生活に役立つお金の情報です。

決済リスク(決済に関するリスク)とは

記事作成日:2017年8月8日

決済リスクとは、取引が最後まで履行されないことに関するリスクです。決済に関するリスクとしては、決済のための取引が成立しないリスクと、取引が成立しても履行されず決済が完結しないリスクがあります。取引が成立しないことに関するリスクとしては、流動性リスクやシステミックリスク、決済が完結しないことに関するリスクとしては、信用リスク、カウンターパーティーリスク、システミックリスクがあります。

スポンサーリンク

決済に関する2つのリスク

  • 決済のための取引が成立しないリスク
  • 取引が成立しても履行されず決済が完結しないリスク

決済のための取引が成立しないリスク

決済に関するリスクの1つに決済を行うための取引が成立しないリスクがあります。流動性リスク、システミックリスクがあります。

流動性リスク

流動性が低い投資対象資産は取引がなかなか成立しないか、不利な価格での取引をしなければいけないことがあります。自分の資産を換金したい、決済したいと思っても、そもそも取引が成立しない可能性があるのです。決済ができないリスクになります。

システミックリスク

特定の金融機関の債務不履行が金融システム全体に波及すると、決済が混乱し完結しなくなるだけでなく、そもそも取引を手控える動きが広がります。金融システムへの不安が高まれば、取引参加者は疑心暗鬼に陥り、次はどこが破綻するのかと警戒してしまい、取引に慎重になってしまうからです。

取引が成立した場合の履行されないリスクを意識してしまうため、システミックリスクが高まっていると、取引が成立しづらくなるのです。

取引が成立しても履行されず決済が完結しないリスク

決済に関するリスクの1つに取引が成立しても履行されずに決済が完結されないリスクがあります。信用リスク、カウンターパーティーリスク、システミックリスクがあります。

信用リスク

債券を購入しても債券の発行主体の財務状況が悪化すると、元本や利子・利息(クーポン)の支払いが滞る可能性があります。債券の発行体は元本や利子を支払う義務がありますが、履行(決済)されないことがあるのです。

カウンターパーティーリスク

デリバティブなどの金融取引を行っても、取引が完結(履行)するまでの期間が長い場合には、完結するまでに取引相手の経営状況が悪化し破綻してしまう可能性があります。また、取引相手の事務ミスによって取引が約束された通り履行されないリスクもあります。取引自体は成立していても、決済できないリスクがあるのです。

システミックリスク

特定の金融機関などで取引に関して不履行が発生すると、取引に関係する金融機関などにおいても連鎖的に取引に関して不履行が発生し、金融システム全体において決済が混乱し、履行されなくなるリスクがあります。

まとめ

  • 決済に関するリスクは大きく分けると、決済のための取引が成立しないリスクと取引が成立しても履行されず決済が完結しないリスクがあります。
  • 決済のための取引が成立しないリスクには信用リスク、カウンターパーティーリスク、システミックリスクが、取引が成立しても履行されず決済が完結しないリスクには、信用リスク、カウンターパーティーリスク、システミックリスクがあります。

スポンサーリンク

【決済リスク(決済に関するリスク)とはの記事は終わりです】

「資産運用|お金を増やす」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ