生活に役立つお金の情報です。

生活のため会社にしがみつくことも時には必要

記事作成日:2015年10月12日

人は誰しも生活がかかっています。現代社会ではお金を得ることが出来なければ生活していくことがままならなくなります。気が進まなくても、生活のために会社にしがみつかなければならない時もあります。会社員が毎月安定的に給料をもらえるということは、会社員の大きなメリットです。ただし、お金のために我慢しなければいけない時もありますが、我慢していてはいけない時もあるので注意しましょう。

スポンサーリンク

会社員のメリットは大きい

会社員でいることのメリットはとても大きいです。毎月決められた日に一定の金額が給料として支給されます。極端な成果報酬などの場合を除いて収入が安定しています。病気やけがをした場合は、ほとんどの場合会社を休むことができ、何らかのフォローをしてもらえる場合も多いです。取得できるかどうかは別ですが、有給休暇も決められた日数与えられています。

会社員でいることには様々な問題点や苦労もありますが、会社員にはメリットもあります。人によっては、生活のため会社に何とかしがみついたほうが良いこともあります。

転職や再就職が難しい人

転職や再就職が難しいような人は、できる限り現在の会社にいられるように努力をした方が良い場合もあります。実際にはどんな仕事もないという状況は極端ですが、希望する内容や条件の仕事は簡単に得られるものではありません。希望する条件で転職や再就職が難しいような場合は、現在の会社で努力をした方が良いでしょう。

具体的には、年齢が高い場合です。日本では、経営者などを除いて高齢になればなるほど転職や再就職の選択肢が狭まってきます。下手に会社を辞めてしまうよりも、現在の会社に居続けたほうが待遇が良い場合も多いです。仮に現在の会社で高く評価されていなくても、努力して会社に居続けたほうが生活していける場合もあります。

借金を抱えていて貯金が全くない人

借金を抱えていて貯金が全くない人は、会社を辞めても確実にすぐ仕事を見つけられるような人を除いて、手元に資金を蓄えたほうが良いです。借金を抱えたまま、無職になってしまい、蓄えが少ない場合には家計が破綻してしまうからです。現在の会社で頑張って働いて、少しでも手元に資金を蓄えて、借金返済には回さないで取っておくようにしてから、転身について考えましょう。蓄えがあれば無職になってもしばらく食いつなげるからです。

借金を抱えている間は働いて安定的に収入を確保するということもとても大切です。収入が途絶えそうな場合は、乗り切れるだけの蓄えを蓄えるまで、会社にしがみ続けなければいけません。

キャリアの展望が見えていない人

自分の将来のキャリア、働き方が全く見えていない人も会社を辞めると苦労します。自分探しのため、会社を渡り歩いてしまうと、業務経験を積み重ねることが出来ず、転職するたびに仕事内容や待遇などの労働条件が悪化することが多いからです。

何をしたいのか分からない、何のために働いているのか分からないといったような場合には、とりあえず会社にしがみついて、生活のためのお金を確保するということも大切です。

不景気や家族の事情などでタイミングが悪い人

求人件数が減って転職や再就職が難しくなってしまう不景気の時や、育児や介護など家族の事情で仕事環境を変えない方が良い時には会社にしがみついた方が良い場合もあります。

実際には、不景気の時に求人を出せる企業は経営がしっかりしている企業ですし、多くの企業が採用を手控える不景気を狙って人材確保を狙う企業もいるくらいですから、不景気の時も転職や再就職のチャンスは伺うべきですが、失業者が増えて職探しのライバルも増えるので、転職や再就職はタイミングをずらした方が良い場合もあります。

また、家族の事情でどうしても働く環境を変えられないというような場合は、会社にしがみついたほうが良いこともあります。

ブラック企業にはしがみついてはいけない

生活のために会社にしがみついたほうが良い場合でも、パワハラやセクハラ、サービス残業などが横行しているブラック企業の場合には、生活がかかっていても会社にしがみつくのは危険です。身体や心を壊してしまってもは元も子もないため、働かない方が良い会社の場合はしがみつかない方が良いです。

ストレスを感じ過ぎている場合も要注意

明確にブラック企業とは言えなくても、仕事の内容や職場の人間関係などから精神的に強いストレスを感じていて体調を壊している場合には、会社にしがみついてはいけない場合もあります。

まとめ

  • 会社員が毎月安定的に給料をもらえるということは、会社員の大きなメリットです。
  • 転職や再就職が難しいような場合などには会社にしがみつくように努力をした方が良い場合もあります。

スポンサーリンク

【生活のため会社にしがみつくことも時には必要の記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ