生活に役立つお金の情報です。

とりあえずやってみる

記事作成日:2018年5月15日

人生では「とりあえずやってみる」ことがとても大切です。何かをやってみようかな、どうしようかな、と思った時はとりあえずやってみるようにすることで、挑戦を続けることができ、やらなかったことを後悔しないで済むようになります。特にリスクが小さいことではやらないよりやった方が良いことが多いです。

また、やってみた経験で自分が成長したり、今までとは違う人間関係を得ることができたりします。何もしなければ現状から変わらないままですが、とりあえずやってみることで、人生を変えていくことができるのです。ただし、生活の不安がある、お金が足りなくなる、仕事をやめるなどのようなリスクが高いことは、慎重な検討と入念な準備も大切です。

スポンサーリンク

やらないと何も変わらない

人生を変えようと思うなら、今までとは違うことをする必要があります。今までと同じように生きていると、今までと同じような時間が流れていくからです。

とりあえずやってみることで、現状を変えることができる可能性があるのです。やらないままだと何も変わりません。とりあえずやってみることで変化の第一歩を踏み出すことができるのです。

とりあえずやってみることで人生のチャンスが増える

何事もやらないとチャンスをつかむことはできません。人生での成功は「挑戦回数×成功確率」であると考えられますが、何も挑戦しなければ何も得ることはできません。例え、挑戦が失敗したとしても、挑戦し続けなければ成功には辿り着かないのです。

やるかやらないか迷ったらとりあえずやってみることで、挑戦回数を増やすことができます。すなわち、人生のチャンスを増やすことができるのです。

とりあえずやってみると自分の経験になり成長する

とりあえずやってみることで色々なことが経験でき、自分の成長につなげることができます。人生は何事も経験ですが、やるかやらないか選択を迫られた時は、とりあえずやってみることで、例え上手くいかなかったり、失敗したりしても、挑戦の過程で様々な気づきや教訓を得ることができます。

失敗したのであれば、なぜ失敗したのかを学べますし、次の挑戦での成功につなげることもできます。

何もやらないと何も経験できず、自分の成長にもつながりませんが、とりあえずやってみると、自分の経験が増え、自分の成長につながっていくのです。

とりあえずやってみることは新鮮で楽しい

変化のない安定した生活もとても貴重なものですが、何か新しいことに挑戦することも新鮮で楽しいのです。何かをとりあえずやってみることで、自分の日常生活や仕事に変化をもたらすことができ、新鮮さを感じられるようになります。

何かに挑戦しているときは苦労もあるかもしれませんが、どこか楽しく感じられて、意欲も高まりやすいのです。とりあえずやってみるということを習慣化すると、新鮮さを得られるようになり、楽しく感じられる機会も増えるのです。

迷う時間を無駄にしなくて済む

やるかどうか迷った時に、とりあえずやってみるということを選ぶように決めておくと、迷う時間がなくなるため、迷う時間を無駄にしなくても済むようになります。

どうしようか思い悩むということは人生において多々ありますが、案外迷っている時間は長く、もったいない無駄な時間となってしまっていることがあるのです。悩むくらいならやると決めて、上手くいくように準備を始める方がよっぽど有意義に時間を使うことができるのです。

やってみないとわからない

物事はこれまで得た知識と経験からある程度は想像・推測することができますが、実際にやってみないとわからないこともたくさんあります。

やるまえから、どうしよう、意味がないんじゃないか、効果がないんじゃないか、失敗するんじゃないか、面白くないんじゃないか、と考えるよりも、とりあえずやってみることで、見えてくること、分かることがあります。

やってみないとわからないこともあるので、とりあえずやってみることはとても大切なのです。

やらない後悔よりもやる後悔

やらないで後悔するよりもやって後悔した方が良いという考え方があります。何かをやろうかどうか迷った時に、やらない選択をして後悔するのではなく、やってみることで、例え上手くいかず後悔したとしても、それほど引きずらずに済みますし、何かの経験になります。

やらなかったら隣の芝生は青く見えるではありませんが、やらなかったことを強く後悔してしまうこともあるのです。しかし、やっているのであれば、少なくとも自分は努力を尽くした、全力を出せたと考えることができ、後悔したとしても引きずらなくて済むのです。

いつかやろうと思ってもできない

何かをやろうかなと思っても、いつかやろうと考えてしまうと、そのいつかは来ずにできないままになってしまうことがあります。いつかやろうと思うくらいなら、今とりあえずやってみるようにするのです。

先延ばし、先送りをしているといつまで経っても始められないことがあります。いつかやろうと思うのではなく、とりあえずやってみてスタートすることが大事なのです。一度始めると、勢いがついて順調に進みだすこともあります。

思っていたより難しくないこともある

何かをやろうと思っても、難しいと思ってあきらめてしまうことがあるかもしれません。しかし、物事は案ずるより産むが易しという言葉があるように、思い悩むより、実際にやってみることが大切で、実際にやってみたらそれほど難しくなかったということもあるのです。

これはとりあえずやってみないと体感できないことです。まずやってみることで難しくない、できるかも、と思えてくることがあるのです。

挑戦で新たな人気関係が得られることもある

何か新しいことを始めると今までとは異なった人間関係を得ることができる場合もあります。何もしなければ、新しい人間関係を得ることは難しいですが、今までとは違うことをすると今までとは違った人間関係が始まることがあります。

新しい人間関係から、良い刺激を受けられて励みになることもありますし、長い付き合いができるような友人やパートナーを得ることができる場合もあります。

思い込みや固定観念に囚われない

思い込みや固定観念に囚われてしまって挑戦を諦めてしまうことがあります。忙しくて時間がないからできない、疲れていて体力がないからできない、お金がないからできない、意味や効果がないからやらない、分からないことだからやめておく、怖そうだからやめておく、失敗したらいやだからやらないというようなことがあります。

しかし、あれこれやらない理由を考えるよりも、とりあえずやってみることで、思い込みや固定観念を乗り越えられることがあるのです。

リスクが高いことは慎重に検討し入念に準備をする

とりあえずやってみることはとても大切です。しかし、何も考えずやってみるのが良くないこともあります。リスクが高いことは、やってみるのかどうか慎重に検討して、やってみる場合は入念に準備をすることが必要な場合もあります。

会社を辞めるのは慎重に

例えば、会社を辞めようと思って、とりあえずやってみるということで、とりあえず辞めてみた、となると苦労してしまうことがあります。

成功を収める人は、自分を追い込むことで、自分の能力を最大限発揮させることができ、何も考えずにとりあえずやってみることで、状況を打破できることがあります。

しかし、人には得意不得意があり、何も考えずに会社を辞めて、上手くいかずに途方に暮れてしまうこともあります。

慎重な検討と入念な準備も大切

もちろん、挑戦しないことを勧めているのではなく、リスクが高いことをやろうとするときには、本当に大丈夫か慎重に検討をし、大丈夫と考えるのであれば、成功するように入念に準備をした方が良い場合もあるのです。

特に、生活に不安が出ることに挑戦する場合、今の仕事をやめる場合、お金が不足してしまう可能性がある場合、大事な家族や恋人に負荷をかけてしまう場合には、成功確率を高める準備や、巻き込まれる人の理解も大切になります。

まとめ

  • 人生において、やるかやらないかとりあえずやってみることで、人生を変えられたり、新たな経験ができて成長につながったり、新たな人間関係が得られたりします。
  • ただし、リスクが高いことは安易にやるのも問題です。やらないことを推奨しているのではなく、慎重に検討した上で、成功確率が高くなるように入念な準備をして臨むことが大切です。

スポンサーリンク

【とりあえずやってみるの記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ