生活に役立つお金の情報です。

勉強することや学ぶことの意味・意義・理由

記事作成日:2017年11月10日

なぜ勉強するのか、学校の授業は将来人生の役に立つのかということは誰もが感じる疑問かもしれません。学校の授業などを通じて勉強すること・学ぶことの意味・意義・理由は一言で表現すると、人生を豊かなものにして幸せに暮らすため、ということになります。勉強や学びによって、自分自身が成長でき、人生の選択肢を増やすことができるため、人生を豊かで幸せなものにできる可能性が高まるのです。

スポンサーリンク

勉強する・学ぶ意味・意義・理由のは人生を豊かで幸せにするため

勉強する・学ぶことの意味・意義・理由は、自分自身を成長させるとともに、人生の選択肢を増やすことにつながり、結果として人生を豊かで幸せなものにする可能性を高めるということです。

  • 勉強は自分自身の成長につながる
  • 勉強は人生の選択肢を増やす

勉強は自分自身の成長につながる

勉強をすることで自分自身の成長につながることは勉強をする重要な意味・意義・理由の1つです。

勉強で生活・仕事していくため知識・技能・経験を得られる

世の中や社会の仕組みを知らない、あるいは日常生活や仕事をするために必要な基礎知識・技能がないのであれば、生活していくことも、仕事をすることも困難になってしまいます。人に騙されてしまうかもしれません。

学校の授業では、国語、算数・数学、理科、社会、外国語(英語)、音楽、家庭・技術、保健体育、図画工作、美術、道徳などを学びますが、勉強や実験、体験学習などによって、生活や仕事をするため、自分の身を守るために最低限必要となる土台・基盤・基礎となる知識・技能・経験、教養を得ることができるのです。

勉強で考える力・忍耐力・コミュニケーション能力が身に付く

勉強では学んだことを基に問題を解くという過程を通じて記憶力・論理的思考力・問題解決能力が鍛えられます。一方で、勉強では単調な作業を繰り返すこともあり忍耐力を身に付けることができます。

難しい問題を解いたりすることで、乗り越える能力が身に付くことになります。学校などの学びの場で先生や同級生と話し合うことでコミュニケーションの能力も身に付きます。自分自身の考え方を表現したり、他の人の考え方を聞いたり、異なった意見を調整したりする能力、社会性が身に付くのです。

人生は自分自身が生きていかなければいけません。考える力や忍耐力など勉強を通じて身に付く能力は人生をより良くするために役立つのです。

勉強は点数という目に見えやすい成果で自信をつけられる

学校の勉強では、頑張って努力すればテスト・試験の点数という分かりやすい成果が出ます。学校の勉強は、努力が成果に結びつきやすいという特徴があります。

人生では頑張って努力しても報われないことがありますが、勉強は報われやすいため、頑張ることを通じて成果を出し、自分に自信を持つことができるようになります。

勉強すれば周りに良く思われるため自信につながる

実際に学校で学んでいる子どもからすると、周りに良く思われたいから勉強を頑張るということがあります。両親や先生に褒められたい、怒られたくない、同級生(友達)などに馬鹿にされたくない、負けたくない、勝ちたいという気持ちから勉強をすることがあります。周りに良く思われることでも自分の自信となり、成長に結びつくことがあります。

勉強は人生の選択肢を増やす効果がある

勉強することで人生の選択肢を増やすことができます。より直接的には勉強することで希望する学校・大学に進学できます。優秀だとされる大学に進学することで、学歴が得られ、就職活動でも有利になります。

勉強すると希望する学校・大学に進学できる

小学校、中学校、高等学校などの学校教育機関で実際に学んでいる人にとっては、勉強することで自分が良いと思う希望する進学先(中学校、高等学校、大学など)に進学することができます。勉強することで進学、学歴という成果を得ることができるのです。

受験のために勉強するということになります。良い学校・大学に進学すると、就職にも好影響があります。また、医学部のような学部は学力が高くないと入学できない場合があります。

勉強で学歴を得られると就職で有利になる

優秀と言われる大学を卒業し学歴を得ることで、大学を卒業するだけの知識・能力があり、大学を卒業するための努力をしたということを客観的に示すことができます。

学歴だけでは仕事をする能力を完全に把握することはできませんが、学歴は1つの目安になります。頑張って勉強することで就職で有利となり、人生の選択肢を広げることにつながります。

知識・視野を広げることで人生の選択肢が増える

勉強で知識・視野を広げておくことで、人生の選択肢を広げることができます。人間は全く知らないことは知らないまま人生を終えてしまう、人生で選択できない可能性があります。

面白い仕事が世の中にあっても、存在を知らない、面白さを知らないのであれば、関わろうとは思わない可能性があります。世の中を知ることでたくさんの選択肢を得られるのです。

専門的・高度な仕事で直接的・間接的に役に立つ

学校の授業や大学の講義で学ぶことの全てが直接的・間接的に仕事で役に立つとは限りません。しかし、専門的・高度な仕事では、一見何の役にも立たないように思える知識が重要であったりすることがあるのです。

将来、難しい仕事、専門的な仕事にも取り組めるように、仕事で直接的・間接的に役に立つ可能性があることを学校の授業で学ぶのです。

外国語は仕事や海外生活に役立つ

英語、フランス語、中国語などの外国語は海外で生活したり、仕事をしたりする場合に必要となります。また、近年は日本を訪問する外国人も増えているため役に立つ機会があるかもしれません。

仕事でも英語を利用する場面が増えています。外国語を学ぶことで、仕事や海外での生活に役立つのです。海外に活動の場を広げることができるのです。

外国語は見聞を広げることができる

日本語しか知らなければ、日本語で書かれた文献、日本語で表現された情報しか理解することができません。

しかし、英語などの外国語を使いこなせるのであれば、英語などで書かれた文献、英語を話す人との交流によって見聞を広げることができます。日本語の世界のことしか知らないのか、英語の世界も知ることができるのかは大きな違いがあります。

まとめ

  • 勉強すること・学ぶことの意味・意義・理由は人生を豊かで幸せなものにするためです。
  • 学校での授業は何の役に立つか疑問に感じてしまうことがあるかもしれませんが、自分自身の成長につながるほか、人生の選択肢を広げることにつながります。その結果、人生が豊かで幸せなものになる可能性が高まるのです。

スポンサーリンク

【勉強することや学ぶことの意味・意義・理由の記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ