生活に役立つお金の情報です。

体が資本、自分自身の健康は大切な資産です

記事作成日:2016年8月14日

体が資本と言いますが、自分自身が健康で無事でいることはとても大切で、自分自身の心や体が健康でなければ、お金を稼ぐことは難しくなってしまいますし、お金を楽しいことに使うこともままならなくなってしまいます。しかし、自分自身が大切な資産だということを軽視してしまっていて、無理をしてしまうことがよくあります。

スポンサーリンク

健康でなければお金を稼げない

自分自身が健康でなければお金を稼ぐことが難しくなります。肉体的な健康が損なわれてしまうと働くことが難しくなってしまいます。精神的な健康が損なわれてしまっても働くことが難しくなってしまうことがありますし、働くことができても仕事に集中できなくなり成果を上げられなくなったり、ミスを繰り返したりしてしまうことがあります。

十分な資産があり、それほど手間をかけなくても収入が得られる場合はまだ良いのですが、ほとんどの人が働くことによる収入が主な収入源となっているため、健康でなくなってしまえば収入源を失ってしまう可能性が高いのです。自分自身の健康は優先されるべき大事なことなのです。

健康でなければ楽しいことにお金を使えない

健康でなければ、お金をたくさん持っていても有意義なことや楽しいことにお金を使うのが難しくなってしまいます。病気になるなど健康が損なわれてしまうと、行動が制限されてしまうのでやりたいことができなくなってしまいます。せっかくお金があっても体の自由が効かなければ旅行に行くことも買い物に行くことも難しくなってしまいます。

お金がたくさんあっても自分の医療費にしかお金を使えないという状態になってしまう可能性もあります。もちろん、お金の使い方はどう捉えるかによって有意義だとか、楽しいだとか感じ方が変わってくるので、病床でも良いと思えるお金の使い方をすることができます。

でも、せっかくお金を使うなら健康で行動が制限されていない状態で使いたいのではないでしょうか。

体の健康も心の健康も大切

健康というと体の健康ということに目が行きがちですが、心の健康も大事です。

体の健康は疲れた、だるい、体のどこかが痛い、元気が出ないなど肉体的な症状が出てくるため自覚しやすいのですが、心の健康の悪化は、なぜかやる気が出ない、前向きなことが考えられないなどのような場合、単に疲れているのかな?と思って見過ごしてしまうことがあります。

また、心の健康の悪化は、徐々に進行したり、病気だと思えないようなことがあったりして自覚しづらい場合があります。自覚がないままに無理をし続けてしまって、体調の悪化が進行してしまうと、回復までに時間がかかってしまうことがあります。

健康は常に優先事項にする

若いうちは体力がある分無理をしがちですし、若くなくても仕事に精を出そうとするあまり睡眠時間を削ってまで仕事に取り組む人がいます。しかし、十分な睡眠や休息をとらないと、脳が上手く働かなくなって本来の力を発揮できなくなってしまいます。長時間働くよりも、十分な睡眠や休息をとって短時間働く方が多くの成果を上げられる場合もあります。

若いうちに無理を続けていれば、年齢を重ねてから影響が出てくる可能性がありますし、健康は一朝一夕でできるのもではないので、常に意識しておかなければいけません。

十分な睡眠や休息を取る、規則正しい生活をする、食事は栄養のバランスを気を付ける、疲れたら無理をしない、適度な運動を心掛けるなど健康を配慮することが大切です。

まとめ

  • 体が資本というように、健康を損なってしまうとお金を稼ぐことが難しくなり、楽しくお金を使うこともままならなくなります。
  • 体だけでなく心の健康も大切で、健康に配慮した生活をしましょう。

スポンサーリンク

【体が資本、自分自身の健康は大切な資産ですの記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ