生活に役立つお金の情報です。

外国債券投資のメリットとデメリット・リスク

記事作成日:2017年10月16日

外国債券投資(外債)のメリットとデメリット・リスクについてです。外国債券投資のメリットとして、国内よりも海外の金利が高い傾向があるため、国内債券よりも利回りが高くなる可能性があるということが挙げられます。外国債券投資のデメリットとしては、為替リスクやデフォルトリスク、価格変動リスクがあることなどが挙げられます。

スポンサーリンク

外国債券投資のメリット

国内債券よりも高い利回りが期待できる

外国債券は国内債券よりも高い利回りが期待できる可能性があることが魅力です。中長期的な金利水準は経済成長率やインフレ率などに大きな影響を受けますが、少子高齢化で経済成長率が伸び悩むとみられる日本の金利よりも海外の金利の方が高くなりやすいと考えられます。そのため、国内債券よりも外国債券の方が高い利回りが期待できる可能性があります。

ただし、金融緩和を実施している国の場合には、日本よりも利回りが低いこともあるため注意が必要です。

デフォルトがなく満期まで保有すれば為替の影響を除いて利回りが確定している

外国債券は、発行体の破綻(デフォルト)がなく、満期まで保有することができれば、為替の影響を除き、購入時の最終利回りが購入通貨ベースでの利回りとなります。発行体が破綻しない限り、元本とクーポン(利息)が支払われるため、リターンが確保されることになります。

ただし、購入通貨ベースでプラスのリターンが出ていても、円換算した時に為替レートの関係でマイナスのリターンとなることがあります。

為替変動によってリターンが得られる場合がある

外国債券で為替ヘッジを行わない場合には、為替のリスクを負うことになります。ただし、為替変動は自分にとって不利な方向に動く場合もありますが、有利な方向に動く場合もあります。

為替ヘッジを行わない場合、途中で売却する場合、満期まで保有する場合ともに為替変動によってリターンが得られる場合があります。

債券価格上昇によってリターンが得られる場合がある

満期前に取引が行われる債券の価格は金利の変動に伴って変動します。市場の金利が上昇すると債券価格は下落しますが、金利が低下すると債券価格は上昇します。

金利が低下した場合には、満期まで保有しなくても、債券価格の上昇により途中で売却することによって高いリターンが得られる場合があります。

分散投資になる

投資資産を日本の株式や債券に限らず、海外の株式や債券に広げることによって分散投資を行うことができます。仮に日本の資産価格が上昇しない場合でも、外国株式や外国債券が上昇する場合があるからです。

日本国内だけで投資を行うよりも、海外の資産にも投資した方がリスクの分散につながります。

債券投資は相対的にリスクが低い

債券投資は株式投資と比較すると相対的に価格変動が小さく、リスクが相対的に低くなっています。これは国内債券と国内株式の間だけでなく、外国債券と外国株式の間でも同じです。

海外の資産に投資したいけれども、リスクはできるだけ抑えたいという場合には外国債券投資が向いている場合があります。

外国債券投資のデメリット・リスク

金利変化による価格変動リスクがある

満期保有を前提としない場合には、債券は市場金利の変化によって価格が変動することがあります。債券は金利が低下すると価格が上昇し、金利が上昇すると価格が下落します。

満期まで保有する場合には、市場金利の変化による債券価格の影響は受けないことになります。債券の発行体が約束していた額面の償還が行われるからです。

特に海外の米国や欧州など主要国で金融政策が引き締め方向に動く場合には、海外の金利が上昇する可能性があるため要注意です。

為替リスクがある

外国資産には、一般に為替ヘッジを行わない場合には為替リスクがあります。為替リスクとは、為替レートが変動することによって円換算した場合の資産価格が変動するリスクです。為替変動によって円換算のリターンにとってプラスになる場合も、マイナスになる場合もあります。

円換算する前の外国債券が良好なパフォーマンスであっても、円換算するとパフォーマンスが低下してしまう場合もあります。外国債券は国内債券と違って、為替差損・為替差益が発生する可能性があります。

デフォルトリスクがある

債券には一般的に、発行体が破綻してしまい元本の償還やクーポン(利子・利息)の支払いが行われなかったり、減額されたり、遅延したりするなど予定通り行われないデフォルトリスクがあります。

外国債券にもデフォルトリスクがあり、発行体が破綻した場合には、予定していた元本やクーポンの支払いを受けられない場合があります。言葉や情報の入手のしやすさなどの問題から、日本の発行体よりも、外国債券の発行体の方が実態を掴みづらい場合もあるため注意が必要です。

カントリーリスクがある

外国資産への投資においては、資産が存在している国・地域における固有・特有の政治的・経済的・社会的なリスクがあります。例えば、政情不安やインフレなどが挙げられますが、政治・経済・社会情勢が安定していない国の債券に投資する場合には、国の固有のリスクによって債券価格が大きく変動する可能性があります。

途中換金は時間がかかる場合や不利な価格となる場合がある

債券は株式の取引所のような流通市場が整備されていない場合があります。その場合には証券会社が相対取引で買い取ることで途中での換金が可能となりますが、買い取り金額が不利になってしまう場合があります。

また、市場で売却する場合には、売買が少ない流動性が低い債券の場合、希望する価格で売却できなかったり、買い手が見つかるまで時間がかかったりする場合があります。

まとめ

  • 外国債券投資のメリットには、国内債券投資よりも利回りが高くなる可能性があるということが挙げられます。
  • 外国債券投資のデメリットとしては、為替リスクやデフォルトリスク、価格変動リスクがあることなどが挙げられます。

スポンサーリンク

【外国債券投資のメリットとデメリット・リスクの記事は終わりです】

「資産運用|お金を増やす」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ