生活に役立つお金の知識と情報です。

カウンターパーティーリスクとは

記事作成日:2017年8月8日
最終更新日:2021年6月29日

カウンターパーティーリスクとは

カウンターパーティーリスクとは、デリバティブ取引などの金融取引の際に取引相手側の問題によって取引の契約が履行されないリスクのことをいいます。金融取引の契約が不履行となる理由としては、取引相手の事務のミスや経営破綻などがあります。決済が完結しないリスクなので、決済リスクの一種と言えます。また、信用リスクの一種でもあります。

売り手と買い手が取引所を介して取引を行う取引所取引では基本的に問題にならず、売り手と買い手が相対で取引を行う店頭取引などの相対取引において問題になります。カウンターパーティー(counterparty)は、相手方という意味です。なお、カウンターパーティリスクと表記されることもあります。

通常の資産運用の取引ではカウンターパーティーリスクを意識する場面は少ないかもしれませんが、近年では仮想通貨(暗号資産)取引を巡ってカウンターパーティーリスクが問題となることがあります。

スポンサーリンク

カウンターパーティーリスクが問題となる場合

カウンターパーティーリスクが問題となるような場合についてです。

相対取引で問題となる

カウンターパーティーリスクは取引相手の事情によって引き起こされますが、店頭取引などの買い手と売り手が取引所を介さないで取引する相対取引で問題となります。

取引所取引でカウンターパーティーリスクは問題となりづらい

基本的にカウンターパーティーリスクは取引所での取引では問題となりません。取引所が介在していて取引の履行を保護するような制度が整えられていること、取引が完結するまでの期間が短いことなどが理由です。

取引所に問題がある場合は例外的に警戒が必要

ただし、例外的に取引所自体に問題がある場合には、取引所が取引に介在していても取引の履行に問題が生じる可能性があります。また、取引所自体が原因で取引が完結しない可能性もあります。仮想通貨ビットコインの例では取引所の問題で仮想通貨を失ってしまう事件が過去に起きています。

履行までの期間が長い取引で問題に

取引を開始してから取引が完結するまで(履行されるまで)の期間が長い取引においてカウンターパーティーリスクは特に重要になります。

経営状況が悪い取引相手で警戒が必要になる

カウンターパーティーリスクは取引相手の経営状況が悪いと顕在化する可能性が高まります。取引が完結するまでの間に破綻してしまう可能性があるからです。

個人で関係があるのは金融機関との取引

個人が関係する取引では、個人と金融機関との取引が主に問題となります。取引か完結する前に、金融機関が破綻するなどしてしまうと取引が完結せず、損失を出してしまうことがあります。

カウンターパーティーリスクを抑制する方法

カウンターパーティーリスクによる損失を抑制するための対応方法です。

取引相手の調査を行う

カウンターパーティーリスクを回避するためには、取引相手の信用力調査を良く行うことが大切です。取引を行っても大丈夫ない相手のか、過去のトラブル事例や経営状況を確認することが重要です。

取引を集中させない

十分な調査を行ってもカウンターパーティーリスクを完全に無くすことはできない場合があります。そのため、特定の相手に取引を集中させず分散させることで、取引全てが履行されないリスクを軽減することができます。

まとめ

  • カウンターパーティーリスクとは、デリバティブなどの金融取引において相手方の問題によって取引が履行されないリスクのことをいいます。
  • カウンターパーティーリスクは、買い手と売り手の相対取引で問題となり、履行までの期間が長くなるほどリスクが高まります。

スポンサーリンク

【カウンターパーティーリスクとはの記事は終わりです】

「資産運用|お金を増やす」のページに戻る



SNSでシェア・ブックマーク・後で読む

Twitter Facebook LINE はてな Pocket
最近よく読まれているページ
家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ