生活に役立つお金の情報です。

防災の基本は事前の備え

記事作成日:2015年9月6日

防災の基本は事前の対策です。実際に災害が発生した時にどう行動すべきかということはもちろん大切ですが、まずしておくべきことは事前の準備によって災害の危険性をできる限り減らしておくことです。いつ来るか分からないからこそ事前に出来る限りの事をして災害に備えておくことが大切です。

スポンサーリンク

防災の基本は事前の備え

防災の基本は事前の対策です。実際に災害が発生した時にどう行動すべきかということはもちろん大切ですが、まずしておくべきことは事前の準備によって災害の危険性をできる限り減らしておくことです。

実際に災害が発生してからできることもありますが、事前に対策しておけることも多く、実際に発生してからではできないこともあります。

いつ起きるか分からないからすぐに対策をする

自然災害や事故はいつどこで起こるか予測はできません。技術が進んでも完璧に自然災害や事故の発生を予測することはまだ難しいのです。

いつくるかどうか分かっていれば対策が立てやすいのですが、災害は近いうちに来るのか、しばらく来ないのか、全く来ないのかは分かりません。

いつ発生するか分からないからすぐに対策を行う必要があります。発生してからでは遅いのです。災害は忘れた頃にやってくるといいますが、大丈夫と油断することが大変危険です。

無意識に大丈夫と思ってませんか

日常生活では災害の脅威に遭遇することは少ないため、危険性を感じることは少ないかもしれません。ずっと平穏な毎日が続いてくれればとても幸せなことなのですが、低い確率であっても災害の脅威に直面することがあります。

日頃は災害についてじっくりと考える機会がないため、無意識のうちに大丈夫というように思って、自分を安心させている場合があります。心配のし過ぎは良くありませんが、何も備えないのはもっと良くありません。 いざ災害が起きてから後悔しても遅いのです。

ちょっとしたことで危険を下げられる

ちょっとした手間や工夫で災害が発生した時の危険性を大幅に下げることができます。例えば地震であれば、家具や家電製品の転倒防止の対策をすれば危険性を減らすことができます。

ちょっとの手間や工夫で危険を下げられることはたくさんあるので対策を立てられそうなことは可能な限りやっておきましょう。

事前に準備しておいて良かったと思えるように

もちろん、災害が発生した状況によっては事前の対策が全く役に立たないこともあります。それにありとあらゆることに備えるのはお金の面でも手間の面でも不可能です。

そのため、危険性が高いけれども対策をすることで危険性を大きく減らせることから始めましょう。

災害はいつ発生するか分かりません。もしかしたら一生大きな災害に遭遇しないで人生を終えるかもしれません。とても幸せなことだと思います。しかし、不運にも災害に遭遇してしまった時に準備しておいて良かったと思えるようにしておきましょう。

まとめ

  • 防災の基本は事前の備えで災害の危険性を減らすことです。
  • 災害はいつ発生するか分からないので、今備えておきましょう。

スポンサーリンク

【防災の基本は事前の備えの記事は終わりです】

「お金の知識|お金と生活」のページに戻る

最近よく読まれているページ

関連コンテンツ

関連コンテンツ(一部広告を含む場合があります)

家計・節約のおすすめページ

ページの先頭へ