生活に役立つお金の情報です。

人生を変えたいなら普段話さない人と話す

記事作成日:2016年2月11日

社会人になると人間関係が職場中心になりますが、職場の人としか話さないようになると、今までの自分の考えを大きく変えるような刺激を受けることは難しいです。人生を変えたいと思うのであれば普段話さないような人と話して刺激を受けることが大切です。人生を変えるなら、今までと何かを変えなければいけないのです。

スポンサーリンク

職場の同僚と愚痴を言い合っても世界は開けない

社会人は職場の人間関係が中心に

社会人をしているとどうしても、多忙のため社内での人間関係が中心となってしまいがちです。法令順守の観点などを背景に制約が厳しい職場では、仕事上知り合った人とはプライベートで交流を持たないように求められる場合さえあります。職場の同僚のことを知って、仲良くなること自体は悪い事ではありません。仕事を円滑にする目安くなりますし、職場での居心地も良くなる場合が多いです。

職場の人と話しても新しい世界は開けない

しかし、職場の人と食事や飲みに行っても、今までの自分の考えを大きく変えるような有益な刺激を受ける可能性は小さいと考えられます。同じ職場の風土、考えの中で生きている人たちなので、自分の枠を打ち破るような話ではなく、自分の今の枠の中の話が中心になります。居心地の良さを覚えることはあっても、新しい世界を開くことはできないのです。

同僚に愚痴を言うのはガス抜きになりますが

職場の同僚と今の仕事の愚痴を言い合うことは、ガス抜きとしてストレス解消につながり、現在の職場で働いていく上では大切なことかもしれませんが、それ以上の広がりがないのです。

同僚に限らず、先輩や後輩でも同じです。先輩の場合は現在の仕事で成功するための秘訣やノウハウは得られるかもしれませんが、今の会社で働く以上の何らかの刺激を受けることは難しいでしょう。

人生を変えたいなら普段話さない人と話す

人間は意識的にであっても、無意識的にであっても、周囲の人の影響を強く受けます。自分が関わり合いを持っている人の影響を自然のうちに受けています。職場の人としか人間関係がないような場合には、職場の考え方、雰囲気の影響を強く受けることになります。しかし、それでは人生が大きく変わるようなことはありません。

人生を変えたいと思うのであれば、普段自分が話さないような人と話して、違った考え方、物の見方に触れることが大切です。今までとは違った形で刺激を受けることは、自分が変わるきっかけになる可能性があります。

変われるチャンスに気づく

意外と世の中にはチャンスが転がっています。普段はなかなか話さないような人と話す機会は見つけようとすればそれなりにあります。しかし、目の間に新たな発想をするようなチャンスがあっても、気づけない場合があります。

新しい考え方に否定的な考えを持ってしまいがちになったり、現状が心地良いと思ってしまうあまり真剣に受け入れられなかったりするのです。人生を変えるためには変われるチャンスに気づくことが大切です。

まとめ

  • 職場の人としか話さないようになると、今までの自分の考えを大きく変えるような刺激を受けることは難しいです。
  • 現状を変えたいのであれば、普段話さないような人と話すことで良い刺激を受けることが大切です。

スポンサーリンク

【人生を変えたいなら普段話さない人と話すの記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ