生活に役立つお金の情報です。

保険に入っておけばと後悔しないために

記事作成日:2015年6月10日
最終更新日:2017年5月1日

「保険に入っておけばよかった」とならないためというタイトルですが、本記事の内容はなるべく保険に入らないで、どうしても必要な部分だけ保険に入っておけば、後悔をしなくてすむという内容です。保険にどんどん入るべきという内容ではありませんのでご了承ください。保険料の節約のため、保険の加入は最低限に絞ることが大切ですが、どうすれば後悔をしないですむかということです。

スポンサーリンク

保険事故にあってしまうと

医療保険では入院や手術をすると、がん保険ではがんにかかると保険金や給付金がもらえます。入院をした時に保険に入っていなければ、保険に入っておけばよかったと後悔してしまうかもしれません。保険は実際に病気やけがをした場合にありがたいと感じるものであることは確かです。

保険事故に当たるか外れるかは分からない

しかし、保険金・給付金がもらえるかどうかは保険事故に当たるか外れるかということですが、あらかじめ予想できるものではありません。保険に入っておくことで得をする人もいれば、入ったことで損をする人もいます。自分がどちらになるのかは時間が経ってみないと分からないことです。

保険にはお金がかかることを理解する

保険に入るためには保険料がかかっていて多額のお金を支払わなければなりません。保険金を多くもらおうと保障内容を充実させると保険料は増えていくため、家計にとっても負担になります。保険事故にあうことがないのに高額の保険料を払ってしまうと逆の意味で後悔することだってあるかもしれません。

保険はあくまで金銭的な問題

保険に入ったから事故に遭わなくなるとか、病気をしなくなるというわけではありません。あくまで金銭的な保障(補償)を受けられるということにすぎません。保険の加入の有無で、保険事故が起きた際に、得をするか損をするかという金銭的な問題なのです。保険に入れば安心な気持ちになれるかもしれませんが、事故のリスクそのものを避けられているわけではなく、安全になるわけではないのです。

保険で後悔しないために

本当に後悔してしまうことだけ保険に入る

保険で後悔しないためには、本当に入っておかないと困る保険には入り、当たっても外れてもちょっと得した損したのレベルで済む話ならば割り切って入らないということをお勧めします。

保険に入っておかないとリスクへの備えができないような場合には、保険を使ってリスクへの備えをするべきです。

致命的な問題にならない場合は

しかし、自分でお金を準備できるレベルの話で、得したか損したかの話で済む程度の問題に対しては保険に入らない方がよいと考えます。保険に入らなくても自分で何とかできて致命的な問題にならない場合は、保険にはお金がかかり家計を圧迫するため、なるべく入らない方がよいからです。

保険で後悔しない

いざという時に困らない程度にだけ保険に入っておけば、深刻な保険事故にあってしまった時でも「保険に入っておけばよかった」とは思わなくて済みます。

また、保険に入っていれば少し得をしたくらいのものについては、保険に入っていたら損したかもしれなかったんだと思うことで、「保険に入っておけばよかった」とは思わなくなると思います。どちらに転ぶかは分からないわけですから。

まとめ

  • 「保険に入っておけばよかった」と思わないためには最低限必要な保険には入る事が大切です。何が必要なのかを見きわめることが大切です。
  • 保険に入ることで解決できるのはあくまで金銭的な問題です。保険事故が起きた時に、保険に入っていると金額的に心配があるのか、ないのかということになります。

スポンサーリンク

【保険に入っておけばと後悔しないためにの記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ