生活に役立つお金の情報です。

日曜夜に仕事が嫌だと思うなら早めに対策を

記事作成日:2015年11月15日
最終更新日:2017年11月26日

土日の週末が休みの日とは月曜日から仕事なので、日曜日の夕方位から月曜日の仕事が嫌で、憂鬱な気持ちになってしまう場合があります。吐き気を感じたり、食欲がなくなったり、頭痛や吐き気がでたり、眠れなくなって寝不足になったりすることもあります。日曜日夜のテレビ番組がきっかけとなって月曜からの仕事の事を意識してしまう人もいて、テレビ番組に関連してサザエさん症候群、サザエさんシンドロームと呼ばれることがあります。もし土日が休みでない人は休みの日の終わりの事について当てはめて考えてみてください。

スポンサーリンク

日曜夜に嫌だと感じるなら考え直す

日曜日の夜に軽くもうちょっと休んでいたいなとか、また明日から仕事かぁと思う程度なら良いのですが、月曜からの仕事が嫌で気持ちがとても沈んで暗くなってしまうようなことがあります。

1回、2回とか、たまに感じるとかくらいなら、誰しもが感じることなのですが、ずっと日曜日の夜が憂鬱な気持ちで貯まらないような状態が続いているなら、仕事について真剣に考え直してみるべきなのかもしれません。

ずっと日曜日の夜が憂鬱な状態が続くのは、楽しい人生とは言えないからです。また、金曜とか週末が近づくにつれて安心した気持ちになったり、嬉しい気持ちになったりしている場合も日曜夜の憂鬱の裏返しなのかもしれないので要注意です。

日曜日に仕事が嫌だと感じてしまう理由は様々ですが、特に酷い人は頭痛や腹痛、吐き気など身体的な症状が出ることもあるようです。何となく違和感があるくらいに自分では思ってしまっていたり、我慢していたりすることも多いようですが、体がおかしいなと感じることがあれば、お医者さんの出番なので無理しないようにしましょう。

特に酷い場合でなくても、日曜夜の憂鬱な気持ちをそのままにしておくと、自然と良くなることばかりでなく、どんどんと気持ちが沈んでいってしまうこともあるようです。おかしいなと感じたら仕事について考え直してみることが必要です。

何が嫌なのか考える

日曜の夜に仕事が嫌になってしまうのであれば、まずは仕事が嫌だと感じる理由について考えてみましょう。原因がはっきり思い浮かべばよいのですが、とにかく仕事が全て嫌というような場合もあるかもしれません。特に今の仕事がとにかく嫌だと感じている場合はそのまま仕事を続けるべきなのかも考えたほうが良い場合があります。

ちょっとした気持ちの持ち様なのか考える

仕事が嫌だと感じていることが、ちょっとした気持ちの持ち方次第で全然変わってくるものなのか、それとも違いうのかについても考えてみましょう。週末にゆっくり休んだり、何か仕事で楽しいことを思い浮かべたりするくらいで解消するならば気持ちの持ち様かもしれません。しかし、どう考えても嫌な気持ちが良くならない場合もあります。

どうなったら良くなるのか考える

日曜の夜に仕事が嫌だと思う理由は様々ですが、嫌だと思う理由が良くなる見込みがあるのかどうか考えることが大切です。人間関係なのか、仕事の内容なのか、職場環境なのかによっても変わりますが、時間が経てば自然と改善すること、努力することで改善すること、異動することで改善することなど良くなる可能性があることについて考えてみましょう。

良くなる可能性が考え付いて、その時まで自分が我慢できると受け入れられるなら良いかもしれません。しかし、良くなる可能性がない、良くなるまで時間がかかりそうでその時まで嫌な気持ちを抱え込めないという時は、そのままの仕事でよいのかどうかも考えてみるタイミングなのかもしれません。

心を病むくらいなら仕事を変えるのも選択肢

仕事が嫌になってしまって、日常生活全般が暗く沈んだような感じになってしまうのであれば、何らかの根本的な対策を打たないと人生をつまらなくしてしまう可能性があります。

どうしても今の職場では合わないという場合には、転職をするという方法があります。また、心の病ならばお医者さん相談するという方法があります。

ただ抱え込んで我慢し続けると状況が悪化してしまうことがあるので気を付けましょう。

まとめ

  • 日曜の夜に月曜からの仕事が嫌だと感じていてそれが続く場合は、仕事を続けていいのかどうか、心の病になっていないかどうか自分で見つめ直してみることが大切です。
  • そのままにしておいても状況が良くならないこともあります。抱え込んでいると悪くなってしまうこともあるので、我慢し続けない方が良いこともあります。

スポンサーリンク

【日曜夜に仕事が嫌だと思うなら早めに対策をの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ