生活に役立つお金の情報です。

アナリストとは・アナリストの意味と業務内容

記事作成日:2018年5月4日

アナリスト(Analyst)、特に企業アナリスト、証券アナリストと呼ばれるような資産運用に関するアナリストとは、企業に関する情報の収集、経営者などに対するインタビュー、企業の成長性の分析、業績予測などの企業業績に関する調査・分析・予測業務を行う専門家を通常意味します。アナリストという言葉には、一般的にも用いられていて分析者というような意味がありますが、分析対象を付けて「○○アナリスト」とすることで「○○」の特定分野の分析者という意味を持つ場合があります。

スポンサーリンク

アナリストの調査・分析の対象

企業アナリストは、企業業績(ミクロ)の調査・分析・予測を行います。また、企業に関連する産業について(セミマクロ)の調査・分析・予測を行う場合があります。アナリストは経済全般の調査・分析は基本的に行いませんが、企業分析に必要な範囲で行う場合もあります。

アナリストの仕事・業務

アナリストは、証券会社、運用会社(投資信託などの運用会社、アセットマネジメント等の名称)、銀行(日本の場合には信託銀行も含む)、などに在籍して、企業業績などの調査・分析・予測業務を行います。

証券会社の場合には社外の機関投資家などに対する企業価値の情報提供を行い、運用会社の場合には社内のファンドマネージャーに対して企業価値の情報提供を行います。銀行の場合には、融資などの参考とされる場合があります。

セルサイドのアナリストとは

セルサイドのアナリストとは、株式や債券などの金融商品の販売側、証券会社などに所属するアナリストです。セルサイドのアナリストは、機関投資家(バイサイド)や個人投資家に情報提供を行い、情報提供の見返りとして投資家から自社への取引注文の増加による手数料収入の拡大を狙う業務を行っています。

セルサイドのアナリストは、所属する組織外の投資家に対して情報提供を行うため目立ちやすい仕事で、ランキングによって順位付けをされることもあります。

バイサイドのアナリストとは

バイサイドのアナリストとは、株式や債券などを運用するために購入する側、運用会社などの機関投資家に所属するアナリストです。バイサイドのアナリストは、所属する組織内のファンドを運用するファンドマネージャー向けに企業価値や株価に関する情報提供を行い、ファンドマネージャーの銘柄選定や投資タイミングの判断に貢献する業務を行っています。

バイサイドのアナリストは、セルサイドのアナリストと比較すると、社内向けに情報提供を行うことから目立ちにくいですが、ファンドの運用成績を左右する重要な役割を担っています。

クレジットアナリストとは

クレジットアナリストとは債券を発行する政府や企業などの信用力、債務返済能力について調査・分析を行う専門家を意味します。国債、政府機関債、社債など債券の価値の調査・分析を行います。債券アナリストと呼ばれることもあります。また、クレジットアナリストは格付調査機関で企業の債務の履行能力を調査する業務に行うこともあります。

ファンドアナリストとは

ファンドアナリストとは、ファンド、主に投資信託に対する調査・分析を行う専門家で、投資家がファンドを選ぶ際の判断材料を提供することを目的としています。

株式や債券には多数の銘柄がありますが、投資信託などのファンドも多数組成されていることから、株式や債券のアナリスト業務だけでなく、ファンドのアナリストの業務もあるのです。

アナリストの資格

アナリストに関する資格として国内外の証券アナリストに関する資格があります。資格を持っていないと業務が行えないわけではありませんが、所属組織のアナリストの大半が資格保有者の場合、資格を有していないと肩身が狭い思いをする可能性があります。また、専門家とはみなされない場合があります。

アナリストに必要な能力

産業や企業の動向に関する専門知識と、企業分析のスキルが求められます。また、アナリストは企業の経営者などに対してインタビューを行うことで情報を得る場合があるため、コミュニーション能力も重要となります。

アナリストの位置づけ

アナリストは金融業界においては、ファンドを運用するファンドマネージャー、経済の調査・分析を行うエコノミスト、投資環境の調査・分析を行うストラテジストと並んで、人気が高い仕事であると言えます。アナリストとして経験を積んだのちにファンドマネージャーとして投資判断を行うようになるというキャリアパスもあります。

まとめ

  • 資産運用・投資におけるアナリストとは、企業業績の調査・分析・予測を行う専門家です。
  • セルサイドのアナリストは社外の投資家に情報提供を行うことで取引注文増加による手数料収入を狙うのに対して、バイサイドのアナリストは社内のファンドマネージャーに情報提供を行うことで運用するファンドのパフォーマンス改善を狙います。

スポンサーリンク

【アナリストとは・アナリストの意味と業務内容の記事は終わりです】

「資産運用|お金を増やす」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ