生活に役立つお金の情報です。

技術と技能の意味の違い・技術や技能とは何か

記事作成日:2018年2月21日

似た言葉である技術と技能の意味の違いについてです。技術と技能は似た言葉であるため、混同されて使われることもありますが、異なった意味を持っています。技術の「術」は方法・手段という意味があります。技術とは、物事を上手に行う方法・手段という意味になります。一方で、技能の「能」は、できる、することができる力、能力という意味があります。技能は技術を使いこなす能力、上手に行う能力ということになります。

スポンサーリンク

技術とは・技術の意味

技術とは、物事を上手に行う技・方法・手段という意味があります。技術は、科学によって発見された理論を実践・実用化するために設計・分析などによって発明される方法や手段、道具です。つまり技術とは理論の実践するための方法・手段です。

技術には建築技術、情報通信技術、医療技術、先端技術、環境技術、エネルギー技術、軍事技術、無線技術、宇宙技術、農業技術、バイオ技術、産業技術、電気技術といったような自然科学に関する技術のほか、金融技術、経営技術、教育技術、スポーツ技術、音楽技術など自然科学に限らない人文科学・社会科学などに関するものもあります。

技能とは・技能の意味

技能とは、技術を使いこなす能力のことです。物事を上手に行う方法・手段である技術を知識として知っていても、実際に技術を使いこなせるとは限りません。やり方を知っていたとしても、経験したことがないのであるならば、実際にはなかなか上手にできません。

技能は、技術を知識として知っているだけで得られるものではなく、手を動かすなどの作業を繰り返して行い、経験を積むことによって得られます。慣れることによって技術を上手に使いこなせるようになるのであって、技術をうまく使いこなす能力のことを技能といいます。

技術と技能の違い

技術は「技」の方法・手段、技能は「技」の能力ということになります。技術は具体的な方法・手段であって、言語化・文書化・図示されたものを知識として吸収することができ、他の人に伝えることが比較的容易にできます。

一方で、技能は物事を上手に行う方法・手段である技術を使いこなす能力で、繰り返し実行することによる経験によって身につくことが多く、言語化・文書化・図示しづらいため、他の人に伝えることが困難なものが多いです。

例えば、金属を加工する方法・手段は技術であって、技術は知識として吸収することができます。しかし、金属を加工する方法・手段を知識として知っていたとしても、実際に上手に金属を加工できるとは限りません。

知っているだけで未経験であるならば、上手にできないことが多いでしょう。技術を理解した上で作業を繰り返し、経験を重ねることによって技術を使いこなす技能を得ることができるようになるのです。

まとめ

  • 技術とは、物事を上手に行うための方法・手段を意味します。技術は、文書化・言語化された知識として、習得することが可能で、人に伝えることも比較的容易です。
  • 技能とは、技術を上手に使いこなすための能力を意味します。技能は、実際に作業を繰り返して行い、経験によって獲得していきます。技能は文書化・言語化が難しいため、人に伝えづらいという特徴があります。

スポンサーリンク

【技術と技能の意味の違い・技術や技能とは何かの記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ