生活に役立つお金の情報です。

退路を断つのではなく逃げ道を確保しておく

記事作成日:2018年7月13日

人生で大きな挑戦をするときは退路を断つことでやる気を高めることでき、成功する可能性が高まると言われることがあります。しかし、人生は上手くいくことばかりではないため、失敗したときのことを考えておかないと取り返しがつかない状況に追い込まれることもあります。退路を断つのではなく、逃げ道を確保しておくことが人生のリスク管理ではとても大切なのです。また、退路を断つことをしなくても、自分を奮い立たせるような気持ちの持ち方も大切です。

スポンサーリンク

人生は上手くいかないこともある

退路を断つことで自分を奮い立たせる効果があり、退路を断って挑戦すべきというような意見も多くみられます。確かに必死になって物事に打ち込むことで成功する確率を高めることができる場合もあります。しかし、人生は失敗することもあります。

同様に「背水の陣」という言葉がありますが、背水の陣とは、川を背にして陣を構えて退路を断つことで決死の覚悟で敵を打ち破るという故事に由来していて、勝ったからこそ勝てば官軍で結果オーライということになりましたが、現実は上手くいかないことだってあります。万が一上手くいかなかった場合は悲惨な結果を招くことになりかねません。

退路を断つと失敗した時に厳しい状況に追い込まれる

逃げ道を無くして退路を断つと失敗した時にとても厳しい状況に追い込まれてしまうことがあります。例えば、会社を辞めて全財産をつぎ込んで事業を始める、全財産を投じて資産運用を行う、大きな借金をして事業を行うなどの場合、成功すれば良いのですが、失敗した場合には取り返しがつかないような、再起が難しくなってしまうような状況に陥ります。

再起するまでに時間がかかったり、再起できなくなってそのまま人生を終えてしまったりしてしまうことになりかねないのです。

失敗したときにすぐに再起できる人ばかりではない

退路を断って挑戦し、結果として失敗したとしても、開き直って無一文からすぐに再起を図ることができる人もいます。そのような人は退路を断っても大丈夫というかもしれません。しかし、それは何らかの才能や人間関係などに恵まれているからであって、退路を断ち、失敗した時に全ての人がすぐに立ち直れるわけではないのです。

失敗しても、追い込まれても、すぐに再起を図ることができる人もいれば、そうでない人もいて、退路を断つことで辛い人生を送らなければいけなくなってしまうこともあるのです。

退路を断つことで失敗を恐れ精神的なゆとりがなくなることもある

退路を断つことにはマイナスの副作用もあります。退路を断つことによって失敗した時のことが怖くなってしまって、冷静になれなくなってしまい、精神的なゆとりを失うことがあります。

例えば金銭面で退路を断ってしまうと、お金がなくなったらどうしよう、生活できなくなったらどうしようという不安が強くなってしまい、焦って上手くいかなくなってしまうこともあるのです。

退路を断つことによる影響は良いものばかりではなく、悪いものもあるのです。

大事なのは退路を断つことではなく逃げ道を用意すること

人生の成功確率を高めるためには自分を奮い立たせることも大切ですが、リスク管理も大切です。失敗した時でも取り返しがつかないような損害を生じないようにする、何とかやり直せるような状況を残しておく、いつでも逃げ出せるようにしておく、ということがとても大切なのです。

時間を巻き戻すことはできません。失敗は成長の糧なることは確かですが、失敗で取り返しがつかない状況に追い込まれることは避けなければいけません。失敗した時のリスク管理ができていなければ、再度挑戦することも叶わなくなってしまうのです。

大切なのは退路を断つことではなく逃げ道を用意しておくことです。

退路を断つことなく自分を奮い立たせる

大きな挑戦をするときは退路を断つことなく、自分を奮い立たせることができるよう、モチベーションの高め方を身に付けることが大切です。確かに退路を断つことで必死になることができますが、わざわざ自分を追い込まなくても意欲を高めて挑戦することができるのです。

なぜ挑戦をするのか、挑戦することによって何が得られるのか、といったことを意識して、自分の気持ちを高めていくこともできるのです。退路を断つことに頼らなくても、自分の力を引き出すことは可能なのです。

用意しておく逃げ道の例

退路を断つのではなく、用意しておく逃げ道の例についてです。例えば、転職の場合には先に会社を辞めるのではなく、次の転職先を見つけてから辞めるというようにしておけば、いつでも転職活動を中断したり、やめたりできます。事業をする場合は、副業として始めて軌道になったら本業にすることでいつでもやめることができます。

また、無収入になってもしばらく生活できるようにお金を貯めておく、失敗した時に頼れる家族や友人などを見つけておく、他の収入源を確保しておく、やり直せるような能力・技能を身に付けておく、などが考えられます。

まとめ

  • 退路を断つことによって自分を奮い立たせてやる気を高める効果がありますが、人生は上手くいくことばかりではなく、失敗したときに辛い状況に追い込まれてしまう可能性があります。
  • 大切なのは退路を断つことではなく、逃げ道を用意しておくことです。

スポンサーリンク

【退路を断つのではなく逃げ道を確保しておくの記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ