生活に役立つお金の情報です。

お金を稼ぐことで幸せになれるのか

記事作成日:2017年4月3日

お金を稼ぐことで幸せになるのかどうかについてです。幸せになるためにはお金が大切だと考えている人も多いですが、お金をたくさん持っているほど行動の制約が減るために幸せを感じやすくなります。まさにお金は大事だということですが、お金があれば必ずしも幸せとも限りません。お金をたくさん稼いだり、たくさん持っていたりすることで上手くいかなくなることもあるのです。

スポンサーリンク

お金は少ないと幸せを感じづらくなる

お金は少ないと幸せを感じづらくなります。お金がないことでできないこと、諦めなければいけないことがでてきてしまうので、思ったような人生を歩めなくなるからです。世の中お金じゃないとは言いつつも、お金さえあればと感じることは多いはずです。お金がないと幸せになる可能性を狭めてしまうのです。

お金がたくさんあると行動の制約が減っていく

お金がたくさんあればあるほど、お金で解決できることは行動の成約でなくなっていきます。お金を払うことで解決する問題はお金があれば解決するのです。しかし、お金がないのであれば、お金がなくても何とかなる方法を探さなければいけなくなり、お金がないことが行動の制約になってしまいます。

例えば、お金がないから結婚や子どもを諦める、お金がないから大学や大学院への進学を諦める、お金がないからお金がかかる趣味を諦める、お金がないから起業を諦める、お金がないから資産運用ができない、といったような具合です。

お金がたくさんあればあるほど行動の制約が減っていきます。お金がないとできない事は、お金があるとできるようになります。

お金がたくさんあるほど幸せを感じやすい

お金があっても幸せだとは限りませんが、お金があると幸せを感じやすいことも確かです。お金が全くないよりはお金があった方がいいというのは多くの人が感じる事ですし、お金があると行動の制約が減っていき、自分が思ったことができるようになる可能性が広がるため、自分が望む人生を歩みやすくなるのです。

逆にお金がないと諦めないといけないことが増えてしまうので、思ったような人生を歩むことができず、不幸せと感じる可能性が高くなってしまうのです。

お金を稼ぐことは限りがないがどこまで稼げばいいのか

お金を稼ぐことには限りがありません。上を見ればキリがありません。お金を稼ぐのは簡単なことではなく、お金を稼ぐためには時間や労力、気力などが必要になってきます。高収入であれば維持することが難しい場合もあります。

また、お金があっても幸せとは限りません。お金があると幸せになる可能性を高めることができますが、お金があれば必ずしも幸せをは限らないのです。

幸せになるためには自分がやりたいと思うことができる程度には稼いだ方がいいと考えられます。しかし、お金をたくさん稼ぐほど不幸せになってしまう場合もあるので思うようにいかない場合もあります。

お金を稼ぐことの不幸せがお金を稼ぐことの幸せを上回る時

お金はたくさんあった方が幸せになる可能性が高まりますが、稼ぐことによって失うものが大きくなると不幸せになる可能性が高まります。お金を稼ぐことによって感じられる幸せよりも、お金を稼ぐことによる不幸せが大きくなってしまうと、お金をたくさん稼ぐことが幸せとは言いづらくなってしまうのです。

お金を稼ぐことの不幸せがお金を稼ぐことの幸せを上回る時には、それ以上お金を稼ぐことで幸せを損ねてしまうことになります。

お金を稼ぐことでストレスがかかると不幸になる

お金を稼ぐことにも様々な方法がありますが、お金を稼ぐことによって時間や健康などお金以外のものが失われると、お金をどれだけたくさん稼いでも幸せを感じられないことがあります。

例えばサラリーマンや会社員として働いている場合、高給取り・高年収になるほどハードワークになる場合があり、たくさん稼いでいて収入は多いけど、自分の時間がない、家族と過ごす時間がない、とても肉体的あるいは精神的に疲れてしまうといったことがあります。

経営者として事業を行う場合も同じで稼ごうと思うのであれば相当な労力や気力を投じなければいけない場合があります。そうなると、お金を稼ぐ幸せよりも、お金を稼ぐことによる不幸せが大きくなってしまって、お金をたくさん稼いでも幸せになりません。

お金を稼ぐことで時間を失ってしまったり、肉体的・精神的に疲れてしまったり、してしまっては幸せになれないことがあるのです。

お金を稼ぐことで何を失っているか意識する

お金を稼ぐ時には何が犠牲になっているのか、何を失っているのかを意識するようにすることはとても大切です。お金を稼ぐことに夢中になっていて、何か大事なものを無くしてしまっているかもしれません。

お金を稼ぐのは簡単なことはありません。普通は自分の何かを引き換えにしないとお金を稼ぐことはできません。お金を稼ぐことに時間が奪われてしまって家族と過ごす時間を失ったり、働き過ぎてしまって健康を損ねてしまうこともあります。

お金を稼ぐことによって、自分からは何が失われているのか、お金を稼ぐことによって感じられる幸せと、お金を稼ぐことによって失う幸せのバランスを考えることも大切です。

お金を稼ぐことで周りの人との関係がおかしくなってしまうことも

お金をたくさん稼ぐことで周りの人との関係がおかしくなってしまうことがあります。自分の身の回りにいる家族、恋人、友人などの態度が変化してしまうことがあります。また、自分とは疎遠だった人やこれまで関わりがなかった人が寄ってくるようになることがあります。

いわゆるお金目当てということですが、自分がお金をたくさん持っていることが周りの人に知られてしまうと、周りの人との人間関係が変化してしまって幸せが遠のいてしまうことがあるのです。

お金をたくさん稼いでいることやお金をたくさん持っていることは言わない

お金をたくさん稼いでいること、お金をたくさん持っていることは秘密にしておいて、言わないようにしておくとお金が原因で周りの人との関係が悪化することを防ぐことができます。

お金がたくさんあるということが分かると、どうしてもそれを当てにしようとする人が出てくることがあるのです。もちろん、お金で寄ってくる人が分かって逆に良いという場合もあるかもしれませんが、やはり言わない方が良いでしょう。

まとめ

  • お金があればあるほど行動の制約が減るため幸せを感じやすくなります。
  • ただし、お金を稼ぐことによって得られる幸せよりも、お金を稼ぐことによって得られる不幸せが大きくなる場合もあるので注意しましょう。

スポンサーリンク

【お金を稼ぐことで幸せになれるのかの記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ