生活に役立つお金の情報です。

一人でできる仕事とはどんな仕事?

記事作成日:2016年4月24日

一人でできる仕事に憧れたことがある人は多いと思います。会社勤めをしていると、人間関係が煩わしくなって組織で働きたくない、一人でできる仕事がしたいと感じてしまうことは多いと思います。組織やチームでの仕事が苦手という以外に、接客などで人と関わるのが苦手という場合があります。なるべく人と関わらないで済む仕事がしたいと思う人もいると思います。

スポンサーリンク

社会で生活するとある程度の人付き合いは避けられない

現代社会では人間は一人で生きていくということはなかなか難しいです。完全な自給自足で仙人みたいな暮らしをしない限り人付き合いをしないで済むということは難しいです。また、仕事は誰かに依頼をされてその対価として報酬をもらうので、必ずお客さんは存在します。そのため、社会で生活していくためにはある程度の人付き合いは避けられません。

なるべく一人で出来る仕事は?

それでも、できれば人間関係を最小限にして、なるべく1人でできる仕事をしてみたいという場合には次のような方法が考えられます。

  • 自分の組織を作って仕事をする
  • 組織に属さないで一人で仕事をする
  • 組織に属してもなるべく一人で仕事をする

自分の組織を作って仕事をする

一人でできる仕事がしたいのであれば、自分で組織を作るという方法があります。人付き合い全般が嫌いという訳ではなく、お客さんと話すのは平気でも、組織にして上司に指示をされたり、プレッシャーを受けたり、管理されたりするのが嫌という場合には、自分で組織を作って自分が代表になって仕事をするという方法があります。つまり、起業をするということですが、自分が会社や団体を設立し代表になって仕事をするのです。

株式会社を設立して代表取締役になったり、合同会社、合資会社、合名会社の持分会社を設立して代表社員になったり、一般社団法人や一般財団法人を設立して代表理事になったりするということが考えられます。

自分がトップの組織であれば、組織の運営に悩むやお客さんとの関係で苦労することはあっても、誰かに指示されるということはないので自分が思うように仕事を行うことができます。

組織に属さないで一人で仕事をする

一人でできる仕事には組織に属さないで一人でする仕事があります。人間付き合いが得意ではなく、会社や団体を設立するのは向いていないと感じる場合には、個人事業主になって一人で仕事をするということが考えられます。仕事内容によっては、フリーランスとも呼ばれるような働き方です。

在宅ワーク・内職

データ入力、文章入力、テープ起こし、ウェブサイトの作成、プログラミング、デザイン、設計・製図、DTP、翻訳、コンテンツ作成、調査などの在宅ワークやシール貼り、カット・加工・組立、縫製・仕立て、袋詰め・封入、検品、アクセサリーや模型などの製作、宛名・賞状書き、採点・添削、校正などの内職は自宅で1人で行う仕事なので、人との関わりが最小限になります。

ネットショップの運営

ネットショップの運営も人との関わりが最小限で抑えられる仕事の1つです。お客さんとのやりとりはメールや電話で済む場合が多いため直接顔を会わせる機会はかなり限られています。

自分が何かを生み出さなくても、他の人が作った商品を仕入れて販売することでもネットショップは成り立つため、必ずしも自分の商品を売らなければいけないということはありません。もちろんハンドメイド(手芸・工芸など)の技術があれば自分が製作した商品を販売するのも良いでしょう。

教室の運営

自分の得意な技能を活かして教室を運営することも1人で仕事をする方法の1つです。語学、音楽、スポーツ、趣味などの指導を行う教室・スクールを運営したり、子供向けの学習塾を運営したりすることが考えられます。必ずしも実際の教室で行う必要はなく、オンラインスクール、オンラインセミナーの形で行うことも可能です。

サロンの経営

エステサロンやネールサロン、マッサージサロンなど、お客さんに何かのサービスを提供する仕事も、接客が必要となりますが、1人でできる仕事です。ただし設備などへの投資が必要になります。

大家(不動産賃貸)

1人でできる仕事で安定感もあり、収入も期待できるのが大家業です。ただし、不動産を持っているか不動産を購入できるだけの資金が必要になります。もちろんアパートローンを借りて購入することもできますが、借り入れをした分、リスクが高くなります。

飲食店の経営

小規模な飲食店であれば、自分1人か家族、少人数のアルバイトで運営することも不可能ではありません。接客は必要ですが、自分が自由にしやすい仕事の1つです。

ライター・作家・評論家

記事のライター、作家や評論家も1人でできる仕事です。自分の書いたものを買い取ってもらうことができ、お金にすることができるのであれば、書くという作業は1人でできるため、人との関わりを最小限にすることができます。特定の分野で第一人者になれば、セミナー・講演活動でも収入を得ることができるようになります。

技術を活かしたサービス

自らが持っている技術を活かして仕事をすることもできます。いわゆるフリーランスと呼ばれるような生き方ですが、イラストやデザイン、ウェブサイトの製作、プログラミングなど自分が持っている技能を生かした仕事は1人でもできる仕事です。

組織に属してもなるべく一人で仕事をする

一人でできる仕事には、会社などの組織に属していても、仕事の時間はほとんど一人というものもあります。なるべく一人でできる仕事ということになります。

しかし、会社などに所属して1人でできる仕事となると単純作業的な仕事、マニュアルに沿ってする仕事が多くなってしまいます。複雑な仕事や臨機応変に対応しなければいけない仕事は人との関わりが増えたり、複数の人のチームで処理しなければいけないことが多いからです。

トラック運転手

人づきあいが苦手な人が、自由に仕事がしたいためトラックの運転手になるということは昔からよくありました。出発して目的地に到着するまで運転している間は1人になれるので、なるべく1人で仕事をしたいという人に向いています。ただし近年では過酷な労務環境が指摘されていて、危険度も増している仕事です。

タクシー運転手

タクシー運転手は個人で行う場合もありますが、会社に属して行う場合もあります。会社に属している場合でも、運転している間は自分のペースで仕事をすることができます。トラック運転手との違いは、荷物を運ぶかお客さんを運ぶかということです。お客さんを運ぶので接客があり、人付き合いが苦手という人はタクシーよりもトラックの方が良いかもしれません。

新聞配達員

新聞配達をしている間は1人で仕事ができます。ただし、新規の契約を取るため営業したり、集金したりするような仕事も含まれる場合はストレスがかかりやすい場合があります。

データ入力

データの入力作業、キーパンチャーと呼ばれるような仕事はひたすら入力する作業が中心となるので、人との関わりが少ない仕事になります。

清掃員

清掃員も基本的に1人で行う仕事になります。2人で1組になって作業を行う場合もありますが、1人で作業をすることも多いので、人との関わりが少ない仕事と言えます。

看板持ち

人が看板を持っている姿を見かけたことがあると思いますが、路上に看板を固定することができないので人が持っています。ただ持っているだけなので人と関わることはほとんどありません。ただ、退屈できついかもしれません。

警備・交通整理

警備や作業現場での交通整理も昔からある仕事で、人付き合いが苦手な人でもやりやすい仕事です。ある程度人と関わりますが、関わる人の範囲が狭く、トラブルが発生しない限りは、やりやすい仕事です。

工場での作業

工場での作業も人との関わり合いが少ない仕事です。ただし品質管理が厳しくなってきているため、上司からの指示が昔と比べると細かくなってきている場合があり、人付き合いのストレスを感じるような現場もあります。

便利屋・何でも屋

不用品の処分、ハウスクリーニング・掃除、片付け、草刈り・枝切り、襖などの張替、荷運びの手伝い、害虫駆除、介護、話し相手、エアコンの取付・取外し・クリーニング、家電の設置、出席の代行・順番取り、ペットの散歩、家事代行など便利屋・何でも屋は知識・スキルが必要ですが、1人でもできる仕事です。独立して行うこともできます。

まとめ

  • 一人でできる仕事をするためには、自分の組織を作って仕事をする、組織に属さないで一人で仕事をする、組織に属してもなるべく一人で仕事をするという方法があります。
  • 組織に属していても、なるべく一人で仕事をしようとすると単純作業的な仕事になってしまう可能性があります。

スポンサーリンク

【一人でできる仕事とはどんな仕事?の記事は終わりです】

「働く・副業|お金を稼ぐ」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ