生活に役立つお金の情報です。

資産運用の前にしっかり稼ぎ支出を抑える

記事作成日:2015年7月26日

資産運用にはお金が必要です。資産運用に力を入れる前に、働いて稼ぐ、支出を抑えるということをやっておきましょう。親など親族から贈与や相続でお金を得たというような場合を除いて自分で元手を作らなければいけません。資産運用で稼ぐためにはその前提としてしっかりと勤労収入を得ていくことが大切になります。

スポンサーリンク

資産運用に力を入れる前にやるべきことがある

お金を増やすというと資産運用でお金に働いてもらうということになりますが、人間でも働く日数が少ない、短時間しか働かないというように少しの労働しか提供しないとあまり稼ぐことができません。単価が高い特殊な仕事をすれば少しの労働でも稼げますが、なかなかそううまくいくものでもありません。

資産運用でも同じで自分のために働いてくれるお金が少ない場合には、あまり稼げません。資産運用で家計を助けてくれるようなお金を稼げるようになるためには少なくとも数百万単位での資産運用が必要で出来れば1,000万円は欲しいところです。

自分のために働いてくれるお金をまずは作らないといけません。資産運用に力を入れる前にやるべき事があります。

まずは働くことでしっかりと稼ぐ

資産運用をするためには元手が必要です。親など親族から贈与や相続でお金を得たというような場合を除いて自分で元手を作らなければいけません。

人によってはいきなり起業をする場合もありますが、多くの人はまずは会社員として給料を得ることになります。そのため、しっかりと勤労収入を得ていくことが大切になります。

支出をしっかりと抑える

せっかく働いて稼いでもお金遣いが荒いとなかなかお金は貯まっていきません。そのため、働いてしっかり稼ぐだけではなく、働いたお金をしっかりと管理して、支出も抑えることが大切です。

必要なものにはお金を使うけれど、必要でない物にはお金を使わないというように上手にお金を使うことが大切です。また、家計管理の方法も身につけておくことが大切です。

特に人生の4大固定費となる住居費、自動車関係費、保険料、教育費は身の丈を超えて無理した支出をしてしまわないように気を付けましょう。また、普段の買い物でも必要以上の贅沢をしたり、生活水準を上げるようなことは避けましょう。

資産運用で稼いだお金は大切に

資産運用をして大きく稼ぐことができたとしても、遊びなどに散在してしまうようでは一時的な満足は得られても、人生のお金のやりくりに苦労するかもしれません。

もちろん、適度に遊ぶことは大切で、気晴らしは必要ですが限度もあります。そのためにも、お金を上手く使うということはとても大切です。資産運用で儲かったからと高額の住居や自動車を無計画に購入するというようなことは避けましょう。

資産運用で稼いだお金も大切にしましょう。稼いだお金も資産運用で増えてくれます。いわゆる複利効果というものです。

知識や経験を得るため少額での練習は必要

もちろん、資産運用・投資に関する知識や経験がないままいきなり1,000万円のお金を運用して大失敗してしまうとダメージが大きくなってしまいます。そのため、お金があまり貯まっていない時点でも資産運用を始めて知識や経験を身につける練習をしておくべきです。

しかし、投資資金が少ないうちにはあまり大きく稼ぐことは難しいです。FXなどでレバレッジをかけたり、信用取引を行ったりするなど、リスクが高い勝負をしないとなかなか高いリターンが得られないためです。過度な期待はしないようにして、多額の資産運用をする前のトレーニング期間だと考えましょう。

まとめ

  • 資産運用に力を入れる前にしっかり働いて稼ぎ、支出をしっかりと抑えましょう。
  • ただし、元手が少額でも、知識や経験を得るため資産運用に挑戦しましょう。

スポンサーリンク

【資産運用の前にしっかり稼ぎ支出を抑えるの記事は終わりです】

「資産運用|お金を増やす」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ