生活に役立つお金の知識と情報です。

生活と暮らしの意味と違い

記事作成日:2019年4月20日

生活と暮らしの意味と違いについてです。生活と暮らしは、生きて活動すること、生きて日々を過ごすこと、生きるためのお金のやりくりをすることという意味があります。生活と暮らしは与える印象が違う場合がありますが、基本的に同じ意味で違いはほとんどないと考えて問題ありません。人間の生活・暮らしを考える上では、衣食住、お金、家族・人間関係、時間が重要な要素となります。

スポンサーリンク

生活とは・生活の意味

生活は生きること、生きて活動すること、日々を過ごすこと、暮らすことを意味します。また、お金をやりくりして生きていくことという意味(生計)もあります。生活は人間に限らず生き物全般に使える言葉です。生活という言葉は具体的な日々の過ごし方、活動の仕方の印象を持つ場合があります。

暮らしとは・暮らしの意味

暮らしとは、日々を過ごしていくこと、生活していくことを意味します。また、生きていくためのお金のやりくりをすることも意味(生計)します。暮らしは人間だけでなく、生き物全般に使うことができます。暮らしという言葉には、生活の方法や様式、ライフスタイルといったような意味合いが混じることがあります。

生活と暮らしの意味の違い

生活と暮らしは基本的に同じ意味で使われるため、意味の違いを見出すことが難しいと言えます。「生活」と言う言葉が使われている部分に「暮らし」という言葉を当てはめても、「暮らし」という言葉が使われている部分に「生活」という言葉を当てはめても、意味が通じることがほとんどだからです(もちろん助詞や文の繋がりに配慮が必要な場合があります)。そのため、「生活」と「暮らし」はほとんど同じ意味であると考えて通常は問題がないと思われます。

敢えて「生活」と「暮らし」で意味の違いを見出すのであれば、「生活」はより具体的なイメージ、日々の過ごし方というようなイメージを持つ場合があり、「暮らし」はより抽象的なイメージを持つ場合があるということ、「暮らし」はライフスタイルや生き方といった印象を「生活」よりも強く持つ場合がある、といったことが挙げられます。

しかし、実際には「生活」と「暮らし」という言葉は厳密に使い分けられていないため、同じ意味だと考えて支障はないでしょう。

人間の生活や暮らしにとって重要な要素

人間の生活や暮らしでは、住む場所、食べ物、着る物を確保するということで衣食住が重要となります。また、人間は1人では生きていけないため、家族の形成、家族以外の人や地域社会との関わり方、人間関係が重要になってきます。

現代社会では、衣食住の確保はお金と密接に関係するため、生活・暮らしとお金は切っても切り離せない関係となります。昔であれば狩猟や採集で食べ物を確保していたかもしれませんが、現代ではお金がなくなると、住む場所や食べ物を確保できなくなってしまうため、お金のやりくり、家計が生活にとって重要になってきます。

その他、どのように日々を過ごすかということでは、時間の使い方、時間配分が大切となります。どのように生きるかということはどのように時間を使うかということに他ならないためです。稼ぐために仕事の時間を確保することは必要ですが、睡眠時間や人と関わる時間、趣味・娯楽の時間、生活に必要な作業の時間、体を動かして運動する時間などを削っては健康を損ねますし、生活の質(QOL:quality of life)が下がってしまいます。

人間の生活や暮らしにとって重要な要素の例

  • 食品(食べ物や飲み物)
  • 衣料(身に付けるもの)
  • 住居(安全に住む場所)
  • お金(収入の確保や家計)
  • 家族関係(家族を作る)
  • 人間関係(個人や社会との関わり)
  • 時間(時間の配分や使い方)

まとめ

  • 「生活」と「暮らし」という言葉は与える印象が違う場合もありますが、基本的には同じ意味で、生きて活動すること、日々を過ごすことという意味があります。
  • 人間の生活や暮らしを考える上では、衣食住、お金、家族・人間関係、時間が生活の質(QOL)を高める重要な要因となります。

スポンサーリンク

【生活と暮らしの意味と違いの記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ