生活に役立つお金の情報です。

環境を変えることを恐れない

記事作成日:2016年2月9日

転職や起業をする場合には、働く環境が大きく変化しますが、働く環境の変化に適応することはとても大変です。そのため、環境の変化を恐れてしまい、転職や起業に踏み切れない場合があります。しかし、環境を変えることを恐れてはいけません。職場環境が変わるリスクを恐れて人生のチャンスを潰さないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

職場環境を変えるのは確かに大変

慣れ親しんだ職場環境を変えることは勇気がいることです。職場環境が変わると状況が今よりも悪くなってしまう可能性があるので、慎重になるのは当然のことです。今までのルールややり方、人間関係を失ってしまい、新たにルールややり方を覚え、人間関係を築いていかなければいけないのです。

今のままか変えるのか冷静に判断する

転職や起業が頭をよぎった場合でも、今の職場環境を変えるのが怖いと思ってしまって、目先の物事に気を取られてしまい、決断できないことがあります。しかし、転職や起業を実行するかどうかは、現状のままいるのと転職や起業をするのとどちらが将来の自分にとって良いのか冷静に考えて決める必要があります。目先の環境変化を恐れるあまり、人生のチャンスを潰してしまってはいけないのです。また、現状の職場環境が良いと思っても、現状の職場環境は転職や起業をしなくてもどんどん変わっていくことを理解しておかなければいけません。

会社員である限り職場環境は変わる

会社員である限り職場環境が変わるリスクがあります。自ら進んで転職をしなくても、転職をしたのと同じくらい職場環境が変わってしまう可能性があるのです。

異動のリスクがある

会社員である限り職場環境が変わるリスクに常にさらされています。まず、会社員は会社の指示に従って異動をしなければいけないので、自分が望まない勤務地や職場環境で働かなければならないリスクがあります。更に自分の周りの上司や部下、同僚も異動をするので相性が良かった上司や部下、同僚も異動してしまい、相性が合わない人に代わってしまう可能性があります。

経営者の交代の可能性がある

会社であれば、買収されて経営層が交替し、経営方針が全く違ったものに代わる可能性があります。極端な場合、海外の企業に買収されて、社内の言語が変更になる、営業所が海外に移転する、顧客が外国人中心になるといったような変化が起きる可能性があります。

会社は破綻する可能性がある

更に会社の経営が傾いて破綻してしまう可能性があります。会社が破綻してしまった場合、何らかの救済がされ、雇用が維持されればまだ幸せかもしれませんが、再建が困難で従業員は全員解雇となってしまった場合は強制的に職場環境が変わる、つまり失業することになります。

会社員は職場環境が変わるリスクがある

会社員である限り、職場環境が変わるリスクがあるのです。現状は居心地良いものであっても、将来にわたって職場環境が変わらないということは通常ありません。自分から職場環境を変えなくても、勝手に変わってしまうことがあるのです。しかも多くの場合は準備が十分できないまま不意打ちでやってくるので気持ちの準備ができないまま職場環境が変わることがあります。結果として転職したのと同じような状況の変化に直面することがあります。

現状を維持することがリスクになることも

経済や社会は急速に変化をしています。現状を維持しようとすることで時代の変化についていくことができなくなる可能性があります。技術などの変化によって需要が縮小する衰退産業に身を置いているような場合に、抜け出せないままでいると産業自体が無くなってしまい、最終的には職を失ってしまう可能性があります。

極めて劣悪な職場環境にあるにもかかわらず、転職をしたらもっと悪い職場環境になるかもしれないと考えてしまって、残ってしまうと肉体的にも精神的にも追い詰められる可能性があります。

まとめ

  • 会社員である限り、転職や起業をしなくても職場環境が変わるリスクがあります。
  • 職場環境が変わるリスクを恐れて人生のチャンスを潰さないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

【環境を変えることを恐れないの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ