生活に役立つお金の情報です。

地震噴火津波の車両の損害を補償する特約

記事作成日:2015年6月22日

普通の車両保険では地震・噴火・津波の損害は補償されませんが、地震・噴火・津波の損害を補償する特約がありますが、現在は取り扱いが限られています。それとは別の地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約は地震・噴火・津波による損害を補償してくれますが、全損時に限られることや50万円が限度となっていることが特徴です。

スポンサーリンク

普通の車両保険は地震・噴火・津波は補償対象外

普通の車両保険では地震・噴火・津波と地震による延焼などの損害は補償されません。車両保険では約款中に保険金を支払わない場合として、地震、噴火、津波による損害、地震が原因で拡大した延焼による損害などを挙げています。車両保険に入っているから地震の場合も当然補償されると思っている人も多いので注意してください。

地震・噴火・津波の損害を補償する特約

しかし、地震・噴火・津波の損害を補償する特約が2つあります。

1つは、車両保険で地震・噴火・津波の損害を担保するようにする地震・噴火・津波危険「車両損害」補償特約です。

もう1つは地震・噴火・津波による全損時に一時金を支払う地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約です。特約の名称は保険会社によって異なりますので注意してください。

地震・噴火・津波危険「車両損害」補償特約

地震や噴火、津波による車両の損害を補償

地震・噴火・津波危険「車両損害」補償特約とは、普通の車両保険では補償されない地震や噴火、津波による車両の損害を補償してくれる特約です。車両保険では約款中に保険金を支払わない場合として、地震、噴火、津波による損害、地震が原因で拡大した延焼による損害などを挙げていますが地震・噴火・津波危険「車両損害」補償特約では、地震、噴火、津波による損害でも保険金を支払うという特約になっています。

全損した場合に限らず一部損傷(分損)の場合でも保険金が支払われます。地震が理由で車に瓦礫などがぶつかり傷ついたとか、噴火の噴石が当たって車が凹んでしまったというような場合が想定されます。

認知度がとても低かった

東日本大震災発生以前は取り扱っている保険会社も多くありましたが、保険会社は積極的に案内せずに極めて認知度が低く契約している人はほとんどいませんでした。車両保険自体つけない人も多いことを考えるとある意味当然なのかもしれません。

東日本大震災を受けて新規引き受けを停止

東日本大震災で自動車の被害も相次ぎ、通常の車両保険では補償されないことが広く知られるようになったため、地震・噴火・津波による危険を担保する地震・噴火・津波危険「車両損害」補償特約に関心が集まりましたが、多くの保険会社では東日本大震災の発生を受けて新規取り扱いを停止しました。

現在は基本的に既契約の更新のみ

現在では多くの保険会社は、東日本大震災より前に地震・噴火・津波危険「車両損害」補償特約を既に契約していた人の更新だけ引き受けを行うという姿勢になっています。

地震・噴火・津波危険「車両損害」補償特約は、各社の約款集にも掲載されなくなってしまっている場合があり、この特約を契約している人には個別に特約内容を記載したものを渡している場合もあります。

代わりに全損時に一時金を支払う特約を販売

現在は多くの保険会社で車両保険で地震や噴火、津波の被害を車両保険の保険金額内で全額補償する地震・噴火・津波危険車両損害補償特約ではなく、地震や噴火、津波の場合に全損となった場合に限り、一時金を支払う地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約を販売するようになっています。

一部の保険会社では取り扱いを継続

一部の自動車保険会社では地震・噴火・津波危険車両損害補償特約を取り扱っている会社があります。ホームページ上でも案内されているので、興味があれば契約を受けてくれるかどうか問い合わせてみるのもいいでしょう。ただし、特約には保険料がかかりますので補償と保険料のバランスを慎重に考えましょう。

地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約

地震・噴火・津波で全損時に一時金を支払う

地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約とは、地震・噴火・津波による損害、地震などを原因とする延焼による損害などにより車両が全損となった場合には50万円を限度に支払いが行われる特約です。

地震・噴火・津波危険車両損害補償特約との違い

地震・噴火・津波危険車両損害補償特約との違いは、全損となることが支払いの条件となっていること、50万円が限度となっていること、等級などに関わらず50万円の補償なら保険料は5,000円となることです。300万円の車でも50万円が限度なので限定的な補償となります。

まとめ

  • 地震・噴火・津波による損害や地震による延焼による損害は普通の車両保険では補償されません。
  • 地震・噴火・津波危険車両損害補償特約は車両保険で地震・噴火・津波による損害を補償してくれますが、現在は取り扱いが限られています。
  • 地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約は地震・噴火・津波による損害を補償してくれますが、全損時に限られることや50万円が限度となっていることが特徴です。

スポンサーリンク

【地震噴火津波の車両の損害を補償する特約の記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ