生活に役立つお金の情報です。

約定日と決済日に関するT+0、T+1、T+2、T+3とは

記事作成日:2018年4月19日

株式・債券(国債・社債など)・金融デリバティブなどの金融取引において、T+0、T+1、T+2、T+3などの言葉を用いることがあります。T+0、T+1、T+2、T+3などの「T+数字」は約定日(取引日)と決済日の関係を示したもので、約定日(取引日)から何日後に決済日が到来するかを示しています。このTとは「Trade Date」(約定日・取引日)の「Trade」から来ています。

スポンサーリンク

T+0とは

T+0(Tプラス0)とは、約定日と決済日が同じ日であることを示していて、取引が行われた即日に決済が行われます。金融取引においては、極めて例外的な場合を除いてT+0は行われていません。日本では国債取引のT+1化に合わせて、GCレポ取引のT+0化が進められています。

T+1とは

T+1(Tプラス1)とは、約定日の翌営業日に決済が行われる取引です。日本の国債はこれまでT+2の取引でしたが、2018年5月1日より「T+1」化される予定です。決済までの期間が短くなることで決済リスクを低減することができます。

T+2とは

T+2(Tプラス2)とは、約定日の翌々営業日(2営業日後)が決済日となる取引です。日本の国債取引はT+2の取引ですが、2018年5月1日よりT+1の取引に移行される予定です。また、日本の株式の取引はT+3ですが、2019年にはT+2への移行が予定されています。

T+3とは

T+3(Tプラス3)とは、約定日の3営業日後が決済日となる取引です。日本では株式の取引がT+3ですが2019年中にT+2に移行する予定となっています。日本では社債(既発債)はT+3となることがあります。

債券の発行条件で対国債スプレッドを示すT+10bp(T+○○bp)

債券ではT+1、T+2、T+3などの表現の他に、T+5bp、T+10bp、T+20bpなどの表現を目にすることがあります。この場合は約定日と決済日の関係を示しているのではなく、国債に対してどれくらい金利が上乗せされているか(スプレッドがあるか)を示しています。

T+5bp、T+10bp、T+20bpなどのTはTreasury(主に米国債を指す)から来ていて、対国債スプレッドとなります。Treasuryは基本的に米国債を指しますが、日本の発行体がT+10bpのように表現した場合は、日本国債に対するスプレッド(利回り格差)を示しています。

対国債スプレッドは、T+10bpの他にG+10bpのように「G+○○bp」で表現することがあります。

S日、S-1日、S-2日は決済日を示す

T+0、T+1、T+2、T+3に対して、S日、S-1、S-2という表現があります。このSは「Settlement Date」(決済日)の「Settlement」(決済)という言葉から来ています。Sは決済日、S-1は決済日の1営業日前、S-2は決済日の2営業日前になります。

まとめ

  • T+0、T+1、T+2、T+3とは、取引日(約定日)から何日後に決済日(受渡日)が来るかを示していて、T+0は取引日に即日決済日となり、T+1は取引日の翌営業日が決済日となります。T+2は取引日の2営業日後(取引日を1日目とすると3日目)、T+3は取引日の3営業日後(取引日を1日目とすると4日目)が決済日となります。
  • 取引日(約定日)から決済日(受渡日)までの期間が短くなると決済リスクが減るため、世界的に決済期日短縮化がすすめられています。

スポンサーリンク

【約定日と決済日に関するT+0、T+1、T+2、T+3とはの記事は終わりです】

「資産運用|お金を増やす」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ