生活に役立つお金の情報です。

大企業で働くことのメリット

記事作成日:2015年9月8日

大企業で働くことのメリットについてです。大企業で働くことのメリットはいろいろありますが、最も重要なのが賃金水準が高いということです。やはり働くことを考える上で収入は重要な要素になります。また、人間関係が濃くなりすぎないよう、こじれたりしないようにたくさんの異動先があるということは重要です。

スポンサーリンク

大企業で働くことのメリット

大企業で働くことのメリットはいろいろありますが、最も重要なのが賃金水準が高いということです。

知名度があり世間体が良い

世間体は明確に意識していないと思う人も多いかもしれませんが、人間関係で勤めている会社の知名度は重要な影響を与える場合があります。仕事上の付き合いでは信用度があるということはもちろんですが、仕事ではないプライベートの人間付き合いでも影響を与える場合があります。もちろん、気分的なものが大きいですし、人間付き合いは勤めている会社の名前で決まるわけでもないですが、メリットの1つと言えることは確かです。

知名度が高く世間体が良いということは、それだけで自分の自信や満足につながったりするような場合もあります。自分では意識しているつもりはなくても、無意識のうちに精神的にプラスの影響を与えている場合も多いです。

信用力がある

お金を借りる際の信用力という点では大企業は大きなメリットがあります。大企業に勤めていると住宅ローンや自動車ローンなどを借りる際に有利に働くことが多いようです。住宅ローンなどの審査の場合には収入の安定性を見るためにどのような企業に勤めているかが審査対象となりますが大企業は高く評価されるためです。また、家や駐車場を借りる場合の信用力という面でも有利に働く場合があるようです。

雇用が安定している

大企業でもリストラをしたり、倒産したりすることはあるため、絶対ということではありませんが、中小企業と比べると雇用が安定していることが多いと考えられます。大企業の方が経営の安定度がありますし、リストラを行う場合でも希望退職の募集があったり、再就職支援があったりするため中小企業の場合よりは条件が良い場合があります。

規模が大きい仕事に関われる

大企業で働くことのメリットとして大きな仕事に関われる可能性があるということがあります。どうしても中小企業では関わりづらいような仕事でも大企業だと関わることができる場合があります。海外展開に関しても中小企業よりは大企業の方が規模の面から資金や人材の面から進めやすいということがあります。

ブランド力がある

物やサービスを販売する時に、2つの商品があって性能や価格がほとんど同じ場合、1つは有名企業、もう1つは無名の企業の商品であった場合、多く売れるのは有名企業の商品です。これは企業にブランド力があるからです。仕事を進める場合でもブランド力を武器に進めていきやすい部分があります。

給料水準が高い

一般的に大企業は中小企業よりも給与水準が高くなっています。また、退職金や年金制度が充実している場合があります。働く理由として生活のため稼ぐ必要があるということが多く挙げられますが、金銭面でメリットが大きいということは魅力的な部分です。

福利厚生が充実している

大企業は中小企業よりも福利厚生が充実しています。中小企業の場合は福利厚生がほとんどないような場合もあります。

例えば、健康保険組合がある場合には、健康保険料が安く抑えられたり、上乗せの給付があったりします。独自の厚生年金基金など企業年金制度も福利厚生の1つといえます。また、各種補助金の支給、福利厚生会社のサービスの利用などがあります。

病気やけがで出社できなくなった時に会社独自の保障制度がある場合があるほか、災害時などに資金援助をしてくれるような場合もあります。また、死亡退職の場合に金銭的な支援をするような場合もあります。

マニュアルやルールが整備されている

大企業であれば通常は社内のルールやマニュアルが整備されていることが多いです。決められた通りにしなければならないという部分がありますが、判断に迷うようなことが少なくなったり、仕事のやり方がすぐに分かったりするなどメリットがあります。仕事のやり方も習得しやすくなっています。

人材育成や教育の制度がある

大企業では毎年数多くの新入社員が入社するため、人材育成の制度が整えられています。社内や社外での集合研修のほか、実地研修、先輩社員によるOJTなどが制度化されているため勝手に見て覚えるとか、面倒見がいい先輩がいた時だけ教えてもらえるというようなことがありません。教育面で充実しているという意味では社会人に成りたての20代の成長環境が整っているということになります。

病気やけがなどの際にカバーしてもらえる

大企業は社員数が多いため、何らかの理由で出社できない時でも他の社員がカバーしてくれます。自分がいなくても会社が回るようになっているわけです。そのため、病気やけがの時に無理して出社をもとめられる可能性が少ないということになります。

設備や備品が充実している

大企業の場合、資金面でゆとりがあるため、最新の器具や設備、備品、ソフトウエアなどを導入することができます。そのため、仕事を進めやすい場合があります。

転職で有利となりやすい

一般的に大企業から中小企業への転職は比較的多いと言われますが、中小企業から大企業への転職は少ないと言われています。決して転職できないわけではないのですが、大企業からの転職の方が選択肢が多いと考えられます。

法令遵守意識が強い

大企業の場合は、法令違反などがマスコミなどで取り上げられやすいため、法令遵守を意識しています。そのため、労働基準法なども最低限のことは守られていることが多く、サービス残業などは少ないと考えられています。

異動先がたくさんある

大企業では部署が多いため、社内での仕事の選択肢が広いということが特徴として挙げられます。また、人間関係でトラブルになっても異動先があることで深みにはまらなくて済む場合があります。

まとめ

  • 大企業で働くことのメリットはいろいろありますが、最も重要なのが賃金水準が高いということです。
  • また、人間関係がこじれたりしないためにたくさんの異動先があるということは重要です。

スポンサーリンク

【大企業で働くことのメリットの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ