生活に役立つお金の情報です。

科学コミュニケーションとは何か・意味と必要性

記事作成日:2018年7月5日

科学コミュニケーション(サイエンスコミュニケーション)とは、科学の専門家と非専門家の双方向の様々な種類のコミュニケーション、例えば、専門家が非専門家に知識を伝えること、専門家と非専門家が意見を交換すること、非専門家から専門家に質問や要望をすることなど幅広い活動を意味します。

この場合の科学とは、自然科学に限られず、人文科学や社会科学を含むことがあります。また、科学技術コミュニケーションとして、技術分野を含む場合があります。

科学コミュニケーションは、学校や大学などにおける科学教育、生涯学習などにおける科学に関する講座、博物館等における科学分野の展示、科学技術に関する意見交換会、科学に関する情報誌の発行、政府機関などによる科学に関する広報活動など様々な取組があります。

スポンサーリンク

科学コミュニケーションの意義・必要性

科学コミュニケーションは科学が重要な役割を果たしている現代社会にとって重要な意義を持っています。科学の専門家だけが科学に関わるのではなく、社会全体で科学に関わり、科学的な知見を活かしていくために科学コミュニケーションは必要なのです。

科学的な考え方に基づく合理的な判断が出来るようになる

科学コミュニケーションを行うことで、科学的な考え方に基づく合理的な判断が可能になります。例えば、自然災害や病気などに対する根拠のない恐怖を排除し、科学的な対応を行うことができるようになります。思い込みや勘違いによる判断を避けられるようになり、科学的な根拠に基づいて物事を見ることができるようになります。

科学に基づく新しい技術などが受け入れられるようになる

科学的な理解を深めることによって、新しい技術を受け入れやすくなり、よりよい社会のために活用することができるようになります。遺伝子工学に関する分野は生命倫理とも関わり慎重な議論が必要な分野ですが、社会の理解を得ることで科学技術の利用について合意形成が得やすくなります。

科学の発展に対する社会的な理解が得られる

科学コミュニケーションによって、社会から科学の発展に対する理解が得られ、科学の研究に対する支援を得やすくなり、更なる科学の発展に結びつきます。社会が科学を有用なもの、有益なものだと思えば思うほど、科学を発展させていこうという雰囲気が強まり、科学の発展が促進されることになります。

科学を生活に役立てることができるようになる

科学を理解することによって科学の知識を生活に役立てることができるようになります。例えば、料理をするときにどうすると雑菌の繁殖を抑えて安全な調理ができるのかとか、電気製品を安全に使うためにはどうすればよいかとか、これから天気がどうなりそうかなどといったことが科学的に分かるようになります。

まとめ

  • 科学コミュニケーションとは、科学に関する専門家と非専門家の双方向のコミュニケーション活動を幅広く意味します。
  • 科学コミュニケーションを行うことによって、非専門家が科学的な判断を行うことができるようになる、新しい技術が受け入れられるようになる、科学の発展に結びつく、科学が生活に役立てられるようになるなどの効果があります。

スポンサーリンク

【科学コミュニケーションとは何か・意味と必要性の記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ