生活に役立つお金の情報です。

お金がないストレスに困らない・悩まないためには

記事作成日:2017年3月17日

お金がないストレスは相当なもので、お金がないと様々な場面でストレスを感じてしまうことがあります。例えば、お金がないと自分がやりたい事も思うようにできませんし、突然の支出で困ってしまうことがあります。お金がないと将来への不安を強く感じてしまうかもしれません。お金がないストレスに困らない、悩まないための方法について説明しています。

スポンサーリンク

お金がないストレス

お金がないと様々な場面でストレスを感じる事になります。

お金がないと思ったことができずストレスになってしまう

お金がないと自分がやりたいと思ったことや挑戦したいと思ったことが、望んだようにはできないためストレスになってしまいます。お金がないことにもどかしさを感じてしまいます。

何かをするためにはお金がかかってしまうことが多いため、お金がないと人生のチャンスを逃してしまうような場合もあります。お金がないから思ったことができなかったということになると強いストレスになってしまうことがあります。

お金がないと将来の不安が強まりストレスになってしまう

お金がないと将来への不安を強く感じてしまい、やはりストレスにつながります。貯金がないと将来生活していけるのか不安な気持ちが強まってしまいます。

もちろん、遠い将来でなくても、例えば生活が苦しいとか、教育費を支払えないとかお金に関する不安を感じてしまって、ストレスを強く感じてしまうことになります。

お金がないことで感じる将来の不安は相当なもので、心の中で不安がくすぶり続けることになってしまいかねません。

お金がないと失業が怖くなり仕事がストレスになってしまう

お金がないと職を失ってしまうことが怖くなってストレスを感じてしまうことがあります。十分な貯金がないような場合には、収入が途絶えてしまうと生活の不安を抱えることになってしまうため、失業が怖くなってしまうことがあります。

職を失う不安から、今の仕事を失う訳にはいかないという気持ちが強くなってしまって、仕事にしがみつこうとしてプレッシャーを感じてしまうことがあります。職場で理不尽な要求をされても無理して応えようとしたり、期待に応えようとして必要以上に頑張ったりして疲れてしまうことがあります。

お金がないことで人付き合いもストレスになってしまう

お金がなくなってくると、お金を使うことになる人付き合いも相当なストレスになってしまうことがあります。友達や恋人など親しい人と食事に行こうとしても、お金がないとお金を使わなければいけないことが苦痛になってしまってストレスになってしまいます。純粋に人付き合いを楽しめなくなってしまい、人付き合いを避けたいと思ってしまうかもしれません。

お金がないことで、楽しいはずの人付き合いさえストレスになってしまうことがあるのです。

お金がないとお金の使い方を巡って家族とけんかしてしまう

お金がないとお金の使い方を巡って配偶者や子ども、両親などと言い争いのけんかをしてしまうことがあります。お金がないと分かっているのに、夫婦のどちらかの片方がお金遣いが荒いと、お金の使い方を巡って喧嘩になってしまうことがあります。お金を使うのを我慢している人は、他の家族がお金を使っているのをみて強いストレスを感じてしまうことがあります。

お金がないのでお金をできるだけ使いたくないと思ってしまうと、お金を使うようなことに反対しがちになってしまって、後ろ向き、否定的と受け止められて、家族と意見が衝突してしまうことがあります。

お金がないと病気やけがなど突然の支出でストレスを感じてしまう

お金がないと病気やけがなどが怖くなってしまってストレスを感じてしまいます。病気やけがになると長引くと収入が途切れたり減ったりする可能性がありますし、収入に影響がなくても医療費がかかってしまってストレスになります。病気やけがで医療費がかかってしまうのは通常想定外のため、予想外の支出に苦痛を感じてしまうことがあります。

病気やけがになってしまって、お金がないからとなるべく病院に行きたくないと思ってしまうと更にストレスになってしまうことがあります。病院に行かないで症状が悪化したりなかなか完治しなかったりすれば、お金がないストレスを強く感じてしまうことになります。

お金がないことを考えること自体がストレスになる

お金がないとお金や家計のことを考えること自体がストレスになってしまって、お金や家計の事を考えず目をそらすようになってしまうことがあります。考えても嫌だなぁと思ってしまうからです。

お金がないことでお金を考えることが嫌になってしまい、お金の管理が甘いためにますますお金が貯まらなくなり、さらにお金がないと感じる悪循環に陥ってしまいます。

お金がないストレスに悩まされないために

お金がないストレスに困らない、悩まされないためにはやはりお金を貯めることが大切になります。

どのくらいお金が必要なのか考える

お金がないことでストレスを感じてしまう時には、必要なお金がどれくらいか分からず、たくさんお金が必要になるのではないかと思ってしまって、より精神的に不安になってしまうことがあります。

お金がないと思う時は、どのくらいお金が足りないのか、どのくらいお金が必要なのかを冷静に考えてみると、不安な気持ちが和らぐことがあります。

例えば、教育資金や住宅購入資金、老後資金が足りないという時に、ライフプランを立ててみて、実際に必要なお金はどのくらいなのかを知ることで、必要なお金の目安ができ、不安な気持ちが和らぐことがあります。

お金があると安心につながる

お金はないよりもあった方が安心です。お金があると突然の支出に困ることはありませんし、自分が好きなことにお金を使うことができます。人付き合いもお金を気にせずすることができます。計画的にお金を貯めていれば将来への不安も和らぎます。

お金がたくさんある方がお金がないストレスに苦しむことが少なくなります。お金はないよりもあった方がストレスに悩まされずに済むのです。

お金がないストレスを克服するためには、お金がたくさんあるようにすることが一番なのです。

お金がないことに向き合いお金を貯める

お金がないストレスを感じてしまうならお金がないことに向き合って、家計を改善しお金を貯めることが重要です。まずなぜお金がないのかを理解する必要があります。

収入が少なすぎるのか、支出が多すぎるのか、家計のどの部分に問題があるのかを探ることが大切です。収入が少ないのであれば、仕事を頑張る、転職する、副業をする、共働きになるなどの方法があります。支出が多すぎるのであれば、支出の見直しを行います。

先取り貯金でお金を貯めて将来の不安を和らげる

お金がないならお金を貯めることが大切です。お金を貯めるためには毎月の収入から使ってしまう前にお金を分けておいて貯金する先取り貯金が効果的です。

先取り貯金をすることでお金を使ってしまうことが防ぐことができますし、毎月コツコツと貯めていくことになるのでしばらく続けるとまとまった金額の貯金ができます。

突然の支出の不安には保険などを活用して安心を得る

お金がない時に突然の支出を負担しなければいけなくなると大変なストレスになってしまうことがあります。お金がない時こそ、保険を活用して突然の支払いのリスクに備えることは有効です。

保険を活用することで突然の支出への備えが出来れば、お金がなくてもいくつかの不安は解消されて安心感が得られるかもしれません。ただし、一番大切なのは自分でお金を貯めることです。

まとめ

  • お金がないストレスは相当なもので、お金がないと生活の様々な場面でストレスを感じてしまうことがあります。
  • お金がないストレスに悩まされないためには、やはりお金を貯めることが一番効果的です。お金がないことに向き合い、お金を地道に貯めていくことが大切です。

スポンサーリンク

【お金がないストレスに困らない・悩まないためにはの記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ