生活に役立つお金の情報です。

利益確定売りとは・利益確定売り(利食い)のタイミングと目安

記事作成日:2017年9月21日

利益確定売りとは何かについてです。利益確定売りとは、投資・資産運用で用いられる言葉で、保有している資産の価格が購入価格よりも値上がりしていて、売却すれば利益が発生する時に、資産を売って利益を確定させることです。資産価格が値上がりしていても、含み益のまま実現していないと相場の流れが変わって一転含み損になってしまうこともあるため、利益確定売りのタイミング・目安が重要になります。

スポンサーリンク

利益確定売りとは

利益確定売りとは、保有している株式・債券・通貨などの資産の価格が購入価格よりも値上がりしていて売却すれば利益が発生する含み益を抱えている状態の時に、資産を売って利益を実現し確定させることです。利益確定売りは、利食い、利食い売りとも呼ばれます。

相場動向を示すニュース記事などでも、「利益確定売りが相次いだため、株価は値下がりしました」といったように使われます。

利益は確定するまで本当に利益になるか分からない

利益は含み益のままでは最終的に利益になるかどうかは分かりません。相場の流れが変わってしまえば、含み益が含み損に変わってしまう可能性があるからです。そのため利益確定売りは重要なのです。

利益確定売りのタイミング・目安の考え方

含み益は利益確定売りで確定させないと利益になるか分かりませんが、利益確定売りを急ぎ過ぎても投資で稼ぐことはできません。

「損切りは遅く、利益確定売りは早く」では儲からない

投資の巧拙を分ける重要な要素に利益を確定するタイミングが挙げられます。投資で成果を上げられない行動パターンに「損切りは遅く、利益確定売りは早く」というものがあります。

損を切らなければいけない時ほど我慢し続けてしまって損失を広げ、待っていればもっと利益が得られたのにすぐに売ってしまって利益が少なくなってしまう、よくない投資行動です。

含み益を抱えると売り急いでしまう

保有している資産の価格が上がると、我慢できなくなってすぐに売ってしまうような場合には、投資の読みが当たっていても、大きく利益を上げることができません。

保有している資産の価格が上がると、すぐに値下がりして利益が吹き飛んでしまうのではないか、欲を出さずにすぐに売ってしまおう、といったように我慢が出来なくなってしまうことがあります。

もちろん、心配通り再び値下がりして含み益が消えてしまうこともあるのですが、息の長い上昇相場であったにもかかわらずすぐに売ってしまって、もっと利益が得られたのに逃してしまうこともあります。

売る時は焦らず、時には我慢も必要

欲張り過ぎてしまうと売るタイミングを逃してしまいますが、焦ってすぐに利益を確定しようとするのも上手ではありません。

相場に多少の変動は付き物なので、相場の多少の上下の変動に動じないようにして狙った利益が得られるまで売りを我慢できるようになることも投資で稼ぐためにはとても重要です。

欲張り過ぎても失敗しやすい

もっと値上がりするだろうと考えて、利益確定売りを引き延ばし過ぎるのも失敗しやすい投資行動です。

相場の格言に「頭と尻尾はくれてやれ」というものがありますが、最安値で買って最高値で売るというのは現実には難しく、ある程度の妥協は必要になります。もうそろそろいいかなと思ったら、欲張り過ぎずに利益を確定させることも大切です。

「損切りは早く、利益確定売りは焦らず」がちょうどいい

「損切りは早く、利益確定売りは焦らず」くらいがちょうどよい投資行動なのです。利益確定売りを焦らず、ちょうど良いタイミングで行うためには、どのくらいの利益がでたら売却をするつもりなのかイメージを持っておくことが役に立ちます。

投資行動は臨機応変、柔軟に行うことが大切なのはもちろんなのですが、このくらいの利益がでたら売却しようという目安を持っておくことで焦って早く売り過ぎてしまうことを防ぐことができます。ただし、読みが外れた時は損切りの判断を迅速に下さなければいけません。

全部ではなく一部を売却するのもあり

どうしても含み益を失ってしまうのが嫌だという時は、含み益を抱えた資産の全部ではなく、一部を売って様子を見ることも有効です。相場の先行きに自信が持てない時も同様です。

一部を売却することで利益を確定しておけば、残った部分はある程度ゆとりを持って売買できるからです。売却タイミングをずらすということですが、時間分散の考え方になります。

まとめ

  • 利益確定売りとは、保有している株式・債券・通貨などの資産の価格が購入価格よりも値上がりしていて売却すれば利益が発生する含み益を抱えている状態の時に、資産を売って利益を実現し確定させることです。
  • 「損切りは早く、利益確定売りは焦らず」くらいがちょうどよい投資行動です。

スポンサーリンク

【利益確定売りとは・利益確定売り(利食い)のタイミングと目安の記事は終わりです】

「資産運用|お金を増やす」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ