生活に役立つお金の知識と情報です。

一度きりの人生を楽しく幸せに生きるための方法

記事作成日:2019年11月13日

人生は一度きりなので後悔するような生き方はしたくないはずです。しかし、忙しい生活の中で時間に追われ、流されたまま生きてしまっていることも少なくありません。せっかく一度きりの人生という貴重な機会をもらったのですから、無駄にせず充実した人生を送りたいはずです。一度きりの人生を楽しく幸せに生きるための方法を紹介します。

スポンサーリンク

人生は一度きりだからこそ大切に生きる

人生は一度きりです。考え方次第では一つの人生が終わったら別の人になってまた新しい人生が始まる、前世や来世というようなことがあるのかもしれませんが、今の自分は以前の誰かの人生を覚えているわけではありませんし、今の人生は一度きりです。せっかく産まれてきて生きてきたのですから、一度きりの人生を後悔しないで終えられるように大切にしたいはずです。

人生の時間は有限

人間には寿命があります。男性か女性かによって平均寿命は違いますが、日本人は80代で平均寿命を迎えることになります。人生の時間は限られています。日々の生活では、暇だとか、やることがないとか感じることがあるかもしれませんが、人生の時間は決まっていて、限られた時間の中で生きていくことになるのです。

人生はやり直せない

人生は一度きりでやり直すことができません。物語では過去や未来へ行き来することができても、現実では時間を巻き戻すことはできないのです。後で選択を間違えた、あの時ああしておけばよかったと思っても、やり直すことができないのです。やり直すことができないからこそ、後悔しないように生きていくことが大切になります。

人生はいつ何があるか分からない

人生はいつ何があるか分かりません。同じような毎日が続くと思っていても、ある日突然大きく変わってしまうかもしれません。明日は今日と同じような日ではないかもしれません。突然不幸に見舞われるかもしれません。いつ、何があるか分からないので、日々を全力で生きることが大切です。先送りをしているとできないまま終わってしまうかもしれません。

いつかは人生は終わる

いつまで生きられるかはわかりませんが、人生にはいつか終わりが来ます。人生の終わりが来ると考えることはもしかしたら、怖いこと、恐ろしいことかもしれませんが、いつか終わりが来ることが分かっているからこそ、限られた時間の中で精一杯のことをする、人は平等にいつか人生が終わるならば終わりを恐れずに挑戦するということができるのです。

人生はいつ終わるか分からない

人生はいつ終わるか分かりません。長く生きたい、もっと色々なことをしたいと思っていても、叶うかどうかは分かりません。だからこそ、今できることは、今のうちにするのです。今しかできないことは、今のうちにしておかないと後悔してしまうかもしれません。若い時にしかできないことは若いうちにしておくのです。いつ終わってもいいように悔いのないように毎日を生きるのです。

一度きりの人生を楽しく幸せに生きるために大切な3つのこと

一度きりの人生を楽しく幸せに生きるために次の3つを意識することが重要です。

  • 自分自身が人生をデザインして決める
  • 周りを気にして我慢や遠慮をし過ぎない
  • やりたいことの障害になるものを減らす

自分自身が人生をデザインして決める

一度きりの人生を幸せに過ごすためには、自分の人生は自分自身がデザインして決めるということが大切です。

人生は自分自身のもの

一度きりの人生を楽しく幸せに生きるためには人生は自分自身のものであるということをはっきりと意識することが大切です。この人生は自分のために用意された貴重な機会であって、無駄にするよりも楽しんだ方が良いのです。誰かのために生きているのではなく、まず自分のために生きているのです。

もちろん、自分が大切な人や社会のために生きるということはとても素晴らしいことです。でも、誰かの犠牲になるため、人に配慮し我慢するために産まれてきたという訳でもありません。周りの人や社会との関わり方のバランスに気を付ける必要はありますが、自分が幸せになるために生きても良いのです。自分が幸せになるために自分が生きるのです。

何をしたいか目標を考える

行く当てのない人生よりも、夢や目標がある人生の方が励みになりますし、漫然と生きなくてすむようになります。もちろん、何となく生きることこそが人生の目標、という考えもあるでしょうから、そうしたいのであれば、それもまた幸せな人生です。

しかし、やりたいこと、したいことがあるのに、それがはっきりしないまま日々を過ごしてしまうと時間を無駄にしてしまう可能性があります。

目標でも何でもいいので、人生で何をしたいのか、何をやりたいのかを一度ゆっくりと考えることで、自分はどんな生き方をしたいのか見えてくることがあります。何をしたいのかが人生の目的地はっきりすれば、どうやって目的地にたどり着くかを考えることができます。

他人の意見で決めるのではなく自分で決める

人生は自分のものなので、最終的には自分でどうするのかを決めていかなければいけません。家族や友達、恋人の意見は参考になります。周りの人のアドバイスに謙虚に耳を傾けることはとても大切です。自分の気づかなかったことを気付かせてくれることがありますし、人に相談することで自分の気持ちや考えが整理されます。

しかし、自分の人生は自分のものなので、最後には自分のことは自分で決めていかなければいけません。他人の意見にそのまま従うと、上手くいかなかった時に後悔するか、意見を言った人を責めるようになってしまって、不愉快な精神状態になるばかりではなく、時間を無駄にしてしまいます。

自分の人生は自分しか生きることができません。自分の人生に責任を持つのは自分です。人生を満足に生きるためには、自分のことは自分で決めることが大切になります。

流されて受け身になるのではなく自分で流れを作る

人生は楽なことばかりではありません。自分が望む人生を実現しようとすると壁にぶつかり、苦しむことがあります。現代では社会保障制度が充実しているので生きていくだけならば必死になって頑張らなくても何とかなるかもしれません。日々忙しい中で、ついつい流されてしまって受け身になってしまうことがあるかもしれません。

しかし、流されて受け身になってしまうと、自分の思い通りにならないことも増え、望まないことを我慢しなければいけなくなってしまいます。これではいけないと思った時には手遅れになっているかもしれません。

仕事でも、恋愛でも、勉強でも、夢の実現でも、何であっても流れに身を任せるのではなく、自分自身が動いて能動的になり、流れを作っていくことが大切なのです。自分が流れを作って道を切り開いていくのは大変なことかもしれませんが、人生を望むようにするためには自分から動かしていかなければいけないのです。

幸せは人から与えられるのではなく自分で感じる

幸せかどうかは、自分が幸せだと思うかどうかが大切です。誰かが自分の幸せを運んでくるのではありません。周りの環境が自分に望ましいものになるから幸せになるのではありません。幸せは誰かに与えられるものではなく、自分から手に入れるものですし、自分から感じるものでもあります。

大切な家族と一緒にいられるだけで幸せだと感じるか、そうでないかは、その人の考え方や受け止め方次第です。同じ状況に置かれていても、ある人は幸せだと感じ、別のある人は不幸せだと感じることもあるのです。

人の欲望は限りがありません。何かを手に入れると別の何かが欲しくなってしまいます。欲に流されてしまうと幸せをいつまでたっても感じることができずに、何かが足りないと感じたまま人生を終えてしまうことになります。

幸せは自分から感じることができるものです。自分が周りにある幸せに気付けるかどうかが大切なのです。一度きりの人生を幸せだと思うかどうかは、自分がどう考えるか次第の面もあるのです。

周りを気にして我慢や遠慮をし過ぎない

周りを気にして我慢や遠慮をすると自分が望まない人生になってしまうことがあります。自分の気持ちを抑え過ぎないことが大切です。

我慢や遠慮は後悔のもと

我慢や遠慮をし過ぎてしまい、自分の気持ちを抑え込んでしまうと後悔のもとになります。我慢しないであの時ああしておけばよかった、周りに遠慮しないで自分の気持ちを通すべきだったと後から思ってもやりなおすことはできません。

社会では協調が求められるので、ある程度の我慢や遠慮は必要です。周囲と不必要に衝突すると人間関係を築くことができずにかえって希望する人生にならない可能性もあります。一方で、我慢や遠慮をし過ぎると自分の人生ではなく、他人のための人生になってしまいます。

周りに悪く思われないために我慢する、遠慮するのではなく、自分が自分の望む人生にするために自分の気持ちを大切にすることも大切です。自分がそうしたいと感じるのであれば、時には突き進むことも必要です。

やりたいことをして、やりたくないことをしないようにします。やりたくないことを我慢してやるのではなく、嫌なことはやらないようにするのです。ストレスを感じるようなことはできるだけ減らした方が幸せになれます。

恥ずかしいという気持ちからためらったりしない

好きな人に告白しておけばよかった、けんかをした時にごめんなさいと素直に謝ればよかった、優しい言葉を掛ければよかった、照れ隠しで変なことを言わなければ良かった、ありがとうという気持ちをもっと伝えておけばよかった、反発ばかりしないで親孝行をしておけばよかった、というようなことを後悔したことがあるかもしれません。

恥ずかしいという気持ちは時に人生を狂わせてしまいます。恥ずかしいという気持ちは、相手を含めて周りからどう思われるかを自分が気にするからこそ感じるものですが、人生は上手くいかないことはたくさんあって、たくさん恥ずかしい思いをするのです。

恥ずかしいという気持ちは一過性のもので、周りは自分が思うほどは自分のことを気にしていません。それに恥ずかしい思いをしたからと言ってそれが何になるのでしょうか。やりたいことができないより、恥ずかしくならないことの方が大切になってしまうのでしょうか。恥ずかしいという気持ちを克服してためらわずに行動することが幸せの人生の秘訣なのです。

周囲を気にしても何にもならない

自分の人生は自分のもので周りの誰かのものではありません。自分は自分のために生きているのであって周りの誰かのために生きているのではありません。友達や職場の人に悪く思われたくない、よく見られたいと思って自分が望まないことをしても、疲れてしまうだけなのです。周りの評判に一喜一憂してしまうと振り回されてしまいます。

自分のことは自分が分かっていれば十分なので、周りの人を気にしすぎる必要はありません。周りに合わせようとすると、自分が思い通りにできないことが増えてしまうことがあるのです。

また、見栄を張ったり、自分を良く見せようとしたりすることも意味がないことです。瞬間的には優越感が得られるかもしれませんが、周りを不快にさせてしまうだけですし、他人と比べてしまうと上には上がいるものなので、周りと比較し始めるときりがありません。

周りを気にするのではなく、自分がどうしたいのかを意識するようにすることが大切です。

失敗を恐れないで挑戦する

上手くいかないかもしれない、と思って挑戦しないでいると後悔してしまうことがあります。仕事でも恋愛でも失敗を恐れて挑戦しないと悔いが残るかもしれません。失敗するかもしれないから起業はやめておこう、転職をしても今より良くならないかもしれないから見送ろう、振られるかもしれないから告白しないでおこう、そうやって考えると何もできなくなります。

確かに人生は上手くいくことばかりではありません。思い通りにいかないことの方が多いと感じることすらあるかもしれません。しかし、挑戦しなければ何も実現することはできません。失敗を恐れずにリスクを取るからこそ、得られるものがあるのです。

失敗を恐れて挑戦することを避け続けていると、何も思い通りにならない人生になってしまいます。一度きりの人生を無駄にしないためには果敢に挑戦することも必要です。

やりたいことの障害になるものを減らす

人生はなかなか思い通りになりません。やりたいことがあっても、お金が足りない、時間が足りない、相手がいない、助けてくれる人がいない、健康でない、気持ちが乗らない、といったような理由で上手くいかないことがあります。

お金がないと人生に影響する

人生の多くの場面ではお金が関わってきます。世の中にはお金では解決しない問題も多くありますが、お金で解決できる問題は多いですし、お金が足りないと不利な状況に追い込まれることも多くあります。お金はないよりもあったほうが良いのです。

お金が人生の障害にならないようにするためには、お金の知識を身に付けて、お金をたくさん稼ぐ、お金を使い過ぎない、お金を騙し取られない、お金を上手に増やすといったことが大切です。

家計の管理が上手くできずに赤字になってしまい借金をするようになると利息の負担が重くのしかかり、お金を使いたいことに使えなくなってしまいます。

お金ばかりを追い求めても幸せになれませんが、お金がない人生もまた難しいものなのです。お金はないよりはあった方が良いです。お金が人生の妨げにならないよう、お金と上手に向き合うことが大切です。

貴重な時間を大切にする

時間がなかったからできなかった、ということがよくあります。人生の時間は限られていて、一度過ぎ去ると取り戻すことができません。仕事で忙しくて時間がなかった、というようなことはよくあるかもしれませんが、仕事に振り回されたまま人生の貴重な時間が過ぎ去ってしまうと、自分が望んだ人生を送ることができなくなってしまうことがあります。

時間を作るためには、優先順位をつけてやることを厳選する、仕事のやり方を変える、生活習慣を変える、人付き合いの仕方を見直す、転職で職場を変えるといったようなことが考えられます。時間がないとやりたいことができなくなってしまうため、一度きりの人生を充実させるためにはどうやって時間を作り出すかが大切です。

時間を確保するということは何をして何をやらないかを選ぶことに他なりません。何かをするということは、何かをしないということだからです。自分の人生で何をやりたいかがはっきりしていれば、何に時間を使って、何に時間を使わないか、見えてくるはずです。

人に暖かい気持ちで接する

人間が幸せにいくためには人との関わり合いが重要になります。他の人との結びつきからは充実感や幸せを感じることができます。恋人や家族といった深い関わり合いもそうですが、友達との関わりも大切です。

人間関係を財産にするためには、人との関わり合い方が重要です。自分と他人は別の人間なので、考え方は同じではありませんし、時には違った意見がぶつかることもあるかもしれません。しかし、そこで喧嘩をしてしまうと人間関係が壊れてしまうことがあります。

もちろん人には相性があるので、誰とでも仲良くできるということはありませんが、仲良くできる可能性がある人は大切にすることが重要です。他人の立場や意見を尊重する、人には優しく接する、誤りがあったら謝る、謙虚な気持ちを忘れない、相手が嫌がることはしない、といった心掛けで失くさなくてもいい人間関係を失くさずにすみます。大切な人には暖かく接するのです。

健康をおろそかにしない

健康は当たり前にあるものではありません。いつまでも健康ではいられません。健康をおろそかにすると後で後悔してしまうかもしれません。

不規則な生活をする、働きすぎる、暴飲暴食をする、体型に無頓着になる、栄養バランスを気にしない、運動をしない、体の変調を感じても医者に罹らない、十分な睡眠をとらない、心の健康を軽視する、歯のケアを怠る、といったことから健康を損ねてしまうことがあります。

健康でいるとより人生を楽しむことができます。もちろん、生まれながら、あるいは何らかの事情で自分には責任がないまま健康ではいられなくなることがあります。その場合でも人生を楽しむことはできます。しかし、自分が努力すれば健康でいられたのに、自分が怠けてしまったために健康でなくなってしまうのはとてももったいないことです。

健康だからこそできることがあります。一度きりの人生、できるだけ長く健康でいられるようにできることをしておくことがたいせつです。

まとめ

  • 人生は一度きりなので、毎日の時間を大切に過ごすことが重要です。過ぎ去った時間は戻ってきません。
  • 一度きりの人生を楽しく幸せに生きるためには、自分自身が人生をデザインして決める、周りを気にして我慢や遠慮をし過ぎない、やりたいことの障害になるものを減らすということが大切です。

スポンサーリンク

【一度きりの人生を楽しく幸せに生きるための方法の記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る



SNSでシェア・ブックマーク・後で読む

Twitter Facebook LINE はてな Pocket
最近よく読まれているページ
家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ