生活に役立つお金の知識と情報です。

お金が全てではなくてもお金で解決できる人生の問題や悩みは多い

記事作成日:2019年1月21日

人生には様々な問題や悩みがありますが、お金が全てという訳ではありませんが、お金がたくさんあることで解決に近づくことは思っている以上にたくさんあります。お金に余裕があれば、お金によって制約を受けることがなくなり、取り得る選択肢が広がります。

またお金がたくさんあることで自分の気持ちに余裕ができて、落ち着いて対応できるようになるほか、相手の気持ちも考えて行動できるようになります。お金がないと心に余裕がなくなり、自分は損したくない、という気持ちが強く出てしまい、他の人と衝突してしまう可能性が高まってしまうのです。

スポンサーリンク

結婚や夫婦の悩みもお金で解決できることは案外多い

結婚相手を選ぶ場合、相手の経済力が問題になることがあります。もちろん、例えば、結婚相手の収入が多い方がいい、専業主婦(主夫)になるのではなく共働きとして働いてほしい、といったような収入や働き方が問題となることがあります。

自分にお金があれば、相手の経済力、働き方や収入に対する考え方に対するこだわりを持たなくて済みます。そのため、パートナーの選択肢を狭めなくて済みますし、更に自分がお金を持っていることによって相手から選ばれやすくなることがあります。

また、お金があると結婚してからもお金で揉める可能性を減らすことができます。夫婦間でお金の使い方や金銭感覚が問題になっても、お金に余裕があればあまり揉めなくても済むことがあります。

病気や介護でもお金があると問題を解決しやすくなる

健康面でもお金があると問題を解決しやすくなります。病気になって治療が必要になった場合、十分なお金があればお金がかかる治療法を選択することができますし、仕事から離れて治療に専念することができます。お金がないから選択できない治療法があるということになれば、お金がないことを強く悔やむかもしれません。

介護でもお金が十分にあるのであれば、支払う金額で介護サービスを選ぶ必要がなくなり、必要な介護サービスを必要なだけ受けることができるようになるのです。

お金があれば必ず助かるということではありませんが、お金があればお金によって医療や介護のサービスで制約を受けることがなくなるため、選択肢が広がるのです。

教育や学びの面でもお金があると有利になる

子どもの教育や自分の学びにおいても、お金があると希望を叶えやすくなります。お金がないと、教材や器材を買うことができなかったり、塾や習い事に通うことができなかったりして、希望する成果を出せないことがあります。

お金があれば、望んだ分だけ塾や習い事に通うことができますし、私立学校の授業料の支払いに困るということもありません。学費が足りないからといって大学進学を断念する必要がなくなります。

もちろん、お金を出すだけでは不十分で本人の学ぶ意欲も大切なのですが、お金があることによって学習環境に制約を受けることがなくなるのです。

仕事の悩みはお金があると解決することが多い

多くの人がお金を稼ぐために働いています。そして、お金を稼ぐための仕事で様々な悩みや問題を抱えることになります。もしお金があるのであれば、必死に仕事をしなくてもすみます。多く稼ぐことではなく、自分が楽しんで稼ぐことを優先できるため、好きなことを仕事にできます。仕事で悩むことがあってもお金があれば仕事を辞めることができます。

お金がないから、必死に働かなければいけない。働かないといけないので、仕事のことで悩んでしまう。職場での人間関係が辛い、上司のプレッシャーやハラスメントが酷い、仕事のノルマがきついなどの場合でも耐え忍ばなければいけなくなってしまうのです。

お金があるのであれば働き方を変えることができます。リタイアできるほどのお金がなくても、お金が十分にあれば、収入にこだわらずに転職をすることができます。

家族の問題はお金で解決できることは多い

お金が十分にあれば、お金がないことによるトラブルを防ぐことができます。これは家族関係にも当てはまります。例えば、お金があれば、支出を我慢する、お金の使いみちで喧嘩するといった可能性が減ります。

兄弟姉妹の間で親からどれだけ金銭的な支援を受けているかで不公平だと喧嘩になってしまうことがありますが、それぞれに十分な資産があればそれほど拘って争わなくても良くなります。

親子の間で仕送りなど金銭的な支援が必要になった場合、お金が出せないと冷たい、こんなに困っているのに、ということになってしまうことがありますが、お金があれば支援することができます。

遺産相続では、お金が欲しいから争いが起きてしまう訳ですが、もし自分や他の相続人に十分なお金あれば必死になって争う理由がなくなります。不当な要求にまでは応じ無くても良いですが、相手に譲る気持ちが生まれやすくなるため、深刻な争いを回避できる可能性が高まります。少しでも自分の取り分を多くという気持ちが衝突を生んでしまうのです。

人間関係はお金で解決できることがある

お金が少ないことで人間関係が上手くいかない場合があります。友達や恋人と会う時でもお金に余裕があれば食事などをするお店の選択で悩む必要がなくなります。お金を使わないことでケチだと思われることもなくなります。お金があれば、お金が問題で関係掛け無くになるリスクが減ります。

お金に余裕がないと交際費を削らなければ、という気持ちになってしまって人と会う回数を減らそうとしたり、お金がかからない会い方をしたりしようとしてしまいますし、お金がないことで心の余裕がなくなってしまい相手に伝わってしまうこともあります。

人間関係で問題が起きた場合でも、お金で解決できる問題であればお金があると落ち着いて対処できるようになります。友達に金銭的な損害を与えてしまったといったような場合、お金があれば問題がそれ以上深刻化することを防ぐことができます。

トラブルに巻き込まれてもお金があると解決しやすくなる

世の中の多くのトラブルは最終的にお金で解決します。もちろん、相手に謝罪をして誠意を示したり、原状回復できる範囲で原状回復をしたりするのは当然なのですが、損害が生じている場合、お金を支払うことで損害を補償します。

逆に言うと、お金がないとトラブルによって生じた損害を補償することができず、解決が遠のく場合があるのです。お金を支払っても相手の気持ちは収まらないかもしれませんが、最低限の補償をすることはできます。相手に金銭的な損害があるのにお金を支払うことすらできなかったら、相手の気持ちはもっと収まらない可能性が高くなります。

自分にお金のゆとりがあれば自分に損害が生じていても、心にゆとりを持つことができるため、双方の立場を尊重しながら、歩み寄りができるようになり、円満に和解できる可能性が高まるのです。

生活環境の問題はお金で解決できることは多い

家を借りる場合でも、家を買う場合でも、お金がたくさんあれば住環境に制約を受けなくて済みます。職場から近い場所が良い、広い部屋がいい、自然が豊かな環境が良いなど様々な家に対する希望があるかもしれませんが、お金がたくさんあれば希望を叶えやすくなります。

もし、借りた部屋、買った家が気に入らなくても、お金があれば容易に借り換えたり、買い替えたりすることができます。お金がないと賃貸の場合は礼金や敷金、引っ越し費用などがないため引っ越せない、購入の場合は住宅ローンの残債が残ってしまう、買い替える余裕がないなどの理由で転居できなくなってしまいます。

お金があればあるほど、住居などの生活環境を自分の希望に近づけることができるのです。

お金が全てではないけれどお金はとても大切

人生の問題や悩みに直面した場合でもお金がたくさんあればあるほど、お金によって制約を受けることがなくなるため、解決に近づくことができます。つまり、人生ではお金を稼ぐこと、お金をたくさん持っていることはとても大切なことなのです。

もちろん、人生はお金が全てではありませんが、お金がないと人生の選択肢が狭まってしまうことがあるのも事実です。お金によって制約を受けないためには、たくさんお金を稼いでおくことが大切なのです。

まとめ

  • 人生の悩みや問題はお金があることによって解決に近づくことがたくさんあります。お金があることで、お金がないことによる制約を受けなくて済みます。
  • 人生はお金が全てではないけれど、お金があることによって救われることが沢山あります。お金があることはとても大切なことなのです。

スポンサーリンク

【お金が全てではなくてもお金で解決できる人生の問題や悩みは多いの記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ