生活に役立つお金の情報です。

失敗を恐れずに挑戦するためには

記事作成日:2016年10月2日

人生では挑戦回数を増やすことが成功の可能性を高めることにつながりますが、失敗を恐れて挑戦することを躊躇してしまったり、辞めてしまったりすることがあります。失敗を恐れてしまって、挑戦できないことは人生の損失につながってしまいます。失敗を恐れずに挑戦するための心構えについて説明します。

スポンサーリンク

失敗を恐れて挑戦しないのは人生のチャンスを逃してしまう

物事には上手くいく場合と上手くいかない場合があります。物事を成功させるためには2つ方法があって、1つは挑戦回数を増やすこと、2つは1つ1つ挑戦の成功確率を高めることです。成功回数=挑戦回数×成功確率だからです。

よく野球の話で例えられますが、ヒットの数=打席×打率なので、ヒットを打ちたければ打ち方を練習して打率を上げることも重要ですが、ひたすら打席に立ち続けて、ヒットを打つチャンスを増やすことが大事なのです。

成功確率を上げることは難しいかもしれませんが、挑戦回数を増やすことは案外簡単な場合があります。要は「数うちゃ当たる」、質を高められないなら量を増やすのです。成功するためには挑戦回数を増やすことが大切なのです。挑戦しないことは機会の損失なのです。

失敗を恐れて挑戦するかどうか悩むのは時間がもったいない

失敗を恐れて挑戦するかどうか思い悩んでしまうのは時間がとてももったいないです。悩んだ結果挑戦しなければ、悩んだ時間がもったいないですし、他のことに時間を有効活用できたかもしれません。悩んだ結果挑戦するのであれば、最初から挑戦しておく方がたくさん挑戦のために時間を使えます。

もし、失敗への恐怖心から挑戦することを躊躇してしまっているのであれば、失敗への恐怖心を取り除くことが重要です。物事を判断するためには、十分な情報を得て検討することは大切ですが、決断を下すまでに時間をかけすぎてしまってはいけません。

失敗したことを他人にどう思われるかは気にしない

ひっそりこっそりと挑戦できることであれば、失敗しても周りに失敗したことが見つかる心配はりません。自分しか失敗したことを知らないのです。しかし、失敗したことが周りに分かってしまうようなことは、失敗を他人に見られることで恥ずかしいとか、笑われるとか、馬鹿にされるといったことが気になってしまうことがあります。

周りの視線が気になってしまって、失敗できないと思い挑戦することを断念してしまうことがあるのです。しかし、周りの人のために自分が生きているのではありません。自分は自分の人生のために生きているのです。

他人にどう思われるかを気にするのではなく、周りに失敗を見られたとしても、気にせず挑戦し続ける気持ちこそが成功のためには重要になるのです。

失敗は自分の成長につながる

失敗を通じて人間は成長することができます。物事が上手くいかなければ、上手くいかなかった部分や理由が分かります。次に同じこと、似たようなことに挑戦する場合は、失敗を糧にして成功につなげていくことができます。

失敗をするということは、学びの機会を得たということでもあります。挑戦を恐れて失敗しなければ分からないこともあります。失敗したからこそ気づくことができることもあるのです。

失敗は自分の成長につながり、1つ1つの挑戦の成功確率を高める可能性を秘めたものなのです。失敗してしまったなら、ただでは起きずに、失敗からより多くの事を学び取ろうという姿勢が大切なのです。

失敗しても大したダメージがないことを理解する

失敗したら取り返しがつかないのではないかと思うようなことがありますが、挑戦する前に心配していることの多くは杞憂に過ぎないことがあります。

失敗した時にどうなるかを前もって冷静に予想しておくことはとても重要です。しかし、考えすぎ、心配しすぎ、気にし過ぎはいけません。自分の生命に関わることや、法律に触れてしまうようなこと、誰かを傷つけてしまうようなことでなければ、それほど大きなダメージがないことも多いのです。

命を取られるわけじゃないと思えば、失敗しても取り返しがつくんだという前向きな気持ちになることができます。

失敗した時の保険を掛けておく

失敗してしまうことが不安であれば、失敗した時のための保険を掛けておくことも有効です。もちろん、失敗することを前提にするのではなく、全力で挑戦できるように失敗した時の保険、逃げ道を作っておくのです。

失敗した時の保険があれば、失敗した時の事を恐れずに、迷うことなく挑戦することができるようになります。後先何も考えずにいきなり突っ込んでしまうのは、勇気がある行為であるということもできますが、無謀だとも言えます。

自分が失敗しても大きなダメージを負わないように保険を掛けておくことは、臆病なことではなく、リスクをコントロールすることとして当たり前のことなのです。

失敗しても再挑戦できるんだということを理解する

失敗しても再挑戦ができることが分かれば、挑戦することへの恐怖心を抑えることができます。取り返しがつかないことは躊躇してしまうかもしれませんが、再挑戦ができるのであれば、挑戦して失敗しても大丈夫だと思えるようになります。

挑戦することの性質にもよりますが、失敗すると取り返しがつかないということはそれほど多くなく、何とか取り返しがつくようなことが多いです。事業で失敗したとしても、再び事業を起こして成功する人がいます。告白して振られたとしても、別の運命の人を見つける人もいます。チャンスは自分が気付かないだけで、自分の周りにたくさん転がっていることがあるのです。

ただし、再挑戦するためには失敗の仕方が重要になります。先の事を何も考えないで挑戦していると、再挑戦が難しいような状況に陥ったり、再挑戦まで時間がかかってしまったりすることがあります。再挑戦をできるようにするためには、失敗の被害を最小限に抑えるためのリスクのコントロールと、引き際の2つが重要になります。泥沼にはまってしまい上手くいかなかいと思ったら早めに撤退することで、すぐに次の挑戦に備えることができることがあるのです。

まとめ

  • 失敗を恐れずに挑戦するためには、失敗してもそれほどダメージが大きくないということと失敗しても再挑戦ができるんだということを理解することが重要です。
  • 人生で成功するためには、挑戦回数を増やすことが重要です。成功回数=挑戦回数×成功確率なのです。失敗を恐れないで挑戦し続けることが大事なのです。

スポンサーリンク

【失敗を恐れずに挑戦するためにはの記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ