生活に役立つお金の情報です。

投資機会を逃さないよういつでも動かせる余裕資金を準備する

記事作成日:2018年3月29日

大きな投資機会を逃さないためには、いつでも動かせるまとまった金額の余裕資金(投資資金、種銭)を準備しておくことが大切です。大きな利益が期待できる投資機会は常にあるわけではなく、限られたタイミングしかないからです。働くことで投資資金を稼いでおいて、いつくるか分からない大きな投資機会を逃さないように備えておくことが大切です。

スポンサーリンク

大きく儲かる投資機会はいつでもあるわけではない

投資効果が大きい投資案件は常にあるわけではありません。投資はタイミングがとても重要になります。大きく儲かり、かつ、確実性が高いような投資案件は常にあるわけではありません。1年に1回どころか、数年に1回の頻度でしか訪れないこともあります。

バブル、急騰、ブーム、などの名前がつくような大きな値上がりは常に起きているわけではないのです。もちろん広い世界をくまなく見れば高い頻度で見つけられるかもしれませんが、自分がアンテナを張れる範囲、受け取って読み解ける情報量には限りがあります。また、本当に儲かりそうなのか、確度はどのくらいなのかを検討する時間も必要です。

そのため、多くの人にとって大きく値上がりする投資案件に遭遇できる頻度はそれほど高くないのです。

今大きく儲かる案件があるかどうかだけに囚われない

投資をしようと思っても、たまたま投資をしようとした時点では優れた投資案件がないかもしれません。世界的に金融市場が揺れ動いていて、株が急落するような時期に当たってしまうかもしれません。市場には波があって、多くの人が儲かる時期もあれば、多くの人が損をする時期があります。

今、儲かる案件があるかどうかだけに囚われてしまうと、投資タイミングを誤ってしまって大きな損失を出してしまうことがあります。今ある儲かる案件を探すだけではなく、長い目で見て投資すべき良いタイミングはいつなのかを見計らうことも大切です。

投資を始めようとした時期はたまたま最良の時期であるかもしれないし、最悪の時期であるかもしれないのです。

いつでも動かせるまとまった余裕資金を準備しておく

投資のチャンスはいつ訪れるかわかりません。常に情報に敏感になって投資機会を逃さないようにするのはもちろんですが、投資機会を見つけたときに乗り遅れないように、いつでも動かせるようなまとまった余裕資金を準備しておくことが大切です。

余裕資金のすべてを現金や預金の形で保有するのではなくても、一部はすぐに換金することができる現金や預金以外の資産で保有していても構いません。チャンスが来た時に投資ができるようにしておくことが大切です。

せっかく投資の大きなチャンスだと思っても、投資するお金がなければ意味がありません。間違っても借金をして投資してはいけません。常日頃から働くことによって稼いでお金を貯めておいて、いつでも動かせる余裕資金、種銭を用意しておくことが大切なのです。

お金が貯まったら投資をしようという考え方ではなく、いつでも投資できるように投資で切るお金を貯めようという意識が重要です。

まとめ

  • 投資はタイミングが重要です。大きく儲かる投資機会はいつでもあるわけではありません。
  • いつでもまとまった金額が投資できるように働くことで稼いで余裕資金を準備しておくことが大切です。

スポンサーリンク

【投資機会を逃さないよういつでも動かせる余裕資金を準備するの記事は終わりです】

「資産運用|お金を増やす」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ