生活に役立つお金の情報です。

お金に働いてもらう・お金を働かせることでお金を増やす

記事作成日:2016年7月9日

お金に働いてもらう、お金を働かせることがお金を増やすためにはとても重要です。収入を得る手段といえば働くことですが、起業などをして経営者やオーナーになるか、大企業の役員になるなどしない限り、生涯の給与収入は2~3億円程度と相場がある程度決まっています。働くだけでは人並みの収入しか得られないので、お金に働いてもらう、お金を働かせることで収入を増やします。

スポンサーリンク

会社員の給与収入には限界がある

会社員として働いて給与をもらうことでお金を得ることができますが、自分は1人しかいません。1人では2人分の給与を得ることはできず、会社員として得られる給与には限界が出てきます。会社員の生涯の給与収入は大企業の役員などにならない限り大体2~3億円前後に収まるため、大金持ちになるのは難しいです。

お金に働いてもらう・お金を働かせるとは

お金に働いてもらう、お金を働かせるとは、お金がお金を稼ぐ状態、つまり資産運用・投資の事を意味しています。お金を何かに投資することで、投資したお金が増減するのです。もちろん増えるばかりではなく、目論見を外して減ってしまうこともあります。

お金に働いてもらう・お金を働かせるメリットは

お金に働いてもらう・お金を働かせるメリットについてです。

会社員として働いていても別の収入源ができる

投資は一度お金を投じれば、あとは基本的に結果を待つだけになり、自分の時間をさかなくても済みます。お金を投資することで、お金に働いてもらう、お金を働かせることで、自分が会社員として働いて得る収入とは別の収入が得られるようになるのです。

経営者やオーナーとして事業を運営している場合でも、お金に働いてもらう、お金を働かせることで、事業とは別の収入源を得ることでリスク分散を図ることができます。

投資は元手があれば誰でも始められる

投資は元手があれば誰でも始められることもメリットです。起業して経営者になろうとすると、経営や経理・財務・税務、労務管理・人事、法務、営業、マーケティングなど専門的な知識が必要で、覚悟も必要です。事業のオーナーになる場合は多額の資金が必要です。

しかし、投資は少しの元手から始めることができます。また、少し勉強すれば最低限の投資の知識は得られます。リスクが高い投資対象もありますが、リスクが低い投資対象もあり、安全な資産運用を行うこともできます。

お金の稼ぎ分は投資金額×利回り

投資でお金がお金を稼ぐ時の儲けは、投資金額×利回り(騰落率・価格変化率)になります。お金を投じれば投じるほど、投資した資産の価格が上昇するほど、大きく儲かります。

お金持ちでない人はハイリスクを狙わないと稼げない

お金持ちでない人は投資金額が少なくなるため、大きく稼ごうと思うと高い利回りを得られる投資をしなければいけません。つまりハイリターンの投資ですが、ハイリターンであればハイリスクであり、高いリターンを狙うあまりリスクの高い投資を行って僅かな元手のお金を逆に失ってしまうことがあります。

お金持ちの人はリスクを取る必要がない

お金持ちの人は投資金額を多くすることができるため、大きく稼がなくても低い利回りで十分な利益をあげられます。無理してリスクが高い投資を行う必要がないため、財産を失うリスクを抑えることができます。

お金持ちの人とお金持ちでない人の差は投資金額

お金持ちの人もお金持ちでない人も、同じ投資対象に投資すれば利回りは同じです。同じ株式なら、お金持ちが持っている株式もお金持ちでない人が持っている株式も同じ価格変化をします。

お金持ちの人とお金持ちでない人の差は投資金額に現れます。お金持ちの人とお金持ちでない人が同じ株式に投資しても、お金持ちの人の方が投資できる金額が多いため儲かりやすいです。

まとめ

  • お金を増やすためにはお金に働いてもらう、お金を働かせることが大切です。
  • 会社員の給与収入には限界があるため、資産運用によって収入源を増やすことで、お金を増やすことができる可能性が高まります。

スポンサーリンク

【お金に働いてもらう・お金を働かせることでお金を増やすの記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ