生活に役立つお金の情報です。

仕事は収入源であり人生の長い時間を占める

記事作成日:2015年7月25日

仕事、働くことというのは現代社会に過ごす人間にとって重要な社会的な活動になります。受け継いだ財産があるといったような特殊な事情や専業主婦(主夫)になるなどがない限り、最も大きな収入源は働くことによる賃金か収益であって、さらに人生の起きている時間の多くを仕事に費やすことになるため、人生の幸福や満足の度合いを左右することになるからです。

スポンサーリンク

仕事は重要な収入源

収入を得る方法には働くこと以外にも資産運用をしたり、親などから財産を受け継いだりという方法がありますが、資産運用によって生活を支えるほどの収入を得るためには多額の運用資金が通常必要ですし、財産を受け継ぐだけで生活できる人はまれです。

また、専業主婦(主夫)はみずからは家事や育児をしていても配偶者が何らかの収入を得ることになります。現代社会では、通常は働くことで収入を得なければ生活ができません。

働き方次第で収入は変化

本人の能力以前の問題で、働く業種や地域、会社規模、雇用形態などによって収入は大きく変化します。

業種によって平均的な賃金は大きく異なっているので、選ぶ業種だけで生涯賃金が数千万円、1億円といったレベルで変わってくる場合さえあります。そもそも将来に無くなってしまうような仕事を選んでしまうと苦労する可能性が高いです。

働く地域によって賃金の水準や仕事の見つけやすさが大きく違います。大都市ほど雇用は多く、賃金も高い傾向があります。

企業の規模によっても給料の水準は大きく変わってきます。規模が大きいほど賃金水準は高い傾向にあります。

いわゆる正社員として働くか、派遣労働者など非正規社員として働くかによって、給料水準や労働条件は大きく違います。

仕事での努力や成果も稼ぎに影響しますが、働き方によっても大きく変わってくるので仕事選びは慎重にしなければなりません。

稼ぎは多いほどいい

収入、稼ぎは多ければ多いほどいいです。収入が多くなると通常支出も増えやすくなりますが、うまくコントロールできれば人生で使えるお金が増えて、より自分の希望に沿った生活ができる可能性が高まります。

お金があるだけでは幸せになれるとは限りませんが、お金があると人生の選択肢を広げることができます。

仕事は人生の時間のうち長い時間を占める

ほとんどの人にとって人生の時間のうち仕事は長い時間を占めることになります。教育機関を卒業して新社会人となってから定年などで退職するまでの期間働くことになるため、仕事は人生にとって重要な要素になります。

仕事が楽しいかどうか、ストレスを多く感じるかどうか、人づきあいが良好かどうかなどによって人生の充実度は大きく変わってきます。自分に合ってない仕事や職場を選んでしまうと、長い時間を占める仕事を苦痛に満ちたものにしてしまう可能性があります。

まとめ

  • 多くの人の人生にとって仕事・働き方はとても重要です。
  • 仕事選びを間違ってしまうと生涯賃金や人生の充実度が下がってしまう可能性があります。

スポンサーリンク

【仕事は収入源であり人生の長い時間を占めるの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ