生活に役立つお金の情報です。

金利変動リスクとは

記事作成日:2017年8月8日

金利変動リスクとは、金利の変動によって、預金や債券など投資対象の価格が変動したり、住宅ローンなどの借入金(負債)の返済利息が変動したりするリスクのことをいいます。金利は各国の中央銀行の金融政策、経済成長率、物価上昇率(インフレ率)、財政状況などの影響を受けて変動しますが、金利が変動することで様々な場面に影響を及ぼします。

スポンサーリンク

金利変動リスクがある資産・負債

直接的な影響があるもの

直接的に金利変動リスクがあるものが、債券、変動金利によるその他の資産(預金、貸付金など)や変動金利による負債(住宅ローン、フリーローンなど)です。

債券価格は金利が変動することによって変化します。金利が上昇すると債券価格は下落し、金利が低下すると債券価格は上昇します。変動金利による預金や貸付金などの資産(債権)は金利が上昇すると受け取る利子・利息が増加し、金利が低下すると利子・利息が減少します。一部の個人向け国債にみられる変動利付国債も金利変動リスクがあります。

変動金利による住宅ローンやフリーローンなどの負債(債務)は金利が上昇すると返済する利子・利息が増加するため、資産の減少につながります。逆に金利が低下すると返済する利子・利息が減少するため、資産の減少が抑制されます。

また、債券を組み入れている投資信託も組み入れ債券の金利変動リスクの影響を受けます。

間接的な影響があるもの

金利変動は経済に大きな影響を及ぼすため、間接的に金利変動による価格変化のリスクが内在する資産があります。

REIT

典型的なものが不動産投資(実物不動産・REIT(不動産投資信託))ですが、実物不動産投資やREITでは不動産の購入の際に融資を受けることがあるため、金利が上昇し、資金調達コストが上がると収益に影響があります。

REITを例にすると、金利が上昇する局面では価格が下落する可能性があり、金利が低下する局面では価格が上昇する可能性があります。

株式

株式投資においても金利変動リスクがあります。一般的に金利が低下すると企業の収益環境改善につながる可能性があるため株価の上昇要因となりやすい傾向があります。逆に金利が上昇すると企業の収益環境悪化につながる可能性があるため株価の下落要因となりやすい傾向があります。

ただし、銀行などの金融株にとっては、金利上昇により貸出金利が上昇し利ざや(貸出金利と調達金利の差)確保による収益改善が期待されるため、株価上昇に結び付くことがあります。

為替レート

為替レートも金利の影響を大きく受けます。ある国の金利が上昇すると、投資資金の流入による通貨上昇を招くことがあります。逆に金利が低下すると通貨下落を招くことがあります。

変動金利と固定金利を使い分けると金利変動リスクを軽減できる

変動金利による資産(債権:預金・貸付金など)や負債(債務:住宅ローンなど)は金利変動のリスクがあります。利子・利息の支払いを変動金利ではなく、固定金利の利子・利息の支払いにすることで預金や貸付け(融資)、利子・利息は固定された金額になります。変動金利と固定金利を使い分けることで、金利変動リスクを軽減できる場合があります。

具体的には、金利が上昇する局面では変動金利であれば貸し手が有利(受け取る利子・利息が増えるため)で、借り手が不利(支払う利子・利息が増えるため)になります。

逆に金利が低下する局面では変動金利であれば借り手が有利(支払う利子・利息が減るため)で、貸し手が不利(受け取る利子・利息が減るため)になります。

変動金利と固定金利の有利・不利の関係

変動金利と固定金利の有利・不利の関係
金利の動き貸し手借り手
金利上昇変動金利が有利
(固定金利が不利)
固定金利が有利
(変動金利が不利)
金利低下固定金利が有利
(変動金利が不利)
変動金利が有利
(固定金利が不利)

(出典)fromportal.comの担当者が作成

なお、変動金利の利息の流れ(キャッシュフロー)と固定金利の利息の流れ(キャッシュフロー)を交換する金利スワップという金融手法もあります。

まとめ

  • 金利変動リスクとは、金利の変動によって投資対象の資産価格が変動するリスク、貸付金や借入金(負債)の返済利息が変動するリスクのことをいいます。
  • 直接的に金利変動リスクがあるものが、債券、変動金利によるその他の資産(預金、貸付金など)や変動金利による負債(住宅ローン、フリーローンなど)ですが、株式やREITなどにも間接的に金利変動による価格変動リスクがあります。

スポンサーリンク

【金利変動リスクとはの記事は終わりです】

「資産運用|お金を増やす」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ