生活に役立つお金の情報です。

なぜ「金持ち喧嘩せず」なのか:金持ち喧嘩せずの意味と理由

記事作成日:2018年12月5日

「金持ち喧嘩せず」という言葉があります。お金持ちは喧嘩をしないということですが、本当でなのでしょうか。なぜ、お金持ちは喧嘩をしないと言われるのでしょうか。喧嘩のような争い事は、体力や気力を必要とするほか時間を費やさなければいけない一方で得られるものは多くないため、合理的であれば避けたい事態です。お金持ちは非合理的な喧嘩を避けようとするのです。

スポンサーリンク

金持ち喧嘩せずの意味

「金持ち喧嘩せず」とは、お金持ちは喧嘩のような争いごとは割に合わないことを知っているため、できるだけ喧嘩を避けようとする、という意味になります。

喧嘩のような争い事は、多大な体力・気力や時間を要する一方で、得られるものが少ないため割に合いません。また、自分の立場や地位を危うくすることもあります。恨みを買うことで、不当な損害賠償などの要求を受ける可能性もあります。そのため、割に合わないのです。

お金持ちが喧嘩をしない理由

なぜ「金持ち喧嘩せず」なのでしょうか。喧嘩は割に合いませんし、お金持ちはお金があるため精神的にゆとりがあり、争い事が少ない環境に身を置くことができます。また、お金で解決できることはお金で解決した方が合理的である場合もあります。

お金持ちになる能力があるので合理的でないことを避ける

生まれながらにして家がお金持ちだったという場合もあるかもしれませんが、自分でお金持ちになった人はお金持ちになるだけの能力があるので、合理的でないことを上手に避けることができます。

喧嘩は気力や労力、時間がかかる割に得られるものが少ないことがあるのです。つまり損をすることが多く、あまり得をしないため、割に合わないのです。そのため、喧嘩をすること自体が無駄、非合理的であることがあるのです。また、不必要に恨みを買う恐れもあります。

お金持ちはお金持ちであるというだけで、トラブルに巻き込まれたり、恨みを買ってしまったりすることがあるため、他人に絡まれないようにもめ事を避けようとすることがあります。

また、生まれながらにしてお金持ちだった場合でも、お金持ちという環境で育つことで、非合理的なことを避けるようになる場合もあります。

お金持ちはお金があれば精神的にゆとりがある

お金持ちはお金があるため、お金がない人と比べてお金で困ることが少なくなります。仕事や生活の面で余裕ができて、精神的にゆとりができるため、イライラしたり、攻撃的になったりしなくて済むのです。

普通の人であれば気になってイライラしてしまうこと、気になってしまうことが気にならなくなることがあるのです。そのため、不必要な争いごとに関わることが減るのです。

お金にゆとりがないと、自分を損をすることや自分のチャンスが失われることに敏感になってしまったり、ストレスを抱えて攻撃的になったりしてしまうことがあるのです。

お金持ちは争いが少ない環境に身を置ける

お金持ちはお金があるため、自らを争いが少ない環境に置くことが可能です。仕事や生活をしていく上での人間付き合いは自分と似た環境の人との付き合いが中心になるため、お金持ちでゆとりがある人が中心になります。また、満員電車に乗らなくても済み喧嘩や言い争いに巻き込まれることもありません。

仕事や生活では、争いごとに巻き込まれやすい環境とそうでない環境がありますが、様々な面でより争いが起こる可能性が少ない環境に身を置けるので、お金持ちは喧嘩をする可能性が下がるのです。

お金持ちは争いになりそうな時に譲れる

お金持ちはお金に困っていません。そのため、争いになりそうな時に、争いの原因がお金に関することであったり、争いの結果金銭的な支出が生じることであったりする場合には、お金で解決して相手に譲ろうとすることがあります。

もし、自分が金銭的に少し損をしたり、お金を支払ったりすることで争いが解決できるのであれば、争いになる前に、お金で解決してしまって、結果的に喧嘩をしないで済むことがあるのです。

争いごとに巻き込まれるくらいなら、金銭的に解決を図った方が、体力や気力を使うこともないし、時間も浪費しなくて済むという判断になるのです。

争い事をしなければ人間関係を壊さなくて済む

争い事は当事者だけでなく、周りの人間関係にも影響を与えることがあります。喧嘩を見ていた人からの評価や印象が悪くなったり、根も葉もない噂話を作られてしまったりして、当事者以外の人間関係まで壊してしまうことがあるのです。

人間関係は人生における財産の一種だとも考えられますが、争いごとによって周りの人をどんな気持ちにさせてしまうか、自分の立場を危うくしないかという損得勘定ができるため、お金持ちは不必要な争い事を避けようとします。

喧嘩は当事者だけでなく、周りの人間関係にも悪影響を及ぼすことがありますが、喧嘩をしないことで人間関係を壊さなくて済むのです。

ただしお金持ちは何でも要求を受け容れる訳ではない

金持ち喧嘩せずとはいっても、全てのことを受け容れるという訳はありません。相手の要求を全て容認していてはつけ込まれることもありますし、不当な要求を増長させてしまうおそれもあります。そのため、受け容れるべきではないことは毅然とした態度をとることもあります。

金持ち喧嘩せずとは、あくまで自分から不必要に争いごとに関わらない、穏便に解決できるのであれば多少の損失に目をつぶって争いごとをさけるということであって、どんな要求をされても受け入れて喧嘩をしないということではないのです。守らなければいけない場面もあるのです。

まとめ

  • 「金持ち喧嘩せず」という言葉がありますが、お金持ちは喧嘩することはあまり意味がなく割に合わないことを知っているため、争い事を避けようとする意味があります。
  • お金持ちは、お金があるため心にゆとりがある、争いが少ない環境にいられる、非合理的な争いを避けようとする、お金で解決できてしまう、といった理由から、争いに巻き込まれなくて済むことがあります。

スポンサーリンク

【なぜ「金持ち喧嘩せず」なのか:金持ち喧嘩せずの意味と理由の記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ