生活に役立つお金の情報です。

自分らしく生きるための方法・自分らしさとは何か

記事作成日:2018年5月26日

自分らしく生きるための方法と自分らしさとは何かについてです。自分らしさとは、自分の性格や特徴にありのままでいるということを意味します。自分らしく生きることは、自分の気持ちや考え方を抑えたり、我慢したりしないで、自分の気持ちや考え方に沿って素直に生きることを意味します。自分らしく生きるためには、自分自身を理解し、自分を肯定的に受け入れ、自分の気持ちを我慢しないで、やりたいことをやることが大切です。

スポンサーリンク

自分らしく生きる・自分らしさとは何か

「自分らしく生きる」とは、自分の気持ちや考え方を抑え込んだり我慢したりしないで、自分の気持ちや考え方に正直になって素直に生きることを意味します。

逆に「自分らしく生きる」のではない生き方は、自分の気持ちや考え方ではない気持ちや考え方に従って生きることです。他の人の意見に左右されたり、漠然と日々流されたりして生きているような状態は自分らしくないことがあります。

他人ではなく自分や自分の大切な人のために生きる

自分らしく生きるためには、他人のためではなく、自分のため、あるいは自分が大切にしたいと思う人のために生きることが重要です。他の人の意見に従って生きていると自分のためではなく、他の人のために生きていることになってしまいます。

人生の時間には限りがあり、他の人にどう思われているかを気にして生きていると、人生の貴重な時間はあっという間に過ぎ去ってしまいますし、窮屈な生き方になってしまいます。例えば他の人に良い顔ができなかったとしても、自分のために、自分が望むような生き方をすることが大切なのです。

自分の人生は一度きりなので精一杯楽しむ

自分の人生は一度きりで、過ぎてしまった時間が戻ってくることはありません。自分のために自分が精一杯生き抜くのが自分の人生なのです。自分の考え方や気持ちを抑えたり、我慢したりして、自分が望まないことをし続けて生きていかなければいけないとしたら、大変苦痛な人生になってしまいます。

自分の一度きりの人生なので、自分らしく生きて自分や自分の大切な人の幸せを追求することが大切なのです。

自分らしく生きることはわがままとは違う

自分らしく生きるということは、自分のありのままに素直に生きる、自分の感情を抑え込まないということです。これはわがままということと同じではありません。わがままとは、他の人のことを考えず、自分のことだけを考えて行動することをいいます。

人は社会の中で他の人に助けられながら生きています。自分の生活は社会の他の誰かによって支えられているのです。社会で生きることによって幸せを追い求めることができるのですから、社会に迷惑をかけるようなことをしてはいけません。

自分が幸せを追求するのであれば、社会の他の人に迷惑をかけてはいけませんし、他の人の意見や価値観、好みなどは尊重しなければいけません。他の人も幸せを追求する権利があるのです。

世の中で生きている人はそれぞれ違った考え方や個性があり、多様な価値観、社会の構成員の多様さは尊重されなければいけません。自分が人を尊重するからこそ、他人も自分のことを尊重するのです。そのため、自分らしく生きるために、自分勝手でわがままなふるまいをしてはいけないのです。

自分らしく生きるための方法

自分らしく生きるための方法についてです。自分らしく生きるためには、自分自身について考えて自分自身のことや自分らしさについて理解を深めることが大切です。また、他の人を羨ましがるのではなく、自分のありのままを肯定的に受け入れることが必要です。

そして、自分の気持ちを抑えなくて済むように、周りに流されないように気を付けます。自分らしく生きられるように自分がやりたいことをできるような環境づくりも重要です。自分らしく幸せに生きるためには明るくて良い気持ちを持てるような過ごし方を心がけるとよいでしょう。

自分自身について自分らしさとは何かを理解する

自分らしく生きるためには、自分自身を理解して、自分らしさとは何かを考えることから始めます。

自分自身を理解する

自分自身のことは自分自身が一番良い理解者になることができます。もちろん、恋人や家族など自分以上に自分のことを分かってくれている人がいるかもしれません。しかし、自分のことは自分自身が一番理解することができるのです。

自分が何をやりたいのか何をやりたくないのか、何が好きで何が嫌いなのか、夢や希望は何なのか、何を大切にしていきたいのかなど、自分自身のことをすぐにはっきりと言葉では表現できないかもしれませんが、感じることはできるはずです。

自分自身が感じていることを、一つ一つ解きほぐしていって、自分自身が何を考えているのか、何がしたいのかを理解するようにしましょう。

やりたいことややりたいくないことを書き出す

自分らしく生きるためには、自分がどうしたいのかを理解する必要があります。やりたいこととやりたくないこと、好きなことと嫌いなこと、楽しいと感じることとそうでないこと、夢や目標などをノートやメモに書き出して、自分の気持ちや考えを整理してみましょう。

心の中でモヤモヤと漠然と感じていたことであっても、言葉として書き出していくと気持ちが整理されていくはずです。自分が何をやらたいのか、どうなりたいのかをはっきりさせることは自分らしく生きるために大切なことです。

夢や目標があるならはっきりさせる

夢や目標、やりたいことがあるならはっきりとさせた方が望ましいです。夢や目標などの目的地が決まっている方が、やりたいことは明確になりますし、自分の意欲・モチベーションを保ちやすくなります。夢や目標に向かって歩いていくということは自分らしく生きることに他なりません。

ただし、本当に自分が望んだ夢や目標であるのかは冷静に考える必要があります。人から言われて決めた夢や目標であったり、周りの流行に流されて決めた夢や目標であったりする場合があるためです。

自分ではなく他人が決めた夢や目標であった場合には、そのうち違和感を感じてしまうことがあります。他人が決めた夢や目標でなくても、突き進むことに疑問を感じた場合は、一度立ち止まって本当にそうしたいのか自分に問いかけることも必要です。

夢や目標はあってもなくてもいい

夢や目標があると夢や目標に向かって突き進むことが容易になります。しかし、明確な夢や目標がないからといって焦る必要はありません。無理矢理夢や目標を作り出しても感情がついていかないので、夢や目標が思い浮かばないならそれでも良いのです。

大きな夢や目標がなければ、今身近に感じるやりたいことや好きなこと、面白いと感じること、いいなと感じること、楽しいなと感じることをすればいいのです。

もし、何も感じないなら、身の回りのことをもう少し肯定的に見てみましょう。日々安全に過ごせるだけで幸せだと感じるかもしれません、家族といられるだけで嬉しいと感じるかもしれません。大げさなことではなく、些細なことで構わないので、いいなと感じることを見つけてみましょう。

自分自身を肯定する・他人と比べない

自分らしく生きるためには、他人と自分を比べて落ち込んだり、羨ましがったりしてはいけません。自分自身をありのまま肯定することが大切です。

自分を否定しないでありのままを受け入れる

自分らしく生きるためには、自分を否定しないで自分をありのまま受け入れること、肯定することが大切です。自分自身が嫌なのであれば、自分らしく生きたいとは思いません。自分は自分に他ならないのに、自分自身が嫌であれば、何もできなくなってしまいます。

人には個性があって、良いと思うような部分も、悪いと思うような部分も入り混じっています。人のほとんどは完璧な超人ではありませんし、何か足りない部分があります。しかし、ないことをないと嘆くのではなく、今あるものをあると受け止めることで自分を否定しないですみます。

人はそれぞれ違っていて、価値観や好みが違うからこそ、色々な人が社会で活躍できるように、生きていけるようになっています。自分の良いところを見つめ、悪いところはそういうものだと割り切って、自分をありのまま受け入れるようにしましょう。自分自身を否定し続けても楽しくありませんし、自己嫌悪を続けていても辛いだけです。自分に自信を持つようにしましょう。

自分は他人にはなれないので他人とは比べない

自分はあくまで自分です。他人になることはできません。もし、自分が他人に取って代われるならいくらでも他人の人を羨ましがってもいいのかもしれませんが、自分は自分の人生を生きていくしかありません。他人は他人、自分は自分なのです。

他人のことを見て自分も頑張ろうと思うなら意味があるかもしれませんが、他人のことを羨ましいと思ったり、嫉妬したりしてマイナスの感情に囚われて閉まると、自分のストレスや時間の無駄になることはあっても、自分にとってプラスにはならないのです。

他人と比べて自分はどうかというように考えてしまうと自分らしく生きることができなくなってしまいます。他人とは生きてきた環境、性格や価値観が全く違うのですから、比べて足りない部分を嘆いても意味がありません。

また、案外羨ましいと思うような人でも、実は悩みや問題を抱えていることが少なくありません。表面的には気丈に振る舞っていても、実はそうではないということはあるのです。周りから見られるときは誰もがどう見られているかということを意識するため、都合が悪いことを隠して、良い部分を見せようとします。

そのため、他人のことを良いなぁ、羨ましいなぁと感じてしまうかもしれませんが、それは良い部分しか見ていないからそうなってしまっているのかもしれません。

今の自分で自分らしく生きる

自分は自分であって他人ではありません。今自分自身が持っているもの、自分自身の性格や特徴で生きていかなければいけないのです。今自分が持っているものを最大限活用して、自分の人生を楽しく、自分らしく生きていくしかないのです。

今自分に配られたカードを使って、自分自身の人生を切り開いていくしかないのです。ないものねだりをしたことで、ないものはないのです。

自分は他人とは違っていて、楽しいと感じることややりたいことなどの価値観が違うのに、他人の人生を模倣しても満足できるとは限りません。人生は人それぞれで、何を楽しいと感じるか、何を幸せと感じるかは人によって違います。

人生にはこう生きなければいけないという模範解答、正解はなく、振り返ってみて自分が良かったと思えるかどうか、幸せだったと感じられるかどうかが大切です。

自分自身の気持ちや考え方を我慢して、抑え込んで生きていると、振り返ってみてあの時ああしておけばよかったというような後悔の感情が押し寄せてくる可能性があります。

自分の気持ちや考え方を抑え込まない・我慢しない

自分らしく生きるためには、自分の気持ちや考え方を抑えたり我慢したりしてはいけません。そのためには他の人の意見に流されないように自分の気持ちをはっきりとしておくことが大切です。

周囲の他の人の意見に流されない

自分らしく生きるためには周囲の他の人の意見に流されないことが大切です。他人の意見に従った結果失敗したとしても、結果は自分に降りかかってきますし、他人は責任を取ってくれません。何より自分の人生であって、他人に指示されて、自分が他人の思うように生きているのでは何のために生きているのか分からなくなってしまいます。

周りの人が全員そうしているから自分もそうするとか、他の人がこういっていたから自分はそうするとか、偉い人や有名な人がこういっていたから自分もそうするというような、周りに流されるような生き方をしていると自分らしく生きることはできません。他人らしく、他人の人生を模倣して生きていることになってしまいます。

自分の気持ちや考え方をはっきりと持つ

他の人の意見に流されない、周りに流されないで自分らしく生きていくためには、自分の考え方や気持ちをはっきりとさせておいて、自分の考え方や気持ちに従って判断することが大切です。

誰もが自分自身の考え方や気持ちはあるはずなのですが、自分自身の考え方や気持ちが漠然としていて判断の時に役に立たなかったり、他に人に嫌がられるのを恐れて自分の考え方や気持ちを無視して従ってしまったりすることがあります。

自分自身が考え方や気持ちをはっきりと持っていれば、他の人の意見通りにしない方が良いと判断することができますし、他の人にこういう理由で自分はそうすることはできないと説明することもできます。

他の人に必要以上に遠慮しない

他の人の気持ちや考え方を尊重することはとても大切です。人には様々な個性や価値観があるからこそ、人はそれぞれ価値が認められて生きていけるのが今の社会です。しかしそれは、他人の気持ちや考え方を全て自分も受け入れるということではなく、他の人はその人の価値観、自分は自分の価値観が認められるということです。

積極的に人を傷つけることはしてはいけませんが、意見を押し付けようとしてくる人に対して、その人の意見を聞かないと傷つけてしまうと配慮して、自分の意見を捻じ曲げてしまうのは間違いです。自分はそうは思わないということを伝えて、自分は自分の価値観を大切にしたい、認めてほしいと伝えることが大切です。

もし、自分の意見は他人に押し付けるけど、他の人の意見は聞く気がないという人がいたら、人間関係を無理して続ける必要はありません。人それぞれの価値観を否定する人とは上手くやっていくことが難しいからです。

他の人の意見や価値観は尊重されるべきですが、押し付けはいけません。他の人に必要以上に配慮して、自分の意見や気持ちを押さえつけてしまわないようにしましょう。

他の人にどう思われるかという評価を気にしない

自分らしく生きるためには、他人のために生きるのではなく、自分や自分が大切だと思う人のために生きることが大切です。そのため他の人にどう思われるか、どう見えるのか、どう評価されているかということを必要以上に気にしてはいけません。

他の人に良く思われたい、褒められたいと思うと、自分らしく生きるのではなく、他の人が好むように生きるようになってしまいます。もちろん、他の人と上手くやっていくためには他の人からある程度好感を持ってもらった方が良いでしょう。

しかし、周りの目を意識しすぎてしまうと、自分の気持ちや考え方を抑えてしまうことになりますし、周囲の目を気にするのは自分にとってストレスになってしまいます。

褒められようとしない、自慢しようとしない、人より優れていることを示そうとしない(いわゆるマウンティング行為をしない)、誰にでもいい顔をしようとし過ぎない(八方美人になりすぎない)、評価されようと意識しすぎないことで、自分らしく生きるようになれます。他人の目を意識しすぎて、自分自身を束縛してしまってはいけません。

また、他の人は自分のことを見ているようで見ていない部分もあります。あくまで他人は他人ですし、みんな自分のことに一番関心があることがほとんどです。他の人から見られているとしても、それほど他人の頭の中では自分が重要な位置を占めていることは少ないのです。

嫌なことや気が進まないことはやらない

嫌なことや気が進まないことはできるだけやらないようにしましょう。仕事などで生きていくためには仕方がない、大切な家族のためだから仕方がないというのであればやむを得ないかもしれませんが、嫌なことや気が進まないことはできるだけやらないようにすることが自分らしく生きるためには大切です。

嫌だと思うことは嫌だと伝える、嫌だなと思うことにはなるべく関わりを持たないようにして距離を置く、嫌だと思うことは無理にやろうとしないということが大切です。嫌なことからは逃げても良いことがあるのです。

嫌なことや気が進まないことを無理にやろうとするとストレスになってしまいますし、自分の考え方や気持ちを押さえつけてしまうことになります。

他の人を不必要に傷つける必要はありませんが、気が進まない誘いは断るようにする、やりたくないお願いは断るようにするなど、嫌なことは無理矢理受け入れようとしないことが大切です。

自分の考えや気持ちを人に伝える

自分らしく生きるためには、自分の考えを人にちゃんと伝えることが大切です。他の人に遠慮してしまって上手く伝えられない、恥ずかしくて上手く伝えられない、気分を害してしまうのが怖くて伝えられない、ということがあるかもしれません。

しかし、自分の考え方を上手く伝えられなければ、周囲に自分の考え方を理解してもらうことはできませんし、自分らしく生きることが難しくなってしまいます。

他人を傷つけるようなことはしてはいけませんが、それは自分の意見を言わないようにすることと同じではありません。自分の思いや考えは言葉として相手に伝える必要があります。

遠慮して伝えなかったり、意味をぼかして漠然と伝えたり、本気ではないことを伝えてしまったりすると、他の人と素直で正直なやり取りができなくなってしまいます。

また、他の人に好意や感謝の気持ちを伝える場合も恥ずかしがっていてはいけません。言葉にしないと相手に伝わらないからです。相手に伝えたい気持ちがあれば、恥ずかしがらずに、正直に伝えることで、自分らしく生きることができるようになります。

自分のために自分がやりたいことをする

自分らしく生きるためには自分のため、あるいは自分が大切にしたい人のために、自分の素直な気持ちに従って自分がやりたいことをやれるようにすることが大切です。

やる前からやりたいことをできないと思わない

自分らしく生きるためには、やりたいことをやることが大切です。もちろん、他の人を困らせてしまうようなことは思いとどまらなければいけないですが、他の人を困らせるわけでもないのに、自分にはできないと思ってしまってはいけません。

やる前からできないと考えてしまったり、何事も否定することから入ってしまったり、難しく考えすぎてしまったり、悪いことばかり考えてしまったり、不安や心配ばかりしてしまったりして、やりたいことをやれないとネガティブに考えないようにすることが大切です。

自分らしく生きるためには、感情面で自分らしくならないように気を付けることが大切です。気が付かないうちにできない理由を考えるようになってしまっては、自分がやりたいことをできなくなってしまいます。自分らしく生きるためには、挑戦することを恐れないで、やりたいことに取り組むことが大切です。

自分がやりたいことができる環境づくりをする

自分らしく生きるためには、自分らしく生きていけるような環境を自分で作っていくことも大切です。例えば、仕事で忙しくて日々疲れ果てていて、仕事以外のことが何もできない状況であれば、働き方を見直した方が良い場合があります。

自分らしく生きるために、自分がやりたいことをできる環境を作る、楽しいと感じることが思う存分できるような環境に身を置くことも自分らしく生きていくためには大切なことです。

忙しくて時間がない、お金がなくてできない、といったような環境の場合には、置かれた環境を嘆くのではなく、置かれた環境を改善していくか、自分を置く環境を変えることが必要です。自分がやりたいことができるように環境づくりをしていくのです。

辛い環境に身を置いてしまうと、疲れやストレスがたまり、精神がやられてしまいます。仕事は人生の中でも長い時間を占めることになるため、生き生きと仕事ができるように、働き方を見直すことも自分らしく生きるためにはとても大切なのです。

自分らしく生きるためには努力や学びも必要

楽をして自分らしく生きることはできません。自分がやりたいことをできるようにするためには、時にはやりたくないことにも全力で取り組まなければいけないことがあります。「自分らしく生きる≠楽をする」であって、自分らしく生きるためには、自分らしく生きられるような努力が必要になりますし、学ぶことも必要です。

他の人の生き方や振る舞いに惹かれる部分があるのであれば、他の人の意見に流されるのではなく、単に模倣するのでもなく、学ぶべきところを学び取って自分のものにすることも重要です。

嫌なことをすべて避けていれば自分らしくなるとは限りません。特には踏みとどまって乗り越えなければいけないこともあるのです。

人間関係を広げて多様な価値観に触れる

自分らしく生きるためには、自分自身の理解が必要です。しかし、自分自身を理解するために自分のことだけを考えていればいいかといえばそうではありません。自分自身を客観的に理解するためには、様々な人との交流を通じて、多様な考え方や価値観に触れることが大切です。

様々な価値観に触れることができれば、より自分のことを客観的に見ることができるようになりますし、気が付いていなかった自分の可能性に気が付くこともあります。自分では漠然とこうしたいという気持ちがあっても、自分だけでは具体的な形にできないことがあります。しかし、他の人の考え方に触れることで、気づきが得られて自分の気持ちが具体化することもあります。

できることから始める・すぐに行動する

自分らしく生きようと思っても、いつかそうしようと思うだけでは、その時はいつまでたっても訪れません。自分を変えたいと思うのであれば、すぐに動き始めて行動を起こすことが大切です。いつかやろうと思っていることはいつまでもできないからです。

本当にやる気があるのであれば、今すぐ始められるはずです。しかし、いきなり大きな物事を達成しようとすると、たどり着くまでに挫折してしまう恐れがあるので、できることから、小さなことからでも構わないので、着実に前に進むことが大切です。

小さな目標を少しずつ達成しながら大きな目標に迫っていくのです。小さな目標のためであればすぐに行動することも容易です。

プラスの良い感情で日々を過ごす

自分らしく生きるためには、暗くてマイナスの感情で日々を過ごすのではなく、明るいプラスの良い感情で日々を過ごすことが大切です。

自己嫌悪やマイナス思考に陥らないようにすることが大切です。失敗から反省して学ぶ姿勢は大切ですが、自分を否定して自己嫌悪しても辛くなるだけでそれ以上は何もありません。自分を責め続けるよりもどうすればこれからの未来が良くなるのか、どうすれば幸せになるのかを考えた方が有益な時間を過ごすことができます。

過去を振り返って後悔するのではなく、今を楽しみ、未来を見て前向きに生きていくことが大切です。過去を振り返っても過去の時間は返ってこず、やり直しができません。過去から失敗を学ぶことは大切ですが、後悔の念に囚われてはいけないのです。

また、他の人には優しい思いやりの気持ちをもって接するようにして、必要以上に攻撃的・批判的なふるまいをしてはいけません。他の人を傷つけてしまいますし、自分自身も傷ついてしまいます。

普段から明るい言葉、前向きな言葉、優しい言葉を使うように意識して、笑顔で生きていけるようにすると、自分らしく生きていけるようになります。

まとめ

  • 自分らしく生きるとは、自分の気持ちや考え方を抑えたり、我慢したりしないで、自分の気持ちや考え方に沿って素直に生きることを意味します。
  • 自分らしく生きるためには、自分自身がどう考えているかを理解し、自分をありのままに肯定的に受け入れ、周りに流されず自分の気持ちを我慢しないで、自分らしく生きるために自分がやりたいことをやることが重要です。

スポンサーリンク

【自分らしく生きるための方法・自分らしさとは何かの記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ