生活に役立つお金の情報です。

人生の不安や心配を解消して取り除くための克服方法

記事作成日:2018年12月19日

不安や心配に思う気持ちを解消して取り除くための克服方法についてです。不安や心配な気持ちは、将来どうなるか分からないという不確実さや、自分が知らない未知のことに対して起こります。そのため、漠然とした不安や心配なことについて、何が不安で心配なのかをはっきりとさせて、分からないことを調べて知り、対策出来ることをすることで、不安や心配を緩和できることがあります。

スポンサーリンク

なぜ不安や心配な気持ちになるか

不安や心配な気持ちになるのは、これから何が起こるか分からない、どうなるか分からない、といったように漠然と不確実なことに対して、怖さを感じたり、気持ちが落ち着かなくなったりするからです。

つまり、まだはっきりとは起きていないこと、起きるかどうか分からないことに対して、不安や心配な気持ちになるのです。不安や心配になっても、結局何も起きなかったということもありえます。

不安や心配に思う気持ちは誰でも感じる当たり前の反応

人間は未知のこと、将来の不確実なことに対して不安や心配な気持ちを持ちます。これは人間なら当たり前の反応で、不安や心配に思うこと自体が悪いことではありません。もちろん、不安や心配が行き過ぎた場合は病気である可能性も疑わなければいけませんが、ある程度は誰もが不安や心配に思うものです。

不安や心配を解消して取り除くための克服方法

不安や心配な気持ちを解消して取り除くための克服方法です。はっきりしないこと、分からないことを減らしてくことが不安や心配な気持ちに打ち勝つために大切です。

不安や心配は自分への警告だと前向きに受け止める

人生には不安や心配がつきものです。結婚や妊娠、離婚、孤独など家族に関わること、就活や転職、キャリア形成など仕事に関わること、中学受験や大学受験など勉強に関わることなど、生きることへの不安や心配は尽きません。

しかし、人生で感じる不安や心配は、不安や心配を感じるような不確実でかつ重要なことでもあります。不安や心配を感じるときはただ怖がって思考停止になってしまうのではなく、不安や心配は自分への警告だと前向きに考えて、対応していくようにすることが大切です。不安や心配に感じるからこそ、事前に準備や対策ができるのです。

何が不安で心配なのかはっきりさせる

不安や心配な気持ちになるのは、これからどうなる分からない、不確実だと感じるからです。そのため、自分が何を不安や心配に思っているのか、特定することは不安な気持ちをなくすために役に立ちます。

何かわからないけど怖いという状態から、何を怖がっているのかをはっきりさせるのです。どんなことが不安で心配なのか、自分で分析してはっきりと具体化していくのです。

何が起きていることで何がまだ起きていないことなのか分けて考える

不確実なことに対する不安や心配な気持ちは、何が既に起きた現実で、何がまだ起きていない将来のことなのかを分けて考えることが大切です。

既に起きてしまった現実と、まだ起きていないことを混ぜて考えてしまうと、何が不安で心配なのか分からなくなって混乱してしまいます。既に起こってしまったことは変えられませんが、これから起こることは避けられるかもしれません。

不安で心配に思うことは本当に起こり得ることか考える

不安で心配だと思うことは本当に起こることか冷静に考えてみましょう。不安や心配に思っていることは実はほとんど起こる可能性がないことかもしれません。過剰に不安で心配になってしまって、ほとんど起こらないことを起こるかもしれないと過剰に不安や心配になってしまうことがあるのです。

考え過ぎや勘違いでリスクが低いことをリスクが高いと感じることがあるのです。滅多に起きないことまで心配していたら疲れてしまいます。

不安で心配なことは自分でどうにかできるか考える

実際に起こる可能性がある不安で心配なことであるならば、自分の力でどうにかできるものなのか考えます。将来の不安や心配なことは何らかの対策を行うことで自分自身の力で回避できたり、改善できたり、被害を小さくしたりすることができる場合があります。

自分の力でどうにかできることは、自分が対策することで不安や気持ちを減らすことができます。しかし、自分の力ではどうにもならないことは不安や心配をしてもどうしようもないと割り切らなければいけないことがあります。

分からなくて不安で心配ならば調べて知ることで緩和できる

将来どうなるか分からないという不安で心配な気持ちは自分が詳しく知らないことで起きている場合があります。例えば、老後の生活を不安に感じるのであれば、老後の収入にはどのようなものがあって、どのくらいお金が必要になるのか、調べて知ることで不安をやわらげることができます。

何も知らなければ漠然と怖がらなければいけないかもしれませんが、知ることによって不安で心配な気持ちが解消されて克服できたり、対策を打てば解決するんだと知って心配ではなくなることがあるのです。

不安や心配の種は無限にあるので楽観も必要

生きること自体が不確実なことです。将来どうなるかは誰にもわかりません。そのため、不安や心配をしようと思えば、不安や心配の種は無限にあります。気にし始めてしまうと、何もかもが気になってしまいます。例えば、自分の身に明日隕石が落ちてくるかもしれませんが、不安や心配ばかりしていると生きていけません。

不安や心配は無限に感じることが出来てしまうので、どこかで割り切って考えないようにしないと生きていけなくなってしまうのです。楽観的に考えることも大切なのです。自分の都合が良いように楽観的に解釈して、不安や心配に感じないような考え方をすることも大切なのです。

失敗や上手くいかないことを過剰に恐れない

失敗してしまうことや上手くいかないことに不安や心配を感じてしまうことがあります。もちろん、人生は何事も上手くいくに越したことはありませんが、全てが順風満帆という訳にも行きません。

失敗や上手くいかないことを不安や心配になってしまうこともありますが、失敗や上手くいかなかった時に何が困るのか、何を失うのか考えた時に思ったほど失敗を恐れなくても良いと感じることがあります。

命を失ったり、けがをしたり、誰かを傷つけるような失敗は回避しなければいけませんが、例えば、仕事で失敗したら、挽回したり、転職したりするという選択肢があります。受験で失敗したら、別の機会で再チャレンジすれば良いのです。

失敗したらもうだめだと思い込んでしまうことが不安や心配な気持ちを生み出してしまうことがありますが、失敗してもやり直せるということを知ることで、不安や心配が克服できることもあります。

まとめ

  • 心配や不安な気持ちは、まだ起こっていない将来の不確実さや未知のことに対して発生します。
  • 何を心配や不安に思っているかはっきりさせて、分からないことを知り、対策出来ることをすることで不安を解消して取り除くことができる場合があります。

スポンサーリンク

【人生の不安や心配を解消して取り除くための克服方法の記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ