生活に役立つお金の情報です。

働く会社はライフプランを考えて決める

記事作成日:2015年7月28日

働き方や会社を選ぶ際に会社の知名度や規模、業種、年収、仕事内容、職場の雰囲気、労働時間などが基準になってきますが、長い目で見た場合のライフプランと照らし合わせて選ぼうとしている働き方や会社は適切なのかどうかということを考える人は案外少ないです。妊娠・出産・子育てに明らかに向ていないような職場もあるのです。

スポンサーリンク

結婚や出産には適した時期がある

出産

人間は年を取っていきます。そして人間の一生の中で結婚や出産・育児に適している時期があります。特に女性の出産については生物学的に妊娠しやすい時期、流産などの出産に関するトラブルが発生しづらい時期があります。

35歳以上で出産する場合には高齢出産と呼ばれ、一般的に年齢が高くなるほど、妊娠しづらくなる、流産や早産が発生しやすくなる、ダウン症の発生確率が高まる、母体の健康に影響が出る確率が高まることが知られています。

また、育児についても出産時の年齢が高齢となる場合に子供を育てていくときの体力的に不安を抱える場合もあるようです。

ただし、年齢を重ねることで、経済的にはゆとりがある、人生経験を重ねていて精神的に落ち着きが出てくるなどの点が子育てにプラスに影響する場合があります。

子供を望んでいるのか、何人位望んでいるのか、いつ頃望んでいるのかなどを考える必要があります。また、出産や育児後に復職したいと考えている場合には、出産や育児に理解がある会社なのかや育児休暇が取れるような会社なのかについても良く調べておく必要があります。

結婚

結婚についても、年齢は大きく影響します。現実的な問題として、一般的に若い時と年齢が高くなった時では結婚対象となり得る人が違ってきますし、早くから結婚相手を探している方が選択肢の可能性は広がります。

また、早くから結婚について考えて、結婚のパートナーを探すことを強く意識して活動していれば結婚相手を探す期間を多く取れることになります。

結婚のパートナーを探す期間が長くなるほどパートナーに巡り合える確率は高まりますし、選択肢が広がるほど自分に合ったパートナーを見つけられる可能性が高まります。

早く結婚すれば良いというものでもありませんが、人生の中でどのように位置づけ、結婚を希望するのかしないのか、いつ頃結婚したいのかなどについて考えておくことは大切です。また、結婚の時期は出産の時期にも影響します。

結婚をしたから寿退社、というようなことは近年ではあまりないと思いますが、例外的に会社の文化として結婚すると働きづらいなど特殊な状況がないか考慮しなければならない場合もあります。

ワークライフバランスとの兼ね合い

仕事と普段の生活の関係性は人によって様々です。完全に仕事とプライベートが一体化している人もいますし、分離している人もいます。生き方や働き方は人それぞれだと思いますので、どちらが良いという問題ではないと思いますが、少なくとも自分の希望をはっきりさせておき、希望が叶うような環境に自分を置くことが大切です。

子育てに時間を取りたい、残業は少ない方がいいといったような希望がある場合には、労働環境が希望に近い会社あるいは働き方を選ばなければなりません。

会社での責任が重くなり、重要な役職に就いた場合、会社にいる時間が長くなってしまう場合があります。本来はそもそも時間内に仕事が終わるように業務が設計されているべきですし、一定の立場の人(重要な役職の人あるいは逆に若手)は遅くまで働かなければいけないといったような風土にも問題がありますが、現実問題として出世についてどう考えるかという問題もあります。残業時間が長いことを評価する会社は少なくなってきていますが、依然として根強く残っています。

働き方や会社を選ぶときはライフプランも考えて

就職をする時や転職をする時、起業や独立をする時など、働き方や会社を選ぶような時には、自分のライフプランについても考えてみることがとても大切です。これは女性に限らず、男性にとっても重要な問題です。

結婚をしたいのか、子供が欲しいのか、いつ頃結婚したり子供を産むのか、仕事と生活の関係をどう考えるかなどを考えてから、働き方や会社を選ばないと、人生で望むことができず、時間がどんどん過ぎ去っていくことになりかねません。

まとめ

  • 就職や転職、起業・独立などの働き方や会社を選ぶような時には、自分のライフプランについても考えましょう。
  • 結婚や出産、仕事とプライベートの関係など自分の人生設計と働き方や会社が合っているか慎重に検討しましょう。

スポンサーリンク

【働く会社はライフプランを考えて決めるの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ