生活に役立つお金の情報です。

入札におけるテールとは・意味と使い方

記事作成日:2018年4月3日

国債などの競争入札における、平均落札価格と最低落札価格の価格差を意味し、テールが小さいほど需要が強く、テールが大きいほど需要が弱いとされます。テールが大きくなること、平均落札価格と最低落札価格の差が大きくなることをテールが流れると表現することがあります。

国債などの価格競争入札では、平均落札価格は実際の市場価格に近接することになりますが、買いの需要が少なく市場価格の近くで応札が少なくなるため、低い応札価格でも落札ができてしまうことから、平均落札価格と最低落札価格の差が開き、テールが大きくなるのです。

逆に買いの需要が多いと市場価格の近くで応札が多くなるため、平均落札価格と最低落札価格の差が縮まり、テールが小さくなります。

テール(Tail)は日本の国債入札だけではなく、海外の国債(債券)の入札でも同様の概念が用いられることがあります。

スポンサーリンク

テールの計算例

日本の財務省の国債入札を例にすると入札結果で「募入最低価格:100円37銭、募入最高利回り:0.062%」、「募入平均価格:100円38銭、募入平均利回り:0.061%」という情報が記載されていたとします。ここで募入最低価格とは最低落札価格を意味し、募入平均価格とは平均落札価格を意味するため、この場合、テールは100円38銭-100円37銭=1銭となります。

なお、債券では価格と利回りが逆の関係になるため、同一の時点で同じ債券であれば、価格が高くなるということは利回りは低くなり、価格が低くなるということは利回りは高くなります。そのため、最低落札価格に対応するのは最高落札利回り(=募入最高利回り)となります。募入平均利回りは平均落札利回りを意味します。

理論的には最高落札利回りと平均落札利回りの大小も入札結果の需要の強さを示しますが、テールとして価格差が慣例的に良く用いられます。

テールは0の場合もある

テールは0銭(0円)となる場合もあります。最も高い応札価格に応札が集中すれば、その価格だけで入札予定額を超過することになるため、平均落札価格=最低落札価格となることがあります。その場合、平均落札価格-最低落札価格=0銭(0円)となって、テールが0銭(0円)という事態があり得るのです。実際にテールが0銭(0円)ということはたまに見られます。

まとめ

  • 国債などの価格競争入札においては、平均落札価格と最低落札価格の差をテールといいます。
  • テールが小さいほど需要が強い結果であり、テールが大きいほど需要が弱い結果であるとされています。

スポンサーリンク

【入札におけるテールとは・意味と使い方の記事は終わりです】

「資産運用|お金を増やす」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ