生活に役立つお金の情報です。

人生の転機とは何か・人生の転機を掴み人生を好転させる方法

記事作成日:2017年10月30日

人生の転機とは、自分の人生が大きく変わるきっかけという意味ですが、人生の転機と人生の転機を掴み人生を好転させる方法についてです。人生が大きく変わる人生の転機には、自分の気持ち・考えが大きく変わることで起きる場合(内部的な要因)と、自分を取り巻く外部の環境の変化(外部的な要因)によって起きる場合があります。

内部的な要因によって起こる人生の転機は、心の中から湧き起きる人生を変えたいという強い思いが背景にあります。外部的な要因によって起きる人生の転機は、自分を取り巻く環境が変わることで強制的に変わらざるを得なかった場合と、環境の変化が自分の気持ち・考えに変化をもたらした結果、人生が変わる場合があります。

スポンサーリンク

人生の転機には内部的なものと外部的なものがある

人間は変化を嫌う性質があります。普通に生活できているのであれば、多くの人は毎日が同じように過ぎていくことを好み、日々変化することを嫌う傾向があります。基本的に安定は望ましくても、不安定は望ましくないのです。

そのため、人生が簡単に変わってしまうことはほとんどなく、人が人生を変えるためには強い意志に裏付けられた行動が必要なのです。今の生活を変えようとする強い意志を持つ場合には、大きく分けると自分から自発的に持つ場合(内部的な要因)と、外部環境の影響によって持つ場合(外部的な要因)があります。

  • 自発的に人生が変わる場合(内部的な要因)
  • 外部環境の変化で人生が変わる場合(外部的な要因)

自分の気持ち・考えが変わることで人生の転機となる場合(内部的な要因)

無意識に変化を求めているうちに、自分で強く変わろうと思い立ち、行動を起こして人生の転機になることがあります。

自らの意思で進んで人生の転機が訪れる場合、何の前兆・予兆もなく突然訪れることもありますが、何らかのサイン・前兆・予兆がある場合もあります。日々の生活に疑問を感じたり、物足りなさを感じたり、興味を感じなくなってしまったり、不満を感じたり、集中できなくなったり、疲労感を感じやすくなったり、眠いと感じやすくなったり、物思いにふけるようになったりしている間に、変わるエネルギーが蓄積されていく場合があります。

将来への不安が募っていくことも、自分の変化の原動力となる場合があります。

変わりたいという思いが募っていくうちに、自分で変化を起こそうという気持ちになり、行動することによって人生の転機が訪れるのです。ただし、人はなかなか自分では変わることができません。自分の強い意志で自発的に変わることができる場合はそうそう多くありません。外部環境の変化をきっかけに変化することも多いのです。

外部環境の変化が人生の転機となる場合(外部的な要因)

人生の転機は、人生にとって重要な要素となる仕事、恋愛、家族、友人・知人、人間関係、お金、時間、住居、学業、健康状態などが変化した場合に訪れることがあります。

自分を取り巻く環境が変化することによって、人生が変わらざるを得ない場合、つまり強制的に変えられてしまう場合と、環境変化をきっかけにして自分が自発的に変わる場合があります。環境変化がきっかけとなって自発的に変わる場合には、内部的な要因と似ている部分があります。

人生の転機となる外部要因

  • 仕事
  • 恋愛
  • 家族
  • 友人
  • 知人
  • 人間関係(職場・職場外)
  • お金
  • 時間(の使い方・年齢)
  • 住居(住む地域)
  • 学業
  • 健康状態

仕事が人生の転機となる場合

人間生活にとって、仕事は大きな割合を占めます。仕事は働く世代にとって生きがいとなり得るものですし、収入(お金)、時間(労働時間)、恋愛、家族、友人、人間関係、住居などにも影響してきます。

前向き、ポジティブな転機としては、就職した場合、会社員としては仕事で大きな成功をした場合、出世をした場合、部下を持つようになった場合、大きな仕事を任されるようになった場合、人事異動で希望する部署の配属となった場合、国内・海外転勤などで希望する場所で働くことになった場合、転職をした場合、勤務先の会社・職場の業績が大きく伸びた場合などが考えられます。

後ろ向き、ネガティブな転機としては、仕事で大きな失敗をした場合、降格した場合、大きな仕事から外された場合、出世競争に敗れた場合、人事異動で望まない部署の配属となった場合、国内・海外転勤などで希望しない場所で働くことになった場合、リストラなどで退職・失業をした場合、勤務先の会社・職場の業績が悪化した場合などが考えられます。

もちろん、人によってはポジティブな転機がネガティブな転機となることもあれば、逆の場合もあります。転職はプラスの人生の転機にも、マイナスの人生の転機にもなりえます。

経営者・個人事業主・フリーランスの場合にも会社員と同じようなことが言えますが、事業の成否、事業の売上の変化、規模の拡大・縮小、成否、新規事業への進出、事業からの撤退、経営破綻などが人生の転機となることがあります。

恋愛が人生の転機となる場合

人間は1人で独身のまま生きていくことになる場合もありますが、相性が良い他者と関わることでより彩りある豊かな人生を送ることができる場合があります。逆に相性が悪い他者と関わることでストレスや不満を抱えた人生を送ることがあります。

恋人・パートナー(伴侶)との出会いや別れ、関係性の変化は人生の転機となることがあります。恋愛が仕事、家族、友人、住居、お金や時間の使い方などに大きな影響を与えることがあるからです。

出会いや別れを通じて、自分が成長したり、落ち込んだりすることがあり、人生に大きな影響を与えることがあります。

家族が人生の転機となる場合

身近な家族関係の変化は人生の転機となることがあります。親との死別・同居・別居・関係性の変化、親の介護、配偶者との結婚・離婚・同居・別居・関係の変化、子どもの誕生(出産)・入園・入学・進学・卒業・退学・独立・別居、親戚との同居・別居、関係の変化などは人生の転機となる可能性があります。

家族は自分の生活に密接に関係する存在であるため、家族関係の変化が自分の生活環境に大きな影響を与え、結果として人生の転機となることがあるのです。

友人・知人・人間関係が人生の転機となる場合

親友、友人、知人などとの関係、職場の上司・同僚・部下、職場以外の人間関係が人生の転機となることがあります。

人は他の人からの影響を受けて大きく変わることがあります。自分とは違う考え方、新しい考え方に触れることによって自分の気持ちや考えが触発されることがあります。また、他の人と仲良くなることによって、励みになったり、勇気をもらえたりすることがあります。

親友、友人、知人、職場や職場以外の人との出会いや別れ、人間関係の変化(仲良くなる、仲違いする、喧嘩する、恋愛関係に変化する、上司・部下の関係になるなど)は人生の転機となることがあります。

特に、自分と普段関わりがあまりない人と出会い、自分とは異なった考え方に触れることで、自分が変わるきっかけになることがあります。また、自分に無いものを持っている人、尊敬できるような人に出会うと、その人のようになりたい、自分ももっと頑張りたいとおもうことがあり、人生の転機となることがあります。

お金が人生の転機となる場合

良くも悪くもお金は人生とは切っても切り離せない関係にあります。お金ないと満足した生活を送ることができませんし、お金がないと人生の選択肢が狭まってしまうことがあります。

多額のお金を手に入れた時、多額のお金を失った時、重要なお金の使い方の決断をした時、多額のお金を借りる時、投資を行った時、お金に行き詰った時などは人生の転機となる可能性があります。

お金に対する欲が自分を突き動かす衝動になることがあります。人生は何も目的がないよりも、何か目的があった方が張り合いがある場合があります。もっと金銭面で豊かな人生を送りたい、裕福な人生を送りたいという気持ちが、自分を変えるきっかけになることがあります。

時間が人生の転機となる場合

時間は全ての人間にとって平等に進み、閏年など特殊な場合を除いて、等しく1年は365日で1日は24時間です。特別な人だけ1年が1000日になったり、1日が48時間になったりはしません。寿命の違いはありますが、全ての人にとって同じように時間は流れていきます。

人生においては、時間の使い方が大きく影響します。どのように時間を使ったかが人生に他ならないからです。

時間が人生の転機となる場合には、まず日々の時間の使い方が大きく変化した場合が挙げられます。仕事や育児などでゆとりが出てきて、自分の自由になる時間が増えた場合には、その時間を使って別のことができるようになり、人生が変わるきっかけとなることがあります。

逆に仕事や育児が忙しくなって自由にできる時間が無くなってしまうと、目の前のことに追われる日々になってしまって、人生が悪い方向に変わってしまうきっかけとなることがあります。

また、時間の経過、人生の残り時間、年齢も人生の転機となる場合があります。

例えば、若い10代や20代の間は、将来への希望に満ちていますが、20代から30代、30代から40代へと人生の時間が過ぎていくと、自分の能力や限界も理解できるようになるとともに、残りの人生の時間を意識するようになります。50代や60代、70代へと人生が進むにつれて、気持ちや考え方は大きく変化することがあります。

時間の経過が自分の人生を変えるきっかけとなることがあるのです。

住居が人生の転機となる場合

人は住む場所の影響を強く受けます。都市部・郊外・地方(田舎)など住む場所によって、仕事や生活環境、風習・習慣・文化などが大きく変わってきます。

同じ都市部に住んでいる場合でも、高所得の地域か、そうでない地域かによって生活環境は大きく異なります。職場や学校との距離によって通勤・通学時間に大きな影響を受ける場合があります。

住む場所が変わることで、人生が大きく変わることがあります。特に地方から大都市などのように都市間を移動する場合には、人生に大きな変化をもたらす場合があります。もちろん、都会に出てくることばかりが必ずしも良いとは言えず、地方に移住することで望む人生を送る人もいます。

学業が人生の転機となる場合

学業が人生の転機となることがあります。小学校・中学校・高等学校・専門学校・短期大学・大学・大学院などにおける学業に限らず、学校の課外活動(部活、サークル、同好会)や社会人となった後の資格や趣味(同好会・サークル)、生涯学習などの学びが人生の転機となることがあります。

学びの場では同じ目的意識を持った友人が出来る場合がありますし、視野が広がることによって人生の転機が訪れることがあります。

語学を学べば、これまでコミュニケーションをとれなかった人と意思疎通ができるようになり、人生に広がりが出てくる場合があります。

何か専門的な知識・技能・スキル、資格を身に付けることで、仕事の幅が広がることもあります。

健康状態が人生の転機となる場合

健康状態が人生の転機となる場合があります。健康状態の変化は健康な状態から健康でなくなることによって行動に制約が出てしまい、人生のネガティブな変化となりやすいですが、健康状態の変化をきっかけに人生が変わることがあります。

健康が失われていくことを意識して、より大切に日々を過ごそうとしたり、家族との関係を見直したり、仕事を変えたりすることがあります。健康を意識することで人との接し方が変化することもあります。

人生の転機を掴む方法・心構え

人生の転機を掴むための方法・心構えです。変化を望む強い気持ちがあるのであれば、変化を恐れず行動していくことが大切です。

人生の転機の訪れや予兆を感じる

人生の転機を掴むためには、自分に訪れている人生の転機を見逃さないことが大切です。内部的な気持ちの変化、変わりたいという衝動を見逃さないこと、外部から訪れる変化のきっかけに敏感になることが必要です。

日々流されるままに生きていると、目の前に大きなチャンスが訪れていても、チャンスが目に入らず、気づかないまま過ぎ去ってしまうことがあるのです。日々の様々な出来事へのアンテナを敏感にして、生き様について意識を向けておくことで人生について考え、変わることができるようになるのです。

変化を恐れず行動する

人生の転機は内部から訪れる場合と外部から訪れる場合があります。どちらの場合でも大切なことは、変化を恐れないこと、行動を起こすことです。

変化を怖がっていては、前に進むことができません。変化をしなければ、よくて今までと同じ日常が続き、悪い場合には今までよりも辛い日常が訪れてしまいます。

人生を変えるためには、今までと何かが変わらなければいけません。今まで同じことをしていたら、今まで同じ結果かあるいはその延長線上の結果しか得られないのです。行動を起こさなければ、人生は変わりません。外部環境の変化で行動を強いられる場合も同じで、立ち止まろうとしていたら人生の転機は訪れません。

何かを得るために何かを失うこともある

人生の転機が訪れるということは、自分の人生が変わるということです。人生が変わるということは、何かを得ることになりますが、同時に何かを失うことになる場合もあります。

人間の時間・お金・体力・気力などは有限なので、望むことを全てすることはできません。取捨選択が必要になる場合もあるのです。何かを得るためには、別の何かを諦めなければいけなくなることもあるのです。

人生の転機では、何かを失ってしまうこともあるのです。これまでの自分の生き様、生活様式に拘っていると、前に踏み出せないこともありますが、何かを失うことで、何かを得られることもあるということを意識しておく必要があります。

絶望を感じる時や辛い時でも諦めない

人生の転機には、良い方向、プラスの転機ばかりではなく、悪い方向、マイナスの転機もあります。時には絶望を感じてしまったり、辛いと感じたりすることもあるかもしれません。しかし、諦めてしまって、何も行動しなければ、何の変化も訪れません。変化や幸福は待っていても訪れることはほとんどなく、自分から掴もうとしなければ掴めないのです。

ピンチに陥った時には、人生を見直す機会がやってきたと考えることにして、ピンチを逆にチャンスだと感じるくらいの気概が必要なのです。

諦めてしまえばそこでおしまいですが、諦めなければチャンスがやってくるかもしれないのです。

時間・お金・労力の使い方や人間関係を変える

人生の転機が訪れていると実感している場合には、自分の行動を変える必要があります。行動を変えるということは直接的には、自分の時間、お金、労力の使い方を変えるということになります。時間、お金、労力の使い方を変えることで自分の行動が変わり、人生が変わっていきます。

また、人生を変えるためには人間関係を変えることが重要になることがあります。もちろん、今までの人間関係を単純に切り捨てればいいというものではなく、自分にとってより必要となる人間関係をもっと大切にする、新たな人間関係を広げるということも含まれます。

もちろん、自分のストレスの原因になっている人間関係があるのであれば、距離感を見直すことが人生の転機となることもあります。

まとめ

  • 人生の転機とは人生が大きく変わるきっかけという意味ですが、自発的に人生が変わる場合と、外部環境の変化によって人生が変わる場合があります。
  • 人生の転機を掴むためには、変化を望む強い気持ちがあるのであれば、変化を恐れず行動していくことが大切です。

スポンサーリンク

【人生の転機とは何か・人生の転機を掴み人生を好転させる方法の記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ