生活に役立つお金の情報です。

エコノミスト・アナリスト・ストラテジスト・ファンドマネージャーの違い

記事作成日:2018年5月4日

エコノミスト・アナリスト・ストラテジスト・ファンドマネージャーの違いについてです。金融業界において、エコノミスト、アナリスト、ストラテジスト、ファンドマネージャーという名の役職があります。これらの役職の大きな違いはエコノミスト、アナリスト、ストラテジストは調査業務(リサーチ業務)、ファンドマネージャーは運用業務を担当するということです。

スポンサーリンク

エコノミストの業務

エコノミストは経済の調査・分析・予測を行う専門家です。エコノミストによる経済の分析・予測は、経済・金融政策の立案、ファンドマネージャーの運用業務、企業経営などに役立てられています。必ずしも資産運用や投資のためだけにエコノミストが存在しているわけではありません。

ストラテジストの業務

ストラテジストは金融市場や投資環境の調査・分析・予測、投資戦略や資産配分案の立案・提案を行う専門家です。ストラテジストの投資環境の分析・予測及び投資戦略・資産配分案は、ファンドマネージャーの運用業務に役立てられています。

アナリストの業務

アナリストは企業業績や個別銘柄の株価に関して調査・分析・予測を行う専門家です。アナリストの分析や予測はファンドマネージャーの運用業務に役立てられるほか、機関投資家や個人投資家にも活用されています。

ファンドマネージャーの業務

ファンドマネージャーの業務はファンドの運用です。アナリスト、エコノミスト、ストラテジストなどから情報提供を受けて、投資判断を行います。

エコノミスト・アナリスト・ストラテジスト・ファンドマネージャーの違い

エコノミスト・アナリスト・ストラテジストは調査でファンドマネージャーは運用

エコノミスト・アナリスト・ストラテジスト・ファンドマネージャーの大きな違いとして、エコノミスト・アナリスト・ストラテジスト・は調査業務を担当する一方、ファンドマネージャーは運用業務を担当しているということです。

エコノミスト・アナリスト・ストラテジスト・は調査業務を行うのであって、運用業務には直接かかわりません。ファンドマネージャーは運用業務を行うのであって、基本的に調査業務は行いません(パフォーマンス向上を目的に直接行う場合もあります)。

調査対象はエコノミストは経済(マクロ)、アナリストは企業(ミクロ)、ストラテジストは市場

エコノミスト・アナリスト・ストラテジスト・は同じ調査業務を担当していますが、調査の対象が異なります。エコノミストの調査の対象は経済動向、いわゆるマクロ経済と呼ばれる分野です。一方、アナリストは企業、いわゆるミクロ経済と呼ばれる分野が調査対象です。

ストラテジストは市場動向や投資環境が調査対象となります。経済や企業業績の動向に限らず、市場の相場動向に影響を与える要因全般が調査対象となるほか、市場の需給環境動向なども調査の対象となります。

エコノミスト・アナリスト・ストラテジスト・ファンドマネージャーの違い

エコノミスト・アナリスト・ストラテジスト・ファンドマネージャーの違い
役職担当業務
エコノミスト調査経済
アナリスト企業
ストラテジスト市場
ファンドマネージャー運用

(出典)fromportal.comの担当者が作成

まとめ

  • エコノミスト・アナリスト・ストラテジスト・ファンドマネージャーの大きな違いは、ファンドマネージャーは運用業務、エコノミスト・アナリスト・ストラテジストは調査業務を担当するという点です。
  • エコノミスト・アナリスト・ストラテジストは調査対象が異なっていて、エコノミストは経済、アナリストは企業、ストラテジストは市場が調査対象です。

スポンサーリンク

【エコノミスト・アナリスト・ストラテジスト・ファンドマネージャーの違いの記事は終わりです】

「資産運用|お金を増やす」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ