでもゴールには辿り着かないということです。

もし、相手が求めていることが何か分からない場合は、丁寧に確認をすることが大切です。また、最終的な完成形を報告する前に、途中段階でも報告を行い、求めるものに沿った出来になっているか確認をすることが大切です。関係者とのコミュニケーションを緊密に取ることによって完成度を高めることができます。

また、十分な質を確保するための時間が足りない場合には、仕事の分担を見直す、重要でない仕事を後回しにするなど、時間を確保できるようにすることも大切です。

職場の人間関係への不安

職場の人間関係が上手くいっていない事への不安です。上司と上手くいっていない場合、同僚と上手くいっていない場合、部下と上手くいっていない場合などが考えられます。

職場の人間関係が上手くいかないことで、仕事がしづらくなってしまうのではないか、恨みを買ってしまうのではないか、悪いうわさや評判を流されてしまうのではないか、職場での居心地が悪くなってしまうのではないか、嫌がらせやいじめを受けてしまうのではないか、出世できなくなるのではないか、左遷されてしまうのではないか、待遇が悪くなってしまうのではないか、休暇などを取りづらくなってしまうのではないかなどといったことが心配になってしまいます。

職場の人間関係への不安の対応方法

自分から悪く思われてしまうようなことはなるべくしないということと、相手を苦手と思う場合でも行動や態度に出さないで相手の人格を尊重する気持ちを持つということ、適度な距離感を保つようにして関わる必要がないのであれば関わらないようにする、人からのどう思われているかを気にしないようにする、他の人の悪口や不満は言わないといったことが大切です。

その上で、パワーハラスメントやセクシャルハラスメントなど問題となるような嫌がらせを受けている場合には、適切な立場・窓口に相談をするか、改善を見込めないなら異動を申し出るか退職するということが選択肢になってきます。

人間関係は相性の問題もあるほか、どうやっても上手くいかないような場合もあります。なんとか関わらないで済むのであれば、関わらないようにすることも大切です。人事異動が定期的にあるような規模が大きい会社の場合、人事異動が解決してくれることもあります。

将来のキャリア・待遇への不安

仕事を続けていて自分の経験につながるか、経歴(キャリア)として満足なものになるのかという不安、自分の将来の待遇は良いだろうか、出世するだろうか、十分な給与や退職金はもらえるかといったような待遇面での不安、将来自分の業種・職種は無くならないだろうか、会社は傾かないだろうかという職への不安があります。

言い換えると、仕事を通じた金銭や生活への不安ということになります。

経歴(キャリア)への不安の対応方法

今の仕事を続けていても自分の将来のプラスにならないのではないか、仕事の能力が身に付かないのではないか、仕事の経歴として評価されないのではないかといったような今の仕事が将来に役に立つのかといったような不安や、将来望むような仕事をさせてもらえるのだろうかといった将来の経歴に対する不安です。

自分はどのようや仕事のキャリア(経歴)を歩んでいきたいのかをライフプランと照らし合わせて考えてみましょう。そして、自分の職場の先輩の姿を見て、なりたい自分と重なっているか、希望が持てるかを考えてみましょう。

もし、自分の今の仕事を続けていても将来が期待できない、望む将来と違うといったような場合には、人事異動の希望や転職を検討することになります。

待遇面への不安の対応方法

待遇面での不安に対してはライフプランを立てて、望む人生を実現するために必要なお金はいくらであるかということを理解して、望むだけのお金が仕事から得られるかということを調べることが大切です。

収入の上がり方、退職金の額などはある程度分かる場合が多いので、普通に勤め続けた場合はこのくらいだろうという推測をして、自分の求めるものが得られるかを考えてみましょう。

もし、自分が求める水準に達していないのであれば、仕事を頑張ってより出世するか、転職によって収入をアップすることなどを考えます。ただし、転職は年収が上がったとしても、退職金や年金の面で不利になって、結果的に生涯賃金が下がる場合があることに注意が必要です。

業種・職種・会社への不安の対応方法

社会情勢の変化や科学技術の発展などによって、仕事のあり方は変わっていきます。将来仕事がなくなってしまうような場合も考えられます。自分の業種、職種は将来も仕事があるのか、会社の経営が傾くことはないかというような不安です。またリストラなどによって職を失うことへの不安などもあります。

どんな大企業であってもちょっとした経営判断のミスで会社が傾いてしまうということは昔からよくあることです。また、日本でも様々な業種が衰退し、新しい業種が発展してきた歴史があります。職種も同様で時代によって流行り廃りがあります。

世の中の変化に敏感になって、常に自分の仕事は将来もあるのかということを意識しながら、今の仕事に囚われずに視野を広げておくことが大切になります。違う仕事に挑戦したり、常に時代の変化についていけるように勉強したり、資格をとったりするなど、今の仕事がなくなってもいいように準備することが対応方法になります。

生活との両立(ワークライフバランス)への不安

仕事と家庭、仕事と育児、仕事と介護、仕事と趣味などを両立できないのではないかという、ワークライフバランスの問題への不安です。ワークライフバランスとは、ワーク(仕事)とライフ(生活)のバランス(調和)ということになりますが、仕事と生活をバランスよく過ごすということです。

しかし、日本の企業ではしばしば長時間労働が問題になるほか、休暇が取得しづらいといったような問題があります。仕事の成果・内容ではなく、長時間深夜まで残って残業した人が頑張っているというような評価をされる企業風土があること、仕事に専念すべきで家庭などの生活を重視するのはやる気がないといったように見なす人がいることなどから、ワークライフバランスが問題になります。

労働契約では本来労働時間が決められているはずですし、あくまで残業はやむをえない場合に発生するもののはずですが、残業が定常化してしまうことがあります。資本主義経済では、どうしても経営者の力が強くなりやすく、労働者の力が弱くなりやすいということが背景にあります。

ワークライフバランスへの不安の対応方法

社会全体の風潮として長時間労働を是正しよう、ワークライフバランスにも配慮しようという流れになっていることは確かですが、社会の変化を待っていては自分が働いている間に改善しない可能性もあります。

ワークライフバランスを実現できるかどうかは企業や企業内の部署によっても大きく変わってきます。基本的には経営者の考えが企業風土に色濃く反映されるため、企業によってはとてもワークライフバランスは実現不可能という場合、出世を犠牲にしないと実現できないという場合もあります。

そのため、まず自分自身の結婚や出産などのライフプランを考えたうえで、今の仕事で実現可能なのかを考えます。そして、どうしても難しそうだという場合、異動なとによって部署を変わることで実現できるのかも検討します。もし部署が変わればワークライフバランスを実現できる場合は、異動を希望することになります。

個人の努力や人事異動ではワークライフバランスの実現が困難な場合には、転職などが選択肢となります。

まとめ

  • 仕事に対する不安には大きく分けると、仕事ができない事への不安、職場の人間関係への不安、将来のキャリア・待遇への不安、生活との両立(ワークライフバランス)への不安の4つが挙げられます。
  • 何に不安を抱いているのかを落ち着て見きわめて、どんなことをすれば不安が和らぐのかを考えて行動することが大事です。どうにもならない場合は仕事を変えることも選択肢です。

スポンサーリンク

【仕事の不安の種類と対応方法・解消方法の記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ