生活に役立つお金の情報です。

心と体の健康や家族との関係を壊さない

記事作成日:2015年8月19日

生活をしていくために働くことは大切ですが、仕事をすることで体や心の健康を壊してしまっては意味がありません。また、パートナーや子供との関係を損ねてしまうような働き方にも問題があります。仕事を極度に優先してしまうと、健康を損なってしまったり、家族との関係を損ねてしまったりすることもあります。

スポンサーリンク

長時間労働

体や心の健康を壊してしまう大きな理由の一つに長時間労働があります。1日の労働時間が長い場合や休日出勤が多い場合など残業時間が長い場合には、体や心の健康を壊しやすくなってしまいます。

生活やお金のために働いているのに、過労死をしてしまっては意味がありません。過労死まで行かなくても長時間労働をすると様々な健康リスクが高まりますので注意が必要です。

長時間労働は身体だけではなく心を蝕むことにも注意が必要です。睡眠時間が不足したり、疲労が蓄積したりすると、イライラしやすくなりますし、正常な判断をくだせなくなることもあります。やる気が出なくなったり、仕事の効率が落ちてしまう場合もあります。

さらに長時間労働は家族との関係をぎくしゃくさせてしまう可能性があります。仕事がある日は夜遅く帰ってきて、せっかくの休みも仕事の疲れを癒すために寝ていたりごろごろして休んでいるだけだと、家族と過ごす時間が無くなってしまいます。

長時間労働は体や心、家族との関係に問題を引き起こしますので、続けられないほどの長時間労働を強いられる場合は転職の可能性を考えたほうが良い場合があります。

安全でない職場環境

仕事によっては危険が潜んでいる場合があります。例えば工事現場や工場での作業ではけがをしてしまうリスクがあります。会社は労働者の安全を確保するような対策をしなければならないのですが、安全管理が不十分で危険な状態で仕事を行わなければいけない場合があります。

もっと人手や設備が必要な作業なのにコスト削減で人手などが足りておらず、作業が危険になってしまう場合もあります。また、現場の監督者がいなかったり、教育や指導が十分行き届いていないような場合にも危険が潜んでいます。

労働災害は少なからず発生していますが、十分な安全対策が行われていない職場で働くとケガをしたり、障害を負ったり、死亡したりするリスクがあります。

安全ではないと思うような職場では働かないようにしましょう。

ストレスが強い仕事

仕事の種類や職場環境によっては精神的なストレスが強くかかる場合があります。

まず、パワーハラスメントやセクシャルハラスメントなどが起きている職場では被害者となった場合に強いストレスを受けることになります。基本的な人権が尊重されないような事態になるので早めに対処しないと心を病んでしまいます。

仕事のノルマが厳しいような場合もストレスになります。数字を達成するために上司から厳しい叱責が飛び、ノルマに追い立てられる仕事のやり方は強いストレスになります。

職場の人間関係が劣悪な場合もストレスになります。いじめのような状態になってしまったり、派閥に分かれて対立していたり、人の揚げ足取りばかりしたりしているような職場はストレスを強く感じることになります。

ミスが許されないような仕事もプレッシャーとなる場合があります。ミスが許されないような種類の仕事ではミスを犯さないために神経をすり減らすことになるため気が滅入ってしまうようなことがあります。

コンプライアンスやセキュリティを過度に強化して過剰管理をするような職場もストレスになりやすいです。ルールや手続き、マニュアルが複雑化したり、社内の監査への対応が負担となったりしている場合があります。未然にリスクを防ぐという意味はありますが、やり過ぎると社員の士気を落とす結果になります。

時間にゆとりがなく、常に納期に追われているような仕事も強いストレスになります。常に仕事の締め切りを気にしながら焦って仕事をしなければならないため、平常心を保つのが難しくなる場合があります。

体育会系の社風で、上下関係が厳しく自由に物を言えないような職場環境は、人によっては息苦しくなってしまい、やる気が無くなってしまうような場合があり、強いストレスになります。

法令や倫理観に反する仕事を強要される場合も強いストレスとなる場合があります。明確に法令に違反していなくても、お客に割高な商品やサービスを売りつけたり、必要でないものを売りつけたりするような場合は、仕事に疑問を覚えやりたくないという気持ちが強くなることがあります。

ストレスを強く感じるようになると心の健康が損なわれてしまいます。心の健康を害してしまうのも本末転倒なので、心を病んでしまいそうな職場であれば、対応策を早目に考えなければいけません。

まとめ

  • 働くことによって、体や心の健康、家族との関係を損ねてしまっては意味がありません。
  • 長時間労働や安全でない職場環境、ストレスが強い仕事の場合は、そのまま働き続けて問題がないか真剣に考えましょう。

スポンサーリンク

【心と体の健康や家族との関係を壊さないの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ