生活に役立つお金の情報です。

朝や月曜日に会社や仕事に行くのが憂鬱で辛いブルーマンデー症候群

記事作成日:2017年11月26日

仕事がある日の朝や土日の休み明けの月曜に会社や仕事に行くのが辛い、嫌だ、行きたくない、しんどい、憂鬱だ、苦しいと感じることがあります。月曜日に憂鬱である場合を指して、ブルーマンデー症候群と呼ぶことがあります。場合によっては強いストレスを感じる、だるい、イライラする、気持ち悪い、吐き気がする、頭痛や腹痛がする、食欲がない、前日夜に眠れなくなる、寝不足になるなどのように心身に変調があることもあります。仕事の日の朝や月曜日に会社や仕事に行きたくないと感じる場合の対処方法についてです。

スポンサーリンク

週明けの月曜が辛い憂鬱なブルーマンデー症候群

人によって仕事がない日は違いますが、土日が休みの場合には、週明けの月曜日は休み明けとなり、再び月曜から会社や仕事が始まることになります。月曜日に会社や仕事に行くのが辛い、仕事に行きたくない、と感じるようなことをブルーマンデー症候群(憂鬱な月曜日症候群)といいます。

ストレスを感じる、頭痛がする、気持ちが悪い、腹痛になる、食欲がない、だるい、前日に眠れないで寝不足になる、といったような身体に変調がある場合もあります。

月曜日に限らず、仕事がある日の朝に同じように感じる、同じような症状があるという場合があります。土日が休みでない人は休み明けに同じように感じることや症状があることがあります。

ブルーマンデー症候群を感じる場合の対処法

ブルーマンデー症候群で仕事がある日の朝や休み明けの月曜日に会社や仕事に行きたくないと感じる場合の対処法についてです。

会社や仕事が嫌な原因は何かを考えてみる

朝仕事に行くのが辛い、月曜から会社に行きたくないというように感じる場合、会社に行こうとするとストレスを感じる、頭痛がする、気持ちが悪い、腹痛になる、食欲がない、前日は眠れなくて寝不足である、などの身体の異常を感じる場合には、会社や仕事がどのくらい嫌なのか、会社や仕事の何が嫌なのかを考えてみましょう。

仕事がある日の朝や休み明けの月曜日に会社や仕事に行きたくないと感じる原因が分かれば対処もしやすくなります。

会社や仕事でやりがいや好きになれることはないか考えてみる

何か心の支えがないと人間の気持ちは折れてしまうことがあります。会社や仕事が辛いと感じる時でも、何かやりがいであるとか、好きになれることとかがあれば、心の支えになり、状況が改善に向かうことがあります。

仕事の意義を考えてみたり、仕事によって喜ぶ人のことを考えてみたり、仕事で工夫できることはないか考えてみたり、仕事で何か良いことが見つけられないか考えてみましょう。

また、職場の上司や同僚、後輩などとの人間関係で励みになることがないかを探してみることも1つの方法です。

悪い方向に働いてしまうこともありますが、例えば尊敬できるような人はいないか、仕事がすごいと感じる人はいないか、同じような想いや悩みを持って共感できる人がいないかといったようなことです。憧れの人がいる、好きな人がいるといったことも励みになりえます。

無味乾燥で何も感じない職場よりも、何か良いと思えることがある職場の方が通いやすいはずです。

とりあえず会社や仕事になんとか行ってみる

仕事がある日の朝や週明けの月曜に会社や仕事が嫌だと思っていても、実際に職場に着いて仕事が始まると、何も感じなくなる、身体の異常がなくなるという場合はとりあえず行ってみるということで乗り切れる場合があります。

ただし、嫌だ、行きたくないと感じるのであれば、何かの兆候である可能性もあるため、油断をしないことが大切です。状況が悪化しないように会社や仕事について時間を取って考えてみることが大切です。

思い切って休んでみる

朝や月曜日に会社や仕事に行くのが辛い、嫌だと感じていて、心身に何らかの変調を感じている時は、思い切って休んでみることも方法の1つです。有給休暇が取得できるような企業でないと難しいと感じるかもしれませんが、有給休暇は労働者の権利でもあります。体調が悪いのであればずる休みではありません。そもそも有給休暇は本来休暇理由を問われません。

辛い、行きたくないと思う時は自分の気持ちに素直になって行かないで休むということも考えてみましょう。一時的な疲れなどである場合には休むことで改善することがあります。

有給休暇が取りやすい場合は長めの休みで職場から離れることも効果的です。心身に異常があり、お医者さんの勧めがある場合は会社と相談して長期間休む(休職する)ということも考えられます。

会社や仕事が嫌だと感じるのであれば、一時的に離れることで冷静に見つめ直すことができ、また戻りたいのか、もう戻りたくないのか考えも整理できるはずです。

耐えて時間が経つことで人事異動や昇進で改善することも

会社や仕事で辛いと感じることは、耐えて時間が経つことで解決することがあります。まず、仕事のやり方が分からない、難しいと感じる、慣れないというような場合は、仕事を続けることで業務の知識や経験を得て、上手に仕事ができるようになり状況が改善していきます。

人間関係が険悪だという場合でも、職場全体の雰囲気が険悪というのではなく、特定の人に起因している場合には、人事異動によって原因となっていた人が異動する、立派な上司が来て職場環境を改善してくれる、といったこともあります。自分自身が別の部署に異動となり状況が改善することもあります。

また、長い間在籍することで、部署内での経験年数が伸び立場が改善する、昇進して偉くなり状況が良くなるということがあります。

できるだけ休息をとり体を休める

睡眠や休息が足りない、栄養が偏っているというように、不健康な生活を送っていると、精神的にも不健康になってしまうことがあります。

会社が辛い、仕事に行きたくないといったように感じてしまう場合には、休息が足りていない可能性があります。仕事がある日はできるだけ早く寝るようにして、休みの日もゆっくりとのんびり過ごして十分に休むようにする、睡眠時間をたくさん確保するようにすると、精神的にも回復して、心にゆとりが持てるようになります。

十分な休息をとるためには、時間の使い方を見直すことも大切になります。もし忙しくて余裕がないのであれば、何かをやめて休むための時間を確保しましょう。

しなくてもいいこと、やったほうがいいけどやらなくてもなんとかなることなど、時間を作り出すために何か辞められることはないかを探して、休む時間を作るようにしましょう。

話し相手を作って話すようにする

人間は他の人との交流によって気持ちが良くなること、辛い気持ちが軽くなることがあります。職場の同僚などで気が合う人を見つけて話すようにすると、職場の悩みや愚痴を共有出来て、辛い気持ちが和らぐことがあります。同じ悩みや思いを抱える人がいるというだけで心強くなることがあります。

職場で話し相手を作るのが難しいという場合には、習い事、社会人のサークルや地域活動、ボランティア活動など人と交流する機会を作って、親しい人を作ることも効果がある場合があります。

家族がいる場合には、家族との時間を多くとるようにして関係性を良くすることで前向きな気持ちになれることもあります。

引っ越しをして生活環境を変えてみる

住まいなどの生活環境、通勤などが会社や仕事を嫌だと感じさせる原因となっていることがあります。家に帰ってゆっくり休むことができなければ、働く元気が回復できません。帰りたくなるような家、安らぐような家でない場合には引っ越しをして住む環境を変えるということも心機一転するきっかけとなります。

また、通勤地獄が会社や仕事を嫌だと思わせている可能性もあります。長時間の通勤電車は疲労感が蓄積してしまいますし、乗客同士のトラブルに巻き込まれる恐れも高くなります。通勤時間はなかなか有効活用するのが難しい場合があります。

職場に通いやすい場所、通勤時間が短くなるような場所に引っ越して、通勤するストレスを軽減することで気持ち良く仕事がある日の朝や週明けの月曜日を迎えられるようになるかもしれません。

お医者さんに相談してみる

仕事がある日の朝や休み明けの月曜日には、会社や仕事にいかなければいけないと思うと、どうしてもストレスがすごい、イライラを感じる、悲しくなる、お腹が痛くなる、頭が痛くなる、気持ち悪くなる、吐き気がする、食欲がない、眠れない、といったように感じることがあります。

酷い変調を感じる場合には、自分だけの力では解決できないような状況になっていることもあります。より状況が悪化しないようにお医者さんに相談することも大切です。

辛いと感じる時は、健康を崩してしまわないように、医師に相談することも選択肢に入れておくことが大切です。

ブラック企業の場合はできるだけ早く退職する

従業員を使い捨ての駒としか考えておらず、健康状況や福利厚生に一切配慮をせず、長時間労働を強いたり、サービス残業を強いたり、パワハラやセクハラが酷かったりするような、ブラックな職場、ブラック企業の場合には、そのまま勤めても良いことがありませんので、出来る限り早く退職することを目指しましょう。

生活費が心許ない場合は、転職先探しをできる限り早く始めましょう。ブラック企業は一刻も早く辞めることが望ましいですが、辞めてから転職先を探すと不安な気持ちから、転職先を慌てて決めてしまうこともあるため注意が必要です。

会社や仕事が合わないなら転職や起業も視野に入れる

色々試してみたけれど、会社や仕事がどうしても合わない、このままでは身体の調子が良くならないというような場合には、転職や起業も視野にいれることが大切です。

会社に在籍し続けても埒が明かない、将来が見えない、良くなる気がしないといった場合には、転職をする、あるいは起業をすることで人生を変えることができる場合があります。

もちろん、転職した先でも同じようなことになってしまったり、状況が悪化したりする場合があります。そのため、転職は慎重にしなければいけないのですが、行き詰っていると感じる時は転職が切り札となることもあります。

また、会社組織で働くことがどうしても馴染めない、合わないと感じる時は、自ら起業することで道を切り開けることもあります。起業をしても上手くいくとは限らず、リスクも大きいですが、十分に準備をすれば成功する確率も高まります。

仕事がある日の朝や週明けの月曜日に会社や仕事に行きたくないと感じる時は、転職や起業についても考えてみましょう。

まとめ

  • 仕事がある日の朝や休み明けの月曜日に会社や仕事に行くのが嫌だ、辛いと感じることがあります。月曜日の朝に憂鬱になる場合にはブルーマンデー症候群と呼ばれることもあります。
  • 会社や仕事に行くのが辛いと感じる時には、原因は何かを考えてみることが大切です。そして、職場で楽しいと思えることがないか考えてみたり、休息を取ったり、人と話すようにしたり、変えられないか試してみることで良くなることがあります。ただし、どうしても会社や仕事が合わないと感じる場合は転職や起業を考えてみましょう。

スポンサーリンク

【朝や月曜日に会社や仕事に行くのが憂鬱で辛いブルーマンデー症候群の記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ